2016年01月03日

SDカードをコンパクトフラッシュに変換するアダプタのテスト

SDカードをCFに変換するアダプタです。ebayで1000円程度でノーブランド品?が買えます(ebayは買って住所入力フォームにローマ字入力してお金払えば勝手に着ますので英語力は必須ではないです。海外発送なので到着に20日くらいは覚悟が必要です)
当方入手品は型番の記載はなかったですがZC14400,21470612というものになるようです。3mm厚みになるtype1になります。(type2は5mm厚み)
CFカードの大容量タイプは値段が張るため、このような変換機器を介したほうが安く済む場合があります
zc14400-01.jpg
諸注意としてはただの記録メディアとして利用する分にはどれでもよいのかもしれませんがtrueIDEを使い、さらに特殊なことをする場合は安物では実現できないことがあります(IPOD用のHDDの代わりにするとか)。
・パーティションを複数設定すると機器側で容量0になってしまう、フォーマットもできない。(普通のコンパクトフラッシュとしてカードリーダにつなぐと58Gの容量が見える)
・容量の認識はでき、機器側でパーティションを分割するようなフォーマットは一応できるが、フォーマット失敗して再度フォーマットを要求される

特殊な用途に利用するのであればdelock社の62637がよいかと思います。カードの厚みの違いとしてtype1,type2がありますので間違わないように注意ですね。


普通のリムーバブルメディアとして認識されるとパテーションを複数配置することがwindows上からは制限されることに起因するのかもしれませんが、よくはわかりませんでした。


以下は写真のebayで購入した変換機のベンチマークの結果です。使用したSDは
 HDMCSDX64GCL10UIJP2 (読み込み82MByte/s,書き込み18.4MByte/s、単体のベンチマークへ
になります。
カードリーダは前回と同様、buffaloのUSB3.0対応カードリーダBSCR09U3 楽天で3500円くらいを用いています。ファイルのフォーマットは購入時のままexFATになります。winxpのパソコンはアップデータがないと読めないので注意が必要です。最近のではないスマホなどでも同様に認識されません。FAT32でフォーマットしなおせば認識する機種もあるようですが。
zc14400-02.gif
読み書きともにだいぶ低下してしまったようです。以前購入した(8GB x233倍速)に近い速度になりました。一度変換が入るのでやむ終えないところでしょうか。
ちなみに内部で使用されているICは無記名のもので製造元は不明でした。
zc14400-03.jpg



HIDISC HDMCSDX64GCL10UIJP2(UHS-1)のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/431405762.html
CFカード GH-CF8GDの読み書き速度(RCF-CBA2,BSCRA49U2)
http://okoya.seesaa.net/article/185532343.html
BSCR09U3WHの購入
http://okoya.seesaa.net/article/412215854.html




posted by okoya at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年12月19日

HIDISC HDMCSDX64GCL10UIJP2(UHS-1)のベンチマーク

HiDiscの低価格microSDXCカードHDMCSDX64GCL10UIJP2です。
 HDMCSDX64GCL10UIJP2 64G 2300円ほど
製造元はPHISON社でSD64Gというモデルが元になっているようです
UHS-1なので読み込み速度は結構速度はでます。容量が大きいので書き込み速度は早いほうが便利かと思いますが今回のは余り速度は出ないようです。安物という感じですね。
ただ、読み書きに使ったリーダーによっても速度が変わるので注意が必要です。
今回はbuffaloのUSB3.0対応カードリーダBSCR09U3 楽天で3500円くらいを用いています。
ファイルのフォーマットは購入時のままexFATになります。winxpのパソコンはアップデータがないと読めないので注意が必要です。最近のではないスマホなどでも同様に認識されません。FAT32でフォーマットしなおせば認識する機種もあるようですが。
HDMCSDX64GCL10UIJP2-01.gif
(諸注意:製造時期により使用すパーツが異なり、速度に差が出る場合があります)

SDSDQAB-064G-BLK01
http://okoya.seesaa.net/article/415594380.html?1450520151
BSCR09U3WHの購入
http://okoya.seesaa.net/article/412215854.html
class10 16GByte SDカード(ST16MSC0A)の読み書き速度
http://okoya.seesaa.net/article/223499720.html

posted by okoya at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年11月15日

MQ01ABF032 2.5インチ320Gのベンチマーク

MQ01ABF032のテストです

HD tune2.55でテストをした結果を載せます
条件:
5400rpm 8Mキャッシュ,7mm厚み
・ファームウエア:---
・Windows7
・windows標準コントローラ
・NTFSフォーマット

昔のデスクトップ用ほどの速度が出てますね。
MQ01ABF032-02.png

参考
Western Digital WD30PURX-64P6ZY0[purple]のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/405428627.html
HTS725050A9A364(0S02599)のベンチマーク(速度)
http://okoya.seesaa.net/article/186614402.html




posted by okoya at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年11月08日

IW-CE685/300Pの購入とテスト

INWIN IW-CE685/300Pのレビューというか使用感になります。MicroATX / Mini-ITX対応のスリムケースになります。

・電源の音は静かでした、発熱が小さい(Platinum対応で高効率なので)こともあるかとおもいます。
(型番で300pと付いていないラインナップもありますがこちらは電源の性能が違うので注意です)
・作りはしっかりしていそうですし、よい感じかと思います
・最近のケースらしくUSB3.0がフロントについているのいいですね。
・マザーボード用電源ケーブルがぎりぎり?でした。最初は入らないかと思いましたが、無理やり伸ばしてあげたら何とか実装はできました。微妙に変な力がマザーにかかっている気がします。ファンの手前付近に電源コネクタがあるMBはなにかしらで延長したほうがよいかもしれません。
・ケースファンは思ったより静かでした。回転数が低いからでしょうか。風速もそこまで大きくはない感じ。
・CPUのクーラーは背の高いのは使えないので注意です。RR-V211-15FK-R2(楽天で3000円前後)は問題なく使えそうです。これよりも背が高くなると、ファンの吸い込み側の空間がなくなってしまって正常に冷却できなくなる可能性が高いです。(そのときはケースにメッシュ穴でも開けて、外気取り込みにでもするのがよいかと思います。(電動ドライバかドリル利用)
・3.5インチベイが付いてますが、特殊な奥行きのないものしか使えないです(95mm程度)。ケースファンをはずすのはリスクが高いのでお勧めしませんし、はずしてもフロッピードライブサイズ(120mm程度)のものは実装できない寸法になります。
・HDD、ファン固定などでねじなしで固定できるのですが、やり方がよくわからなくて(マニュアルもなくて)苦戦する箇所がありました。めったにいじらないので実害はないかもしれませんが、もうちょっと親切でもいい気はします。
・ねじも2個だけ寸法が違う(ミリねじインチネジ)のですが説明がない(MB用と思います、2箇所だけ固定部の形状が違う)。
・電源部のLEDは白でした。輝度は高いです。もう少し輝度を下げてもよかったのではと思います。
 IW-CE685/300P 楽天参考価格

P1000730a.jpg

Fractal Design Arc Midi R2(PCケース)を購入、テスト
http://okoya.seesaa.net/article/366584268.html



posted by okoya at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年10月25日

intel Core i5-560M(dynabook rx3)の消費電力測定

モバイル向けのintel Nehalem 世代(開発コードは Arrandale(アランデール))のCPU、i5-560Mになります
Core i5の詳細なベンチマークは他のサイトにまかせるとしてこちらではCPU周波数を振った場合の消費電力を測定してみました。560Mの主な性能は下記になります
 周波数:2.66GHz、2コア4スレッド,35W(package),25W(CPUcore)
 GPU は500MHz
 SuperPI 1M: 34.148秒(super_pi_mod-1.5利用)
560M-01.gif
条件:Dynabook RX3,SSD,4GByteメモリ、液晶オン
アイドルは14W(液晶を切ると、8W)、4つの負荷をつけて100%にしたときは35Wでした。このグラフからCPU単体の損失を推定すると23W@定格と予想されます。定格負荷だけ少しずれた値になっていますが、ファンの回転数がMAXになって追加の損失が1W程度増えたことによります。
i5-540M、520M、580Mは周波数に応じてグラフの近似をして推定した値に重なるものと思います(GPUの差もないですし)。なお、CPUの電圧はソフトに表示されなかったので不明です。
560M-02.jpg

おまけ:
SN266E(PPR3SN6ECM3NM)の重さはバッテリ310g+本体914g=1224gでした。
RX2(ssd適用)と比較して170gほど重くなっています

intel Core i3-4130(LGA1150,Haswell)の消費電力測定
http://okoya.seesaa.net/article/393863218.html
Core2 Duo u7500のベンチ[dynabook SS RX1]
http://okoya.seesaa.net/article/79679288.html





posted by okoya at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年09月20日

エラーが発生しました (211211:51),DMM電子書籍ビューア

DMM電子書籍ビューアにおける症状です
ソフト起動時に
・エラーが発生しました (211211:51)
と出るのは、ライセンスが正常でないときのようです。「ライセンス修復ツール」を使うことで直りました
(ライセンスの確認でエラーが発生しました。のところ)

原因:
・HDDからSSDにOSデータを移行した
・PCの構成を変更したので別PC扱いになった


アダルト電子コミック
アダルト電子コミック

その他:
DMMでCDレンタル
http://okoya.seesaa.net/article/377518069.html

211211.51



posted by okoya at 13:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年09月02日

DDR3-1066に対応した4Gメモリの相性(ブルースクリーン)intel core i5,i7,i3で8GBを実現するには

DDR3-1066が使える32ナノプロセス世代“Westmere”CPU、Arrandaleシリーズのi5-560M搭載のPCに4Gメモリをさしたところ正常に使えませんでした(認識はするがブルースクリーン)
調べたところ
4GByte/8chip*8bit = 4Gbitメモリ/1チップ [512MByte/1chip]
となる仕様のメモリをさすとブルースクリーンになるようです
 WT-SD1600-4GB (512x8) SODIMM PC3-12800など

Nehalemコア(型番3桁のCoreシリーズ)以前のPCに4Gbitチップ採用品モジュールを挿して動かないとのこと
Core i5-580M、Core i5-540M、Core i5-520M、Core i5-430M、Core i7-620M、Core i7-640LM、Core i3-350M、Core i3-330Mなども同様かと思いますので注意です(CPU側にメモリコントローラが載ってるので)
[HP,DELL,東芝dynabook,パナソニック レッツノート,富士通LIFEBOOK,EPSON,IBM,レノボ,ASUS,Acer,NEC,フロンティア,などのメーカは関係ありません。intel側の問題なので]
[gigabyte,asustek,msi,ASRockなどのマザーボードメーカーも関係ありません]
[DDR3-1066だけでなく,DDR3-1333,DDR3-1600をダウンクロックしても無理なものは無理です]

購入するなら
4GByte/16chip*8bit = 2Gbitメモリ/1チップ
となるメモリ基板上に黒い箱が16個(表側8、裏側8など)付いているものを買わないと合計8GBのメモリ容量は実現できないようです
[表4個裏4個、表面のみ8個はNG]
注意:動作電圧が15.Vのものと1.35V(PC3L…)のものがある可能性がありますります。混在すると正常動作がままなら無い

参考
http://d.hatena.ne.jp/eel3/20150801/1438356918
https://twitter.com/tsukumo_ex/status/479138303044644864


kingstone KVR16N11S8/4 4GByte PC3-12800(DDR3-1600) 購入
http://okoya.seesaa.net/article/392319351.html
WINTEN DDR3-1333 WT-LD1333-2GBの購入(周波数と消費電力)
http://okoya.seesaa.net/article/172945171.html



posted by okoya at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年08月23日

SD7SB6S-128G-1122 128GBのベンチマーク

SanDisk X300 シリーズ(SD7SB6S-128G-1122)のベンチマークになります。
付属品は特になしです。3.5インチとして利用するなら変換アタッチメントが必要ですね。固定しなくても利用はできますが。
SD7SB6S-128G-1122 楽天で7000円ほど
仕様は
・7mm厚
・読書速度は520MB/s、書き込み415MBとあります
・平行輸入品(なので保障は期待しないほうがいいかと)

中身を開けてみましたところ、
コントローラーはMarvell 88SS919でした。
メモリはSanDisk記名のもの(05444 032G)がのってました。
DRAMはmicron社のD9QNP(MT41K128M16JT-125,DDR3-1600 2Gbit)
基板は小型なものが使われてました。54-50-05122-REV3(Ultra II系も同じものを利用するようです)
SD7SB6S-128G-1122_02.jpg
ファームウエアはX3310000です。SanDisk SSD Dashboardを利用したアップデータが配布されていて更新後はX3510000です。

○ベンチマーク
windows7, アライメント調整済み,
IntelのSATA AHCI Controller(13.6.0.1002)
ランダムデータ書き込み(CrystalDiskMark3.0.4)
製造日:2015/2
本体ファームウエア:X3310000
・読み込み:508MB/s, 書き込み218MB
SD7SB6S-128G-1122_05align.png
ベンチマーク結果はカタログ値よりも遅いですが理由は不明です。書き込みが半分でした。
初出時はアライメントの調整に失敗していたようで速度が出てなかっただけでした。再測定の結果想定した速度が得られています
http://www.sandisk.com/goto/x300s/pdf/X300_datasheet.pdf


HDDからSSDへOSパーティションの移行 アライメント フリーソフト
http://okoya.seesaa.net/article/368452191.html
Kingstone SSDNow V300 SV300S37A/120Gのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/408981621.html
ASP900S3-64GM-C-7MMのファーム更新[5.2.5]
http://okoya.seesaa.net/article/401681927.html
SDSSDA-120G-J25Cのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/438450864.html
ADATA SSD(M.2) ASX8000NP-128GM-Cのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/447347177.html



タグ:ssd HDD SanDisk
posted by okoya at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年08月16日

USBメモリSDCZ48-016G-U46のベンチマーク

Sandiskの安物フラッシュです。USB3.0に対応したものです
 SDCZ48-016G-U46 楽天で800円くらい
書き込みのLEDは青でした。キャップはなくてコネクタが出し入れできるタイプです

ベンチマークしてみましたが、3.0対応なだけあって早いです。16Gをのような容量を扱うのであれば3.0対応のメモリとPCがほしいですね(USB2.0接続は通信規格の限界で速度が出せない)。

USB3.0として接続時
読み込み105.5M, 書き込み29.0M
SDCZ48-016G-U46_02.gif
USB2.0として接続時
読み込み32.7M, 書き込み20.7M
SDCZ48-016G-U46_01.gif

パッケージにSanDisk SecureAccess Softwareとありますが、フリーソフト相当のものがただ付いているだけのようでした(LB FileLock2と同様にドラックアンドドロップで暗号化複合化する)
使い方は
USB刺す→中のアプリ起動→パス入力→ファイルをドラックして暗号化、複合化

ちなみに使用してるチップは分解が難しそうなので未チェックです(PHISON社ではないようです)


USBメモリ BUC-UD08G の読み書き速度
http://okoya.seesaa.net/article/137414390.html
pico drive st[USBメモリ]の隠し領域の書き込み速度
http://okoya.seesaa.net/article/135379997.html
KASHU USBメモリのセキュリティのVer.3.0.0をテスト
http://okoya.seesaa.net/article/149992998.html



posted by okoya at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年07月28日

オンボードサウンドでデジタル出力(SPDIF、コアキシャル)用のブランケット

オンボードサウンドで光デジタル、コアキシャル(同軸RCA)出力させたい場合のメモです。s/pdif端子を使いたい場合です。デジタルで出力してしまえば音質への影響は少ないわけなので、サウンドカード買わなくてもいいよね、という話

必須条件:マザーボードが対応していること
これがないと別途サウンドカード拡張しないと無理です。

マザーボードのバックパネルに光端子が付いていればそれを利用すればいいわけですが、
そうでない場合(マザーボード上にピンだけある場合がある)は同軸に変換してあげるのが早いかと思います
ただし、普通では買えないのでebayなどで買う必要があります(ebayは買って住所入力フォームにローマ字入力してお金払えば勝手に着ますので英語力は必須ではないです)
ASUS,Gigabyte,MSIなど純正のものがあるはずですが、入手性がわるくほとんど見ないので、ebay購入が安く済むのでいいかと思います

たとえば下記のもが1200円くらい(送料込み)で届きます
(SPDIF bracketで検索すれば出てくるかと)
coaxial02.jpg
本製品の付属品は代替用のコネクタピンが付いてきました
各マザーに合わせて付け替えてくださいということのようです
基板自体は入力用のコネクタもつけられるようになっているように見えますが、部品がないのとブランケットに穴がないので実用はできないようです
基板のコネクタ部にもピン自体が出ていない(逆さし防止用にピンが一つなく3pinになっている)ので、多少の改造が必要になります
当方所有のマザーボードはSPDIFとGNDピンしかないタイプでしたのでそのまま刺すことでCoaxial側は利用できます
optical側も利用するには電源ピンの赤い線を何処かに刺す必要があります

コアキシャルと光ではどちらもデジタルなので、両方に対応している場合は、つなぎはどちらでもかまわないかと思います
ただ、光の場合は専用のケーブルを用意する必要がありますし、機器によっては192kHzを対象外にしている場合もありますので注意です。
(光信号を電気に変換するときの部品をケチっているのかもしれません)
同軸を接続するときのケーブルは何でもいいようです。適当なのつないでも聞けていますので。



posted by okoya at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー