2018年07月07日

Dega HDD入れ替え時の保存済み番組の持ち越し

以前ちらっと紹介した自分でHDDを入れ替えることをするときのデータの移行方法です

①USB-HDDを用意する(録画しないならものは何でもよいようです)
②スタート→データ移行→HDDからUSBへのコピーですべての番組を移行する
③最大1000番組までかもしれません[BWT520は1000まででした]、番組数が多い場合は複数の外付けHDDを利用しましょう
注)たとえば2TBのHDDの容量を使い切れない場合あり
 )degaがUSB20.0の機種の場合遅いです。覚悟が必要
 )一度に移動できるのは99番組までですが、複数選択していくと選択動作自体が遅くなりいらいらします。小分けに移動するのがよいかも
④degaに対応した内蔵HDDに必要な設定をしたあと、内蔵HDDを入れ替えます。その後内蔵HDDだけフォーマット。
⑤録画OKになっていることを確認してから(入れ替えに失敗してると録画が出来ないことがあります)、②の手順で今度は逆に書き戻します
(書き戻さずに外付けのまま利用してもよいかとは思います、ただ常時電源入れてるとHDDが熱くなって寿命が心配です)


ちなみに
・内蔵HDDをそのまま外付けとしてつなげても録画データは出てきません(USBとして登録してないことによるものと思われます)
上記①~⑤の手順が必要です。
・一度新しいHDDを内蔵として接続すると交換前のHDDをもう一度接続しても認識されませんので、すでに入れ替えちゃった人はあきらめましょう。
・④のところでUSB-HDDとしてフォーマットしてから入れ替える手法があるようですが、当方の機種では160GB~2TB以外の外付けHDDを接続するとエラーになりますので、3TB以上の入れ替えには以前の手法のみになります
・内蔵HDDの録画番組数の制限3000番組がありますので、内蔵HDDとして利用するものはめいっぱい大容量のものである必要はないです。8倍で録画するなら3TB程度でよいイメージ、など。

AVHD-A2.0Uの中身(HDDレコーダーのDiga推奨の外付けHDD)
https://okoya.seesaa.net/article/303569381.html
DMR-BRT220の購入とテスト(パナソニックHDDレコーダー)
https://okoya.seesaa.net/article/303552743.html




posted by okoya at 02:02| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想、コメントを残そう
コメント記入ページへ