2019年01月14日

80+ goldの電源antec NE550Gの効率比較について

80+ goldの電源antec NE550Gです。前購入したEA-450(80+ Platinum)と比較しました。が結果はあまり差は無いといえそうです。
この機種はantec公式サイトにも情報がないのですがEA550G-PROの日本語名称のようです
7年保障が付き、日本製コンデンサを利用しているものになります。初期不良にあたらなければ長期運用が期待できそうです

80+の規格として効率は下記を超える必要があります
負荷Goldplatinum
20%87%90%
50%90%92%
100%87%89%

ということでゴールドとプラチナの比較では2-3%程度の差があります
100Wの負荷なら2W減、200Wの負荷なら4Wの差になる感覚です

当方が使っていたPlatinumの電源と今回のgoldの電源antec NE550Gの効率を効率を比較すると下記図のようになります
NE550G-01.gif

実測結果としては下記のような結果でした、効率カーブ上からも1W 2W程度の差の領域での評価ですので、当方環境の測定誤差の多い状態でほとんど差が出ないのもやむなしでしょうか。電源の定格容量に対して、負荷量が少なすぎるせいではあります。本当は定格負荷のもっと低い電源を利用すべきなのですが、定格負荷の低い電源は種類がすくないこともありしょうがないところです。
低スペックのビデオカードしか載ってないような環境ではプラチナでもゴールド NE550Gでもあまり消費電力に差はでないようです。
EA-450NE550G
アイドル42W42W
スタンバイ2W2W
シャットダウン1W1W
youtube視聴47W47W
ベンチ1117W118W
ベンチ2105W106W

環境:Ryzen 3 1300X、Windows7、メモリ4GBx2、Radeon RX 560 、HDD、SSD、
 TAP-TST5による電力測定(測定器未公正)

NE550Gのファン等の音に関しては特に気にならないレベルかと思います。20%負荷レベルでの利用になりますのでファンも高回転にはなりませんでした、。
antec NE550Gのamazonn参考価格

諸注意:NE550Gの電力測定方法ですが、明らかに安物で精度のでない測定器が平気で売られているようです。ちゃんと値段の張るもので測定しましょう。
サンワのワットチェッカー TAP-TST5について
https://okoya.seesaa.net/article/127430808.html


EA-450(Platinum)とBronzeの電源の比較テスト
https://okoya.seesaa.net/article/288451564.html
AMD Ryzen 3 1300x 3.5GHz のsuperPI
https://okoya.seesaa.net/article/458813921.html



posted by okoya at 21:27| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする