2019年10月05日

CSR 4.0というbluetoothアダプタについて

CSR (Cambridge Silicon Radio)社のチップを使った4.0まで対応したbluetoothアダプタです。ドライバついていないので用意する必要がある場合用のメモです
VID_0A12&PID_0001という番号が割り当てられているものになります

windows10は標準で4.0用の新しい規格にも対応できるようなのでドライバが無くてもそこそこ遊べます
window7でも刺すだけで使えるようになるように見えますが、4.0用の新しい規格に対応した方式を利用するためにはドライバが必要になるのは注意です
下記ドライバを入れることでwindows7でもワイヤレスイヤホンでA2DP(aptX )などの規格が利用できるようになります。
(A2DP自体は2.0時代でも対応していたのですが、当方環境では最近の5.0対応のワイヤレスイヤホンがうまく動いてくれませんでした。ドライバが必要なようです)
CSR 4.0
CSR4.0-01.jpg
ougiBlueSoleil
有料のソフトになります。基本はデバイスについていて無料で使えますが、デバイスのIDを見て正規ライセンスを割り当ててよいかを判断していますので、
中国製の安物に適用するためには、webで購入が必要になります。
国内のデバイスメーカーがソフトを配ってますが、上記理由で入れても体験版としてしか動作しなくちょこっとだけ動作して止まるので元から付いていない場合は入れても意味がないです
なおバージョンですが偶数と奇数でシリーズを使い分けているようです
BlueSoleil 6.0 2010年5月 Bluetooth 2.0対応
BlueSoleil 7.0 2012年5月 Bluetooth 3.0対応
BlueSoleil 8.0 2012年5月 Bluetooth 3.0対応
BlueSoleil 9.2.417 2013年1月~ Bluetooth 4.0対応(5.0,7.0の後継)
BlueSoleil 10.0.417 2014年?~  Bluetooth 4.0対応(6.0,8.0の後継)
BlueSoleil 10.0.492.1 2017年7月~ Bluetooth 4.0対応Windows 8.1 OS対応など
BlueSoleil 10.0.497.0 2018年1月~ Bluetooth 4.0対応バグ取りレベル
BlueSoleil 9.2.497.0 2018年1月~ 

ougiCSR Harmony
CSR社のチップに対応したドライバのようです。開発は終了しているとのことで、新しいファイルは無いようです。
下記サイトからダウンロードできます
(bluetooth4.0は2009年に決まった規格なので、2012年のソフトで問題ありません。バージョン4.1以上は2014年以降でないと対応できませんが、ソフトの更新までは不要?)
mmbtud43_40.exe( Ver2.1.63.0 2012.3.22)
https://www.sanwa.co.jp/support/download/dl_driver_data.asp?file_name=mmbtud43%5F40%2Eexe&code=MM-BTUD44
LST-D-413 Ver2.1.63.0
https://dl.logitec.co.jp/software.php?pn=LST-D-413


bluetooth_WIRELESS_earphone-01.jpg

アダプタ自体は4-5ドル程度で変えますので、イヤホンを無線化したい!等ある場合は入手しておくと良いかと思います
2.0対応のアダプタも有りますが、省エネ機能に未対応なのと通信速度の問題で音が切れやすい(一瞬でも電波不良が許されない)ので4.0はほしいところ。
4.1以上に対応していたほうが、速度がさらに上がるので、音が切れにくく、遅延が少なくなるようです。
(2019年のPCでもVer4.2までしか対応していないPCが売られています。スマホiphoneは5.0対応機種が2018年には標準かと思います)

Amazonで購入 CSR4.0 400円くらいから
______ 5.0対応品 600円くらいから


posted by okoya at 11:00| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想、コメントを残そう
コメント記入ページへ