2018年12月09日

Quick Charge 3.0と通常の急速充電の比較、スマホ充電速度(xperia XZ2C ACU-03QC30)

Quick Charge 3.0という急速充電に対応したUSB充電器です。5V3A以外にも9V2A、12V1.5Aで充電できるとのこと。対応スマホ自体は2014年モデル付近から出ています。
電流値と電圧値の組み合わせはスマホ側が決めるのでなんでも15Wもの電力で充電できるわけではないのは注意です。
QC3.0と通常の急速充電の充電速度の比較です
ougiACU-03QC30充電QC3.0まで対応
CP-L45s(QC未対応microUSB): 5V1.04A
SH-02J(QC2.0対応microUSB): 9.27V1.08Aで急速充電
SO-05K(QC3.0対応USB-C): 7.5V1.31Aで急速充電
ougiQC未対応の充電器IACU2-02W(5V2A品)の充電
CP-L45s(QC未対応): 5V1.04A
SH-02J(QC2.0対応microUSB): 5V1.04Aで急速充電
SO-05K(QC3.0対応USB-C): 5V1.4Aで急速充電
QC3.0_quick_XZ2C-01.png
QC3.0_quick_XZ2C-02.png
ACU-03QC30で急速充電ができるのは電池残量が少ない領域のみになります(今回は5V充電でも電力変化があった65%以下)。特に満充電付近の充電が遅いため、充電完了時間としては余り差が出ませんでした(カタログスペック通り)。電池が火を噴かないようにXperia側でいたわって充電しているようです。電池が切れそうというときには短時間で回復できるという効果がありますが、大して電力を増やしていませんし、スマホでは過度な期待は出来ないようです。
QCに対応したポートが少ない充電器も売られてますが、電池残量が少ないとき意外は普通の急速充電のポートで充電するなど譲り合いをしてあげると効率がよいようです

注意)
XZ2Cの場合でQC3.0のときは電池残量確認のために液晶をつけると充電電力が増加してました。ばらつきがあります。
充電ケーブルが安物だと電流が十分取れないことがあります(100円ショップのとか)。
QC3.0に対応したケーブルである必要はなく、急速充電1~2Aの電流に対応出来ればよいかと思います
(電圧が違うのですがこのレベルであれば問題になりえない)
ただし、通信機能が付いていないと(充電専用の場合)急速充電が出来ないようです。電圧と電流をこまめに変えて充電していますが、通信用の線を利用してこれを行うようです。

電圧検出器はQC3.0対応品でないとオーバーレンジになり故障の原因になりますので注意です。
32V対応をうたったもの、などで評価が必須です
(大半のは5V系を想定しています、高くても9.0VMAXのようです)
・Mobile Power Bank USB Volt-Ammeter  DC ~9V,3A
・ATORCH 12 In 1 USB Tester  4~32V、0~5.1Aまで

急速充電器2A品(PG-2ACMU01BK)を用いた場合の充電速度調査
https://okoya.seesaa.net/article/415228459.html
コンセント USB変換 充電器アダプタの種類(スマホが充電できない)
https://okoya.seesaa.net/article/371088947.html


posted by okoya at 00:40| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想、コメントを残そう
コメント記入ページへ