2014年03月28日

SCKTT-1000 [虎徹]のテスト

CPUクーラーのSCKTT-1000 [虎徹]になります
 SCKTT-1000 [虎徹] 楽天で3000円位
SCKTT-1000-01.jpg
純正ファンでは騒音が気になる場合ですね。
・ヒートパイプが4本です(直接CPUに接触するタイプではありませんでした)
・対応CPUは775系。1155系、1366系の3箇所に分かれてネジ穴がありますがバックパネル側はわかりにくかったです。
・ファンは120mmになります。マザーのデフォルトの設定で勝手に回転数が落ちた状態で動作してますが、この状態ならば音は静かですね。50%60%で回し始めると音が気になってきます。
・実装時に脇のコンデンサに黒い板側が当たるか?と思いましたが大丈夫でした(写真では右側にあるコンデンサの列です)
・黒い板を置くための金属のスタットが有りますが、これについてはネジタップの切り方が甘いようです(ばりがあるような?)。ネジ止めが嫌に固かったです。予めネジを空回ししておくと良いかと思います。金属の粉が出てきます。
・向きはバックパネル側に風が向かう方向に設置するのが良いかと。うまく風が流れるなら吐き出しのケースファンを無くすことも不可能ではないです(が風速30%ではほとんど出て行きませんでした)
・高さ方向が長いので、ケースに収まるのかは要確認かと思います(最近の230mm幅のケースでも余裕は20mm位でしょうか)。
・発熱の低いCPUならばファンレスも実現できそうなくらいの温度になってます。
SCKTT-1000-02.jpg
SCKTT-1000-03.jpg
SCKTT-1000-04.jpg

当方の環境でのベンチマーク結果
(intel i3 4130[LGA1155]、銀グリスに変更)
ファン速度:30%(630rpm)
CPU負荷:75%
CPU温度:37℃(対室温で15K)
騒音:回転数を落としているのでほとんど気になりません。

ファン速度を目一杯上げても5℃程度の変化でした。うるさいのでおすすめは出来ません。
CPUの発熱が低い方なのであまり参考にならなかったかも





posted by okoya at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年03月22日

kingstone KVR16N11S8/4 4GByte PC3-12800(DDR3-1600) 購入

 キングストン KVR16N11S8/4 4GByte(楽天参考価格) 
KVR16N11S8-02.jpg
バラ売りではなく箱に入っていました。PC3-12800(DDR3-1600)対応品で,1.5V動作品になります(カタログ上は1.425V〜1.575V)。1.35V動作のPC3L〜もありますので、複数枚での動作時は注意が必要です。
片面にチップが8コ載っており、基板は昔からあるよくあるものよりも高さが低いものになります。CPUヒートシンク周りの風の流れを遮りにくいのはいいのではないでしょうか。
メモリを2枚セットで使用した高速化が有りますが、体感できるかは微妙なので、2G*2枚の置き換えも有りかと思います(2枚使用すると消費電力も倍になります、1W程度ですけど)。
ただし、このメモリ、古いシステムで使用すると必ず相性が出る組み合わせがあります。
原因は8個のチップで4GByteを実現していることになります(4Gbitチップ採用)。この構成に対応できない
Nehalemコア(型番3桁のCoreシリーズ)以前のPC
ではbios画面ののち,windows起動画面で止まります。
メモリ用のドライバはCPUに内蔵されてますのでCPUに何を使ったかに依存します。


CPU-Zによるメモリタイミングは
11-11-11-28-39
KVR16N11S8-01.gif

似たような価格帯でKVR13N9S8/4(PC3-10600 DDR3-1333)というのも有るようです。 値段に大差無いのであれば速い方を購入して速度を落とした使い方をするのがよいかと思います。
(楽天参考価格


DDR3-1066に応した4Gメモリの相性(ブルースクリーン)intel core i5,i7,i3
http://okoya.seesaa.net/article/425236267.html
WINTEN DDR3-1333 WT-LD1333-2GBの購入(周波数と消費電力)
http://okoya.seesaa.net/article/172945171.html



posted by okoya at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年03月08日

REX CARDとLiteの実質還元率(JACCS)1.25%, 1.75%ポイント還元(現金バック)

年会費の掛かるREX CARD無印とREX CARD lite の実質の還元率比較です(1.25や1.75は現実的には無理です)
最近流行り?の1%を超える還元率のクレジットカードですね。申込時には限度額の希望もできます。キャッシング枠とセットでの指定なのが面倒ですが、キャッシング枠が多いと感じたら電話して減額申請すればいいかと思います。JACCSブランドで価格.comが関わっているカードになります
REX_CARD_LITE-03.jpg
特徴
・海外で利用可能箇所が多いVisaでIC付き
・毎月合計金額2000円ごとにポイント付与
・ポイントは現金キャッシュバック(20万円利用分を1単位で利用)
・ポイント有効期限は2年
・REX CARDは年会費2500+税 還元率1.75%
(50万以上利用で年会費無料)
・REX CARD ライトは年会費0円 還元率1.25%
・JACCSモールを経由してネット通販を利用すると還元率upが可能
・家族も対象の付帯保険有り(日本興亜)
・年会費無料のETC付き

レックスカードの理論還元額は1.25、1.75となっていますが、実運用上は2000円単位利用につき端数がでるのでそこまでは行かないことになります。(これは他のクレジットカードにも言えますが)
ということで実質還元率の比較です。下記は年間総額から月平均を出して還元率を求めたものになりますので毎月の還元率そのものでは無いことは注意でしょうか(2000単位の端数分きっかり損した場合と、損がほぼ0だった場合を組み合わせた平均)。1年使用した時に期待される還元額ですね。
ougiREX CARD liteの場合
REX_CARD_LITE-01.png
ポイント有効期限が2年なので年間10万円以下利用(月平均8300円以下)では0%還元カードになってしまいます。また年間利用額が低い人は実運用上出る端数の影響が大きく、平均的には1.11%の還元になる見込みです(webでの還元手続きを忘れなければ、ですが)。
年30万(月2.5万)利用しても還元率は1.20%です。

ougiREX CARD の場合
REX_CARD-01.png
年会費が掛かるため年間50万円以下の利用ではLite(点線記載)に勝てません。年間40万円でやっと1%還元カードとなります。年間50万円使う自信のない人はLiteがおすすめになります。ここまで年間利用があると2000円単位の端数の影響はわずかで50万ちょっと利用(月間4.5万)で1.70%の還元が期待できます。

ougi参考:1%還元カードの場合
1per_Off_Card.png
毎月合計ではなく1利用ごとに1%還元される楽天カードやP-oneカードの場合です。この場合月間総支払額よりも1利用ごとの決済額が重要になってきます。たとえばコンビニで150円ジュースを毎日購入する場合だけの場合では還元率は0.67%になってしまいます。
なおこの値は複数回利用を想定し、平均的なばらつきがある場合の還元率です(実際は還元率が100円毎に細かく上下してみずらいデータになります)。98円、980円などの商品が多いので実運用上はグラフの平均以下となる可能性があります。
毎回100円単位に合わせて購入できれば(たとえば100円以下の端数は販売店のポイント利用で支払うなど)、平均利用額が低くても理論値1%に限りなく近づける事はできます。
また利用回数が少なくて198円1回しか利用しなかった場合は0.5%還元、99円以下利用が多ければ0%還元かそれに近い値も有りえます

続きを読む

posted by okoya at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年03月02日

タイムリー GROOVY 2.5"HDD CASE IDEのテスト

タイムリー GROOVY 2.5"HDD CASE IDE接続2.5"HDD専用の外付けケースです。
 Amazon参考価格 700円程度
使われているICは
Initio INIC-1511L
でした。s.m.a.r.tが認識されずにドライブ名がInitioとなってしまいます。
groovy_2.5inch_01.jpg
ベンチマークの結果
USB2.0接続の実行速度の限界と思われる速度になっています。これ以上速い速度を望むのであればUSB3.0接続のケースが必要かと思います。
groovy_2.5inch_02.gif
以前同じICを使った外付けケースで書き込み速度が出ていませんでしたが、今回はそういう症状もなく速度は良好でした。1TまでHDDが使えるようですし以前のチップとは性能が違うのかもしれませんね。




posted by okoya at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年02月24日

完全防水の靴(MMG-602U),雨の日、水たまり

雨や雪に対応できる完全防水の靴です。水たまりにも有効です
 MMG-602U(MMG602U)
これはブーツになります。運動靴のほうが良かった感じですが、4cmまで等制限があるものが大半のようです。この場合、はねた水や上から降ってきた雨で足がぬれる事になります。靴紐の部分は特に入り込んでぬれることになります。基本的に足は結構汗を書くので運動靴で完全防水は現実的でないということでしょうか。

本製品は継ぎ目無しの一枚なので完全防水が実現できているようです。ゴム長ぐつのような感じですね。革靴のように見えますが、そう見えるように加工してあるだけとのこと。脱ぎやすいようにジッパが付いています。ジッパの部分にも水避け対策がしてありますのでそう簡単には濡れないかと思います。足首のところも広めになっています。ジッパがあって履きやすくしているわけなのでもう少しすぼめても良かったように思います。ズボンの裾を入れて雨や水はねで濡れないようにするのも有効かと思います。

大きさは普通の運動靴よりも大きめな感じでした(Sサイズ購入)。普段は25.0cmを使ってますが、甲の部分に指2本入る余裕になってます。雪道などで防寒のために靴下を2重に履いても十分余裕があると思います。一回り小さめがいいかと。
すべり止めもごつい感じで雪にも対応できるかと思います。完全防水のブーツとしてはボアが入って暖かい仕様のものも有るようですが、冬しか使えなくなってしまうことには注意でしょうか。通気性が悪く蒸れるかと思いますのでその点も注意ですね(中敷きを交換する等)。

 完全防水の靴の参考(楽天へ)
MMG-602U-01.jpg
MMG-602U-02.jpg
MMG-602U-03.jpg
MMG-602U-04.jpg




posted by okoya at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年02月09日

MZ-MPC0320/0H1 (MZMPC032HBCD-000H1)について

MZ-MPC0320/0H1 (MZMPC032HBCD-000H1) 32GByte
というmSATAに使われてるIC等のメモです。
HPのパソコンに付属していたSSDになります。
MZ-MPC03200H1-02.jpg
ファームウエア:CXM12H1Q
メモリ:K9LCGY8U1B-HCK0
(MLC FLASH,64Gb, Dual Die Package, 21nm sDR)
バッファ:K4T2G314QF-MCF7
(256MB DDR2-800)
コントローラ:S4LJ204X01-Y040
(Samsung社 MCXと呼称)

ベンチマークの結果としては
読み込み:340MByte/s
書き込み:87MByte/s

他のサイトの結果等を考慮するとMZMPC0320/0H1で書き込みが遅いのは仕様のようです
たとえばSamsung SSD 830の書き込み速度は
64G品ならば2倍の160MB、128MBなら4倍320MB,それ以降は400MB出るようです
samsung,marvell系SSDコントローラーで容量の著しく小さいものはよく見られるようです


Samsung「830」シリーズ 〜Samsung独自コントローラ採用の高速SSD
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hirasawa/20120413_525891.html
SSDの性能比較 2012
http://hardware-navi.com/ssd.php?CJ=&Maker=&Interface=&Order=Read&ControllerMaker=Samsung&ControllerSeries=&Size=64


タグ:ssd msata SAMSUNG
posted by okoya at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年02月01日

mSATAのIDE変換基板のベンチマークその2 SA106(JM20330),SSD

前回の玄人志向製KRHK-MSATA/I9の書き込みが遅かったことの原因調査を兼ねて(結論はこちらの環境のせいでしたので前回の記事は書き直しました)比較用の基板を手に入れてみました。
今回は香港の安物基板です
 CY社(www.connector.cn)のSA106(13.4ドル送料込み)
(基板にはN-2507Iとも記載があります)。
SA106-15.jpg
1400円程度で送料込みという安値でした。カバーが付いていて2.5インチと同等に使えるようになっています。
使用されているICはJMicroのJM20330でした。チップ側でMaster/Slave 切替に対応しているようで端の4pinで設定できるよう配線されています
マスター,スレーブ切替について商品に記載がありませんが(マニュアル自体もない)、チップ自体のデータシートによると0がマスター1がスレーブとのこと。一番端の縦1列を別途用意したジャンパピンでショートして1にすることでスレーブとして認識するようになります(何もつけないとマスター)
電解コンデンサも実装されてます。セラコンも実装できるようになってますが未実装になっており、後付けで無理やり電解コンを付けたようです。
電解コンデンサは寿命の有る部品なので、長く使えるのかは心配になります。(このタイプはメーカー名が分からないので寿命等は不明です)。
mSATAの固定方法はネジ止めタイプになります。元から付いているネジを外してから挿入します(20度くらいのナナメ方向から差し込んで、基板側に倒してからネジ止めする一般的な差し込みになります)

以下ベンチマーク:
なお、2.5インチ3.5インチ変換ケーブルを新調して評価PCとの接続方法の見直しも実施しています(これにより前回の玄人志向品は速度改善。ケーブルのせいで書き込みが遅かった模様)
PC上の認識はUDMA mode5(Ultra ATA/100)と認識されました。ICとしては150MBまで対応なのですが玄人志向品同様そこまで認識できないようです。IDE接続ケーブルも高価なものに新調が必要かもしれません。
(win7、アライメント調整、ランダム書込結果、SSDはMZ-MPC0320/0H1)
SA106-12.gif
KRHK-mSATAI9よりは10MBほど遅いですが、安かった割には速度は出ていますし、十分ではないかと思います。0fillの場合はシーケンシャルリードが4M早くなる程度でランダム読み書きと差は無いようです。

dealextreme.comの利用法
http://okoya.seesaa.net/article/109753796.html
KRHK-MSATA/I9、IDE接続MSATA SSD HDD(88sa8052)
http://okoya.seesaa.net/article/386031953.html





posted by okoya at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年01月24日

KRHK-MSATA/I9、IDE接続MSATA SSD HDD(88sa8052)

IDEのHDDを使ったノートPCの高速化のためにSSDを適用してみました。
古いノートPCならばHDDがボトルネックで動作が遅いことがありうるのでSSD化によって動作がよくなる可能性を期待。
ただしIDEタイプのSSDは入手が難のため、今回は変換基板を利用します。mini SATA(MSATA)からの変換ならSSDも入手がしやすく変換後のサイズも2.5インチに収められるので良いかと思います
このときの変換基板の性能によってはSSDの速度を十分生かせない可能性があるのは注意でしょうか(といってもIDEの限界もあるわけなので過度な期待はできませんが)。
それとMaster Slave切替が出来ないと問題が出るパソコンも有るかもしれません。
BIOS等の画面からHDDが何処に接続されているかは確認しておいたほうが良いかと。MASTERならどれでも問題ないですがSLAVEならば切替機能付きを選択すべきかと

今回は玄人志向のKRHK-MSATA/I9です
 楽天で2200円程度
KRHK-mSATAI9-03.jpg
 使用IC:Marvell 88sa8052(-nnc2、SATA 3 Gb/s to PATA 133)
 Master, Slave切替可能(他社のは出来ないものももある)
 5V電源対応
 S.M.A.R.T.対応
 
Delock社の62495(IDE 44 Pin mSATA with 2.5″ Frame (7 mm) )や、lycom社のST-173-9というのが、そっくりな形状として存在しているようです。同じものかと思います(シルク記載のリビジョンはDelock社がA173-00A、lycom社がA173-00Bのようです。玄人志向品はA173-00B)。

デスクトップに接続した場合のベンチマーク結果[再測定版]
(win7, Ultra DMA モード5で認識、スレーブ側は機器なし、アライメント調整、
ランダム書込結果、SSDはMZ-MPC0320/0H1)
KRHK-mSATAI9_MZ-MPC03200H1_12.gif
[他社基板の評価結果との比較から測定不備が判明したため初出から記載を修正しています]
規格(100MB)の限界近い速度が出ており十分な性能ではないでしょうか。書き込み側は今回用いたSSDの仕様[書き込み速度が遅い]に引っかかっている可能性が有りますので注意が必要です(本来はもう少し出るかもしれません)。
UDMA 6で認識させられればもう少し速度が出そうですが、当方の環境の相性かと思います。
注)当方で使用したケーブルによっては相性で著しく速度が出ない条件も見られました。書き込みだけ遅いのが不思議です。0FILLの場合は書き込み速度も改善するという

SSD本来の速度が出せるわけではないですが、2.5インチのIDE接続のHDDよりも速度は明らかに早く、性能改善が期待できそうです。(円盤に書き込む位置によって速度が変わるわけでもないのも有利)

参考:
mSATAのIDE変換基板のベンチマークその2:SA106(JM20330),SSD
http://okoya.seesaa.net/article/386653333.html






posted by okoya at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2014年01月11日

DT01ABA200V(HCS5C3020BLE630)のベンチマーク AVモード対応品

DT01ABA200VBOXのテストです。箱に入っているものとバルク品(DT01ABA200V)が売られてます。3TB版のDT01ABA300Vというライナップも出てきているようです。箱のものは
販売元:フィールドスリー
製造元:MARSHAL(HDD激安市場も運営)
ということになっていて、保証が3年付く特徴もあります。
MARSHALといえばリフレッシュHDDを見たことが有るのですが、これは純粋な新品かと思います

東芝製ですが本体にはられたシールによると中身は日立(中国)の下記型番でした。
(HGSTはWDに買い取られ、その一環で中国工場が東芝に移動している、東芝は3.5インチをやってきてないので最近出てるのはみなHGST品と思われます)
中身:HCS5C3020BLE630 2012/9製造
P/N:9F16336
消費電力実測:5W
回転数:5700rpm
AdvanceFormat対応,SATA600
DT01ABA200V-02.jpg
2012年製造の今回のものはHGST型番も併記されている形ですが、海外で流れてる2013年製造のものは東芝型番のみ記載のものも流れているようですので(シリアル番号も東芝流のみ、リビジョンも上がるようです)、今回入手した日立型番記載のものが異端になるのかと思います。
青い箱のパッケージにも記載がありますが、AVストリーミングコマンド対応していて対応機器で使用出来ました(東芝型番の最後にVがつかない非対応品もあるので注意,DT01ABA200、DT01ABA300など)。
回転数も低いことから発熱も低いものと思われます。長寿命化が期待できるかと。


DT01ABA200VBOX ベンチマーク結果(ファーム:MZ4OAA90、win7標準ドライバ)
DT01ABA200V-01.png
DT01ABA200Vのベンチマーク結果からは最大で134.8MByte/sの読み込みとなっていますが、これは当方の環境?ではSATAの1.5Gbps(SATA 150)として認識している(CrystalDiscInfo)ことによります[Desktopに直接接続、USB変換基板の中継ともに]。HGST社が、AV用途で1.5G対応機器用にカスタムしたものが流れてきたのかもしれませんが、詳細はよくわかりませんでした(HGSTはソフトウエアで1.5Gに固定できるのですが、純正ソフトのFeatureToolではサポート外HDDと認識)。
実質は150MB/s程度は出るものと思われます
製造元の商品説明では6 Gb/s対応を謳っているのですが…、他の人もこんなかんじなのでしょうか?。
(ドライブリビジョンやファームのバージョンにもよるかとは思います)
騒音は起動時に回転音がするのと止まるときもカッコンする感じです。動作時はうるさいというほどではないですが。

ちなみに2TB版以外はHGSTの下記型番になるようです。同じ型番でも回転数の違いがあるようですので注意でしょうか
DT01ABA300V →HCS5C3030BLE630 楽天参考価格
DT01ABA200V →HCS5C3020BLE630 楽天参考価格
DT01ABA150V →HCS5C3015BLE630

補足:MG03ACA200、MG03ACA300などが一般的に店頭にありますが、こちらは回転数が高く(発熱も高く)冷却をしっかりしないと寿命が短い可能性が高ことには注意。AVストリーミングコマンドにも非対応になります

記憶容量3TBを実現したコンシューマ製品向け3.5型HDDの製品化について
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2012_08/pr_j0801.htm
東芝(TOSHIBA)製HDD_リテール品(DT01ABA300VBOX,DT01ABA200VBOX)
http://www.marshal-no1.jp/products/toshiba_hdd_retail_aba-v.html
AVHD-A2.0Uの中身(HDDレコーダーのDiga推奨の外付けHDD)
http://okoya.seesaa.net/article/303569381.html?1390034428




posted by okoya at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2013年12月23日

プロパンガス(LPガス)と都市ガス(東京ガス)の価格比較,価格推移

プロパンガス(LPガス)と都市ガス(東京ガス)の価格比較、推移の2013年実績になります
プロパンガスは都市ガスと比較して熱量が2倍なので(使用量が半分で済むので)単価が2倍になるのはしょうがないようなのですが、相場としてはそれよりも高いことが一般的のようです。お風呂等で使用量が多い場合は注意が必要です。給湯の効率についてはガスに依る差は無いようです(ノーリツ等のHP参照、エコキュートはいいらしい)。ただ、装置価格と効率は関係あります。年式も影響があるかもしれません(著しく古いのは効率悪いなど)。自分で推定計算する場合は考慮が必要かと思います。

プロパン物件が相場よりも安めなら(部屋代+ガス代の合計が低く出来るなら)選択も有りかと思いますが寒冷地であったり、毎日湯船に浸かりたいなら都市ガスでしょうね。
LPG02.png
メモ
・上記以外に基本料がかかります。都市ガス725円、プロパン1500〜2000円位?。
・ガス使用量によって価格が変わります。たくさん使用した人は単価が下がることが有るようです。一人暮らしでは変わらないかと思いますが。
・プロパンの価格は業者によってピンキリなので、本当に参考です(単価600〜800行くところも無くわないらしい)。部屋選びの前に不動産屋かガスやに聞くのが望ましい
[不利益事実を意図的に隠すことはできないはずなので]
・プロパンガスは都市ガスと比較して熱量が2倍なので[使用量半分で済む]単価が2倍になるのはしょうがないので300〜350円(グラフで都市ガスとLPGが重なる程度の単価)なら良心的な価格という計算になるようです。賃貸のアパートではほぼないかと思いますが。
・料理に使用するガス量よりも温水に利用するガス量のほうが多いので削減するならお風呂
(お湯をちょっとしか使用していなくても途中の配管や装置を暖めるのにもガスは必要ですので、こまめに使用するのも避けるべきかと)
・石油情報センターというところが価格推移を調べて公表してますが、価格はガス屋の言い値なので根拠なし。上の図はお情けで50m3の価格を乗せてますが、使用量をあわせると600円を超えてとんでもない比較になります。
・一戸建て住宅ならば値下げ交渉も不可能ではない(最悪変更すればよい)
・集合住宅はガス設備導入で大家に便宜が計られてるので、変えられない可能性高い
・価格は一定の場合と、上記グラフのように毎月変えてくる会社があるようです
・賃貸ならばガス価格だけでなく部屋代も考慮に入れて検討する
(プロパンだと部屋代が低めかもしれませんので)
・お風呂代のめやす、一人暮らしシャワーのみ(関東):
12月の水温、バスタブ(ユニットバス)の1/2~1/3程度の使用量で、3.5m3/月
07月の水温、バスタブ(ユニットバス)の1/4程度の使用量で、1.0m3/月
都市ガス使用量×0.5×プロパン単価+基本料2000円等=プロパン代金相当

プロパンガス(LPガス)と都市ガス(東海ガス)の価格比較(カニエプロパン)
http://okoya.seesaa.net/article/451275412.html



posted by okoya at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー