2019年10月21日

ATH-CKS5TWの電池のもちのテスト

Audio-Technicaの無線イヤホンATH-CKS5TWです。ケースには製造が鐵三角(大中華)有限公司と書いてありますが、Audio-Technicaの中国名みたいなもののようです。
ATH-CKS5TWのスマホからの認識では、Shenzhen Horn Audio Co.,Ltd.となっていました。Bluetooth無線のところの中身は中国メーカーからの買い物なのかと思います。ただイヤホン自体も作っているメーカーなのでフルお任せしているのかもしれません。ATH-CKS5TWはがっちり接着してある感じなので簡単に分解は出来なさそうでした。
低消費電力の通信モードBluetooth Low Energy (Bluetooth LE, BLE)が使われているのも確認できました。aptX HDには対応してないようです。
電波の受信感度もいいほうなので、一部屋はなれたところ(トイレとか流し)に行ってもほぼ途切れずに聞けました(発信側の機器の性能にも依存するので注意が必要ですが、他社品よりも届いてました)ただ、大きな駅など人ごみにいくと途切れるような現象はありました。本機の性能というより電波が多過ぎてどうしようもないのかもしれません。無線LANも10以上確認できますし、BT使用者も多いですので。
特定の電波帯域をみんなで使うことになると同時に通信した電波で干渉が起きますし、平均の通信速度も当然落ちて、高音質データのやり取りがままならなくなりますので。BT5.0になって速度が速くなっているとはいえ。

ATH-CKS5TW-02.jpg

ATH-CKS5TWの電池のもちが15時間と書いてありますが、どこまで持つのか試してみました
条件:スマホとの接続で音楽を流し続けた場合、BT5.0接続対応機種
  apt-xフォーマット
結果:
約10時間後でスマホからの表示が50%でした
その後、止まったのは開始から15時間57分でした。
下記はATH-CKS5TWの純正アプリの画面です。電池残量は純正アプリでなくてもandroidの標準機能で確認できるかと思います(最近の機種ならば)
ATH-CKS5TW-01.jpg
ATH-CKS5TWはカタログ値以上の電池のもちでした。
これにケースの充電分2回があるので、旅行に行っても、消し忘れても、電池残量で悩むことはないかと思います
他社のではapt-Xモードだとカタログより下がりますとかいいわけして、カタログ上は長時間持ちますと言い張ってる“Japan Tuned”な2019年発売のBluetoothイヤホンもあるので注意です。

Amazon参考価格へ ATH-CKS5TW

CSR 4.0というPC用bluetoothアダプタ(USB)について
https://okoya.seesaa.net/article/470691107.html


posted by okoya at 21:18| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想、コメントを残そう
コメント記入ページへ