2020年01月04日

新幹線wifiのmacアドレスとか仕様とか

新幹線wifiの電波状況を調べてみました
利用しているサービスによって使用機器が違うので、速度も変わるようですが
2019年現在の状況として2系統入れているようです
LTEを使った方式につないだサービスを利用したほうが速度は速いものと思います
参考:
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1139399.html


機器1 
・LCX回線(デジタル列車無線)を利用
・2009年から使ってる機器で新大阪まで
・三菱製システム製?(MACの割り当てから)MACが08:00:70~
(下位ビットを変えてサービスを分けている)
・すべての車両で同じ無線chを使っているようです
・2.4GHzのみで、無線は1chで、2個MAC違い(機器違い)が各サービスで見えました
(電波のとびやすいG系で両隣の車両含めて3つ見えてないので、全車両には入れてないのかも)
・SSIDがブロードキャストされてないサービスもあるようです
利用サービス
・NTT-spot :~d4:c1
・docomo: ~d4;c0(古いWEP対応は順次終了のはずだが2019年で残っている)
・mobilepoint1(softbank系) :~d4:c2
・UQ_Wi-Fi: ~d4:c4
・?: ~d4:cf

機器2 
・一般のモバイル回線(LTE回線)を使用
・車両ごとにchを分けて干渉抑制してる、1両1台
・JR西管理車両と、JR東海管理車両ではメーカーが違う
・JR西管理はAU系の回線、JR東海はNTTドコモ系を採用とのこと
・5GHzが2ch,2.4GHzが1ch見えました
(2.4GHzは指向性を持たせていて隣の車両の電波が見えていないのかも)
・ドコモ利用している感想として2009開始直後よりはLTEシステムのほうが速度は多少ましではありますがそれでも遅いタイミングはあるので(トンネルでなくても)、何とかはしてほしい
利用サービス
・0000docomo 08:00:23~
・Shinkansen_Free_Wifi 0a:00:23~
・0000Wi2(au KDDI系) 2a:00;23~
・? 1a:00:23~






posted by okoya at 12:07| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想、コメントを残そう
コメント記入ページへ