2019年06月01日

BODUM BISTRO ケトル11659の感想

BODUMというデンマークの会社の電気ケルト11659になります。
日本の公式HPや問い合わせのあり、怪しい中国製とは違い、安心感のある会社になります。保証書もついていて日本のサービスセンターに送れば修理も出来ます。、
外側がガラス製で沸騰する様子が見え、さらにダブルガラスなので表面も暑くなりにくいタイプ(やけどしにくいタイプ)になります。
ただし2重ガラスなので重量がそこそこあり、空の状態でも1.1kgあります(普通のケルトなら500gくらいいかと思いますので、ペットボトル500ml分くらい重い)

・中に入れた水の量がわかるので、計量しなくてもだいたいの量が分かるのもよいですね。
・1300Wとありますが、電流の実測から1200Wでお湯を沸かすようです。能力としては高いほうなので沸かすのも早いかと思います。最近のものなら1000Wくらいはほしいところです。
(電線は1.25sqという太さのもの付属していますので当然問題はありません)
・電源コードは70cmくらいと長くないので、必要に応じて100円の延長コードなどを用意したほうがいいかもしれません。かならず1200W流せるケーブルを使ってください(本当のやすものだと700W品もありえます、が普通の店でも100円ショップでも最近は誤用での火事防止のためなのか売ってないはずですが)
・コンセントは明示的にトラッキング火災防止機能がついていないので、100円ショップなどで安全カバー、埃防止カバーをつけたほうがいいかもしれません。
・安物ケルトとは違い11659は温度調整機能が付いています。100度である必要のないものの時は温度を下げておくと、すぐ飲めてよいかと思います。
・コップ一杯分でも特に問題なく沸かせました。表示上は0.25Lが最低と書いてありますがその半分でも自動停止してくれています。コップ1杯レベルが沸かせるかどうかは気をつけたいところです。
・2重ガラスで保温機能はあがっているとはいえ魔法瓶みたいに長時間お湯を保存できるわけではないのでそれは注意でしょうか。

Amazon参考価格 10200円位
 
11659-04.jpg
11659-01.jpg

補足;
Amazonなどでは中国製のなかでもさらに粗悪、設計不良のある電気ケルトが平気で売られています。
火事リスクがありますので安いからデザインがいいからといって安易に購入しないように注意が必要です。

YUSIDO 電気ケトル YX012JP ガラス製 は危険(安物中国家電)
https://okoya.seesaa.net/article/464133381.html
posted by okoya at 23:43| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする