2018年08月25日

トヨタ純正バックカメラのコネクタについてKSP130(4ピン、3ピン)

トヨタ純正バックカメラですが、コネクタの種類が複数あるようです
カーナビ4ピン→4ピンから3ピンになるケーブル→3ピンのカメラ
で利用されることが多いようなのですが
当方のヴィッツKSP130ではあらかじめ敷設されていたケーブルは「4ピン4ピンケーブル」で、そのままではカメラが接続できない状態です。4ピンのカメラが売ってるはずなのでしょうけどヤフオクなど中古市場を見ても形状の合ったカメラは3ピンばかりという状況のようでディーラーで高い新品でも手配しないとポン付けは厳しい印象でした

このとき出来る手段は
1.4ピンから3ピンになるケーブル、を入手して引きなおす
(天井の内張りをはがして、バックドアのじゃばらに線を通すなどができれば)
2.既存の敷設ケーブルのバックドア側をちょん切って3ピンのコネクタをつけてしまう
(3ピンのケーブル[配線延長用など]を入手して2個一にするか、コネクタ単体を入手して加工するイメージ)
(現地でケーブル加工をする必要があるのは注意です)
3.4ピン(コネクタ型式794617-4)から3ピンに変換するケーブルを自作[売ってないです]
(3ピンになるケーブル[配線延長用など]と4ピンのコネクタ(コネクタ型式794616-4)を入手して作る)
4.カメラ側のケーブルをちょん切って4ピンのコネクタ(794616-4)をつける

1.以外の方法で対応する場合の参考として、各コネクタのアサインを調べておきました。
・ナビ側のコネクタ形状
camera_cable-navi.jpg

・4ピンコネクタ カーナビ側アサイン
赤 6V
黒 GND
白 AV-(GNDと短絡して未使用にしてました)
黄色 AV+
camera_cable00.jpg

・4ピンコネクタのバックカメラ付近の車体側コネクタ
(コネクタ型式:794617-4)
左上:黒 GND
右上:白 GND
左下:黄色 AV+
右下:赤 6V
camera_cable01a.jpg

・4ピンコネクタのカメラ側コネクタ
(コネクタ型式:794616-4)
上にあうようなピン配置にする
camera_cable02.jpg
・3ピンのカメラ出力
左 GND(-)
中 AV+
右 6V
camera_01.jpg

当方は延長用のケーブルは有ったのでこれを利用して3pin4pin変換ケーブルを自作してみました
部品は
・延長ケーブル
・コネクタ型式:794616-4
https://www.zaikostore.com/zaikostore/stockDetail?stockID=571%2d7946164&sup=m&rstat=&productName_forFind=794616-4&typeStock_forFind=all
・コネクタのピン:1-794613-2 4個以上(10個買っておく)
https://www.zaikostore.com/zaikostore/stockDetail?stockID=571%2d1%2d794613%2d2&sup=m&rstat=&productName_forFind=1-794613-2&typeStock_forFind=all
があれば作れますが、専用工具なしでピンを圧着するのがうまくいきにくいです。一応ペンチでそれっぽく出来ましたが、やり方がうまくいかないとすぐ抜けてしまう状態になるのは注意です。
作成後にGND側の線が信号や電源とショートしないように十分注意してあげます。雨水やほこりなどの異常時にも短絡しないのが望ましいです。GND側と信号側にはなにかテープでも入れて確実にショートしないようにするとよいかと思います

注)設置後はサービスマン・モードに入って自動車の車種選択などの設定をしないと、駐車ガイドラインが出ないです。車種ごとのカメラ位置の違いも調整されるようなので設定は推奨です
ただ位置が完璧でないことがあるので空きの多い駐車場でばっちりに駐車した後に調整するのがよいと思います。当方のはデフォルトのでは少しずれてました

トヨタ純正カーナビのUSB VTRの配線について(NSLN-W62など)
https://okoya.seesaa.net/article/460780088.html
トヨタ純正ナビNSCP-W62の配線について
https://okoya.seesaa.net/article/460098514.html
NSCP-W62、NSLN-W62の地図の型式例
https://okoya.seesaa.net/article/459752428.html



posted by okoya at 18:22| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想、コメントを残そう
コメント記入ページへ