2016年05月04日

ノートンセキュリティのアメリカ版、海外版を利用する

ノートンセキュリティの海外版を日本から買うことができます
・アメリカアマゾン(ダウンロード販売、ただし米国の住所登録が必要[ダミーで可、たとえば輸入代行業者の住所とか])
・ノートンの純正オンライダウンロード販売

ただし、そのままNSやNSDを適用しようとすると、「プロダクトキーはお住まいの地域では無効なので製品のアクティブ化に使うことはできません-2009」等エラーが出て認証できないかと思います。(エラーが出た場合はノートン マネージメントというwebベースのサイトにキー自体は登録されていますが、有効期限が開始されない状態になります)
以前NIS米国版を購入したことがありましたが、こちらは何の細工もなしに利用できましたので、ここ数年で対策をしてきたようです
(以前は中国版NISが転売されたのですが、こちらは早々認証エラーになる対策を講じてはいました)
逆に海外に在住しているときに日本で購入したキーを適用しようとしても同様にはじかれるかと思います

この時の地域チェックとしては認証サーバーに接続したときのIPがどの地域で利用されているものかで判定しているようです(期限の更新、延長のときもIPによって販売元webページを切り替えていました。米国体験版を延長しようとすると、日本のエラーページ?に飛ばされ購入しか選択肢が出なかったりします)。
ということで、認証したいPCについては毎回、プロキシと呼ばれるような中継サーバーを経由したり、VPNと呼ばれるサービスを経由したりすることでIPを購入した国のものにしてあげればノートンセキュリティ自体が日本語体験版だったり、日本語OSで使用していても認証が通せます。(プロキシでは認証を通すのは簡単でないようにみえましたが)。認証後はIPが日本のPCでもアップデートができているようです。なお、大型アップデートで再起動が必須なときなどには認証がリセットされるかもしれません(まだ未確認)。



補足:NSの種類
日本では下記(セキュリティとしての機能は大差なし)
 スタンダードNS:1台 2980円程度
 デラックスNSD:3台 3980円程度
 プレミアNSP:5台 4980円程度
アメリカ
 スタンダードNS:1台 20〜25$程度
 デラックスNSD:5台 35〜39$程度
 プレミアNSP:10台 39〜49$程度
アメリカ版は期間限定でたまに安いことがあります。まれに上記よりも安いときもあります。
(NSDが20$台でアメリカアマゾンで購入可能であったりとか)。
現在やっているキャンペーンサイト
NSP 39$
http://buy-static.norton.com/norton/ps/bb/3up_ns1_ns_nsbu_ca_en_60tw_nbcomp.html
NSD 35$
http://buy-static.norton.com/norton/ps/bb/3up_ns1_ns_nsbu_ae_en_largo_notw_brnf.html
NS 20$
http://us.norton.com/landing/nss/microsoft/current-offers.html
国内価格参考:
NS1台 20%楽天ポイント付税抜き
NSD3台 20%楽天ポイント付税抜き


Norton security 2015(22)の60日90日無料体験版ダウンロード
http://okoya.seesaa.net/article/430752605.html
ノートンインターネットセキュリティ2013日本語版を安く購入する[3台?1年1980円]
http://okoya.seesaa.net/article/355745977.html





posted by okoya at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年04月28日

32bitのパソコンで4GB以上のメモリを利用する

サーバー用32bitのOSをつんだパソコンでは4GB以上のメモリをつんでいても使用でき、これを転用する方法を編み出した人がいるようですのでその紹介
普通の32bit Windowsでは3.2GB程度までしか認識されないのを使えるようにできます
PatchPAE,PatchPAE2,PatchPAE3
というツールのいずれかを使います。

PatchPAE2まではコマンドを自分で打って改造する必要があります
PatchPAE3はなかにあるスクリプトを実行することで設定を一括でしてくれるようにもなります。ただしロシア語なので説明書が読めないという不都合と、スクリプトがキリル語フォーマットなのでフォーマットの変換が必要です。

以下手順;
0.ファイルをダウンロードします。このときexeだけでなくUSB用のドライバも付いてきます
http://rutracker.org/forum/viewtopic.php?t=4694409
ファイルはtorrentで配布となっています:fix128v42.torrent
1.exeファイルを解凍します。7zという変わったフォーマットなので、専用のフリーソフト等が必要です(expliz,lhmeltなど)
pachPae3_03.gif
2.ntk128gb.vbsを文字コードを指定して開きます。
 emeditor(フリーソフト)を起動→ファイルを開く→エンコードを指定(キリル語)ntk128gb4.vbsを開く→ファイルを保存shiftjis文字コード
 greenpadやmaryなどのフリーのテキストエディタでもできるかと思います
2.2.本ファイルのロシア語部を翻訳すれば日本語解説が見れるようにはなりますが(次項の画像のように)、たいへんなのでお勧めはしません。余計なところをいじってしまって正常に動かなくても困りますし
3.ntk128gb4.vbsを実行します。基本は上部の設定をいじらずに、右下のボタンを押せば一括設定してくれます。(画像は実施済みなので、削除ボタンに換わっています。)
pachPae3_01.png
4.再起動すれば設定が反映されます。起動時に選択肢が出るようになりますが、4Gbとなっているほうを実行することで4gB以上が使えるようになります
pachPae3_02.png
5.お好みでUSBドライバを書き換えます。不具合が出るようなのでその対策と思います。XPなら2003, windows7なwindows2008用をコピーすることになります。ただし、セキュリティの関係でwindowsのそのままの設定では書き換えはできないかと思いますので注意です。
「Trustedinstallerからアクセス許可をもらう必要があります」と出るのでそのままでは書き換えられない
一番簡単なのはUSBメモリにインストールできるlinuxを用意。
→PC起動時(電源押した直後から)F12を連打→起動用ドライブとしてUSBドライブを指定→linuxが起動→ドライブのアイコンからファイルを操作。HDD内のファイルをコピーペースト(兼バックアップ)。再起動がよいかと思います
なおこのファイルはUSB2.0用のようです。3.0が付いているPCでは個別にアップデートをしておいたほうがよいかと思います(intelのドライバの場合)。

補足:
USB系のドライバ更新しない状態では当方環境の不具合として下記が見られました
・USBデバイスの抜き差しで、USB機器全部(マウス、キーボード)が使用不可になる症状がみられるときがあります
・スタンバイからの復帰でUSBを見失うため使用できない(スリープ後1分程度ならば復帰は正常なのですが)




posted by okoya at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年04月21日

HMT425U6CFR6A-PB(PC3L-128000U-11-13-C1)のメモ

HMT425U6CFR6A-PB(PC3L-128000U-11-13-C1)のメモです。シールにはSK hynixとかいてありましたがPC上ではhyundai製とでます
HMT425U6CFR6A-PB-01.gif
PC3Lとあるように電圧は1.35Vになります。メーカー資料によると1.283V to 1.45Vとのこと。
搭載されているチップはhynix h5TC4G63CFR x4個
2GByte/4chip*8bit = 4Gbitメモリ/1チップ
仕様となりますので、古いパソコンで利用するとブルースクリーンになるかと思いますので注意です
HMT425U6CFR6A-PB-02.jpg

DDR3-1066に応した4Gメモリの相性(ブルースクリーン)intel core i5,i7,i3
http://okoya.seesaa.net/article/425236267.html
kingstone KVR16N11S8/4 4GByte PC3-12800(DDR3-1600) 購入
http://okoya.seesaa.net/article/392319351.html




タグ:メモリ
posted by okoya at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年04月14日

GH-UF3LA8G-WHのベンチマーク(USB3.0対応メモリ)

USB3.0対応、ドライブ自体のパスワードロック機能のあるGH-UF3LA8G-WHのベンチマークをしてみました
使用されている部品はphison社 PS2251-07(USB3.0対応のコントローラ)と東芝のメモリでした
書き込みのLEDは付いていないようです。これは残念ですね。安物なので仕方なしでしょうか。注意して引き抜かないと、ファイルが破損することになるかと思います
GH-UF3LA8G-WH-01.gif
一部のレビューで遅いとあったのですが、当方が入手したものは高速でした。
作られたのは2016-3月ごろのもののようで、各種部品も2016年製造品が使われいるように見えました。
速度が改善しているのは新しい部品で組み立てられたおかげでしょうか。

パッケージあるようにパスワード保護(ロック)がかけられます。他社の安物では東芝でも同等機能を有しています(Imation、TDK、にも以前はありました)。それ以外の安物だとドラッグ&ドロップで個別に暗号化するソフトだったりしますが、PHISON社コントローラを使ったものはドライブごとパスワードで保護できます。
使い方は
USB刺す→中のアプリ起動→パス入力→保護領域を別ドライブとして認識→保護ドライブに書き込んだものはもれなく次回刺すときに自動でパスが必要となる。→個別のロック操作不要で抜き差しOK
というかんじ
本製品では隠し領域の大きさは指定できないです。運用上は通常エリアがあると隠し領域を使わなくなるので全部隠しのほうが安全かとおもいます。
パスワードの再設定(パスワードを複数回間違と自動的にフォーマットされます)だけでは保護領域のファイルは復元できないので基本的には安全と見ていいと思います。
ただ、ICチップ自体はAES暗号非対応で暗号化しているかどうかはあやしいので物理的に改造されるとどうなるかは分かりません
(一般人がデータを取り出すのは無理そうです)
GH-UF3LA8G-WH-03.gif
この機能を有効化したときの読み書き速度も測定しました。
ほとんど速度差は無く書き込めています。
GH-UF3LA8G-WH-02.gif


GH-UF3LA8G-WH 楽天で900円くらい


USBメモリSDCZ48-016G-U46のベンチマーク(USB3.0)
http://okoya.seesaa.net/article/424262822.html
暗号化USBメモリのアンチウイルス付き、HUD-PUVS02GM1,HUD-PUVS02GA1のテスト
http://okoya.seesaa.net/article/398478106.html
USBメモリ TDK TRANS-IT ベンチマーク(暗号化)
http://okoya.seesaa.net/article/144164549.html




posted by okoya at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年03月13日

古い紙幣を新札に交換する

銀行で旧札を新札に変えたときのメモです。結婚式で1万円のお札をご祝儀用の新札(ピン札)に変える等、必要がある場合になります
新札に交換できる場所は
・銀行窓口
・郵便局窓口
・ATM
・何処かのお店で変えてもらう
などがあります。
ATMは著しい使い古しは機械で詰まることになるので出てこないわけですが、そうでない少し折り目の付いていた旧紙幣はよく出てきます。(誰かが振り込みに使用した、銀行側が再利用してる等)期待しないほうがいいです。少なくともコンビニATMはよく使いますが、新札に出会うことはなかったです。以前銀行のATMで出てきたことはありますが必ず出る保障は当然無いです。

銀行等の窓口は人件費がかかる都合により、口座がある人のみであったり、有料のことがあるのは注意です。1万円を新札に変えても利益なんてありませんからね。受付時間も9:00-15:00と社会人には手間のかかる時間しかやってないことが多いです。ただ、善良な会社なら、事情を説明すれば遅れて出社であったりお昼に一度抜けるのを拒否されることはないかと思いますのでその時間に行うのが無難と思います。

三井住友銀行ではまず入り口の受付件警備の人に両替(同一金額であっても新札に変えるのは両替の一種)希望というと、カードがあるか聞かれました。無いと言ったら紙を書けば無料でできますということで、記入用紙をくれました。記入用紙には新札のチェックがあるのでこれをすることで確実に新札に換えてくれ、無料で封筒もくれました。9:00丁度付近に行きましたが、先客もいなかったので、数分で済みました。

郵便局は昔は両替をやってなかったようですが、民営化にともなってやってくれるようになりました。貯金用の有人窓口で新札で両替と言えば変えてくれます。銀行同様遅くまでやってないので注意です。

1万円をよく扱うお店で変えてもらう手もありますが、普通のお店では間違いなく嫌がられるのでやらないようにしましょう。式場では新札に換えてもらえるようですが、無かったときに悲惨なのであまり当てにするのは望ましくないかと思います(おそらく用意してあるかとは思いますが)。



posted by okoya at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年01月17日

Delock社の62637(SDカードをコンパクトフラッシュに変換するアダプタ)のベンチマーク

SDカードをコンパクトフラッシュに変換するアダプタのテストその2です。Delock社の62637です。
 Amazonで2700円程度
カードの厚みの違いとしてtype1,type2がありますので間違わないように注意ですね。
パーティションを複数設定した場合でも正常に各機器で動作できるものになります。

以下は変換機のベンチマークの結果です。使用したSDは
 HDMCSDX64GCL10UIJP2 (読み込み82MByte/s,書き込み18.4MByte/s、単体のベンチマークへ
カードリーダは前回と同様、buffaloのUSB3.0対応カードリーダBSCR09U3 楽天で3500円くらいを用いています。ファイルのフォーマットはipod用にフォーマットしてあります(itunesでフォーマットしたFAT32)
62637-02.gif
読み書きともに前回評価のebay購入のアダプタと同等の結果となりました。変換機の速度としては安物を使っても大差ないのか、またはカードリーダーの限界なのか。この結果だけでは判断は難しいようです。

ちなみに内部で使用されているICは樹脂封ししてあったためい製造元は不明でした。
62637-01.gif.jpg

Delock社62637とCFをZIFに変換するアダプタを利用することでipod 第5世代 Videoでも利用することはできました。(前回のebay購入品では無理だった)。CFをZIFに変換するアダプタは安物でも何でも問題ないようです

HIDISC HDMCSDX64GCL10UIJP2(UHS-1)のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/431405762.html
CFカード GH-CF8GDの読み書き速度(RCF-CBA2,BSCRA49U2)
http://okoya.seesaa.net/article/185532343.html
BSCR09U3WHの購入
http://okoya.seesaa.net/article/412215854.html

posted by okoya at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年01月03日

SDカードをコンパクトフラッシュに変換するアダプタのテスト

SDカードをCFに変換するアダプタです。ebayで1000円程度でノーブランド品?が買えます(ebayは買って住所入力フォームにローマ字入力してお金払えば勝手に着ますので英語力は必須ではないです。海外発送なので到着に20日くらいは覚悟が必要です)
当方入手品は型番の記載はなかったですがZC14400,21470612というものになるようです。3mm厚みになるtype1になります。(type2は5mm厚み)
CFカードの大容量タイプは値段が張るため、このような変換機器を介したほうが安く済む場合があります
zc14400-01.jpg
諸注意としてはただの記録メディアとして利用する分にはどれでもよいのかもしれませんがtrueIDEを使い、さらに特殊なことをする場合は安物では実現できないことがあります(IPOD用のHDDの代わりにするとか)。
・パーティションを複数設定すると機器側で容量0になってしまう、フォーマットもできない。(普通のコンパクトフラッシュとしてカードリーダにつなぐと58Gの容量が見える)
・容量の認識はでき、機器側でパーティションを分割するようなフォーマットは一応できるが、フォーマット失敗して再度フォーマットを要求される

特殊な用途に利用するのであればdelock社の62637がよいかと思います。カードの厚みの違いとしてtype1,type2がありますので間違わないように注意ですね。


普通のリムーバブルメディアとして認識されるとパテーションを複数配置することがwindows上からは制限されることに起因するのかもしれませんが、よくはわかりませんでした。


以下は写真のebayで購入した変換機のベンチマークの結果です。使用したSDは
 HDMCSDX64GCL10UIJP2 (読み込み82MByte/s,書き込み18.4MByte/s、単体のベンチマークへ
になります。
カードリーダは前回と同様、buffaloのUSB3.0対応カードリーダBSCR09U3 楽天で3500円くらいを用いています。ファイルのフォーマットは購入時のままexFATになります。winxpのパソコンはアップデータがないと読めないので注意が必要です。最近のではないスマホなどでも同様に認識されません。FAT32でフォーマットしなおせば認識する機種もあるようですが。
zc14400-02.gif
読み書きともにだいぶ低下してしまったようです。以前購入した(8GB x233倍速)に近い速度になりました。一度変換が入るのでやむ終えないところでしょうか。
ちなみに内部で使用されているICは無記名のもので製造元は不明でした。
zc14400-03.jpg



HIDISC HDMCSDX64GCL10UIJP2(UHS-1)のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/431405762.html
CFカード GH-CF8GDの読み書き速度(RCF-CBA2,BSCRA49U2)
http://okoya.seesaa.net/article/185532343.html
BSCR09U3WHの購入
http://okoya.seesaa.net/article/412215854.html




posted by okoya at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年12月19日

HIDISC HDMCSDX64GCL10UIJP2(UHS-1)のベンチマーク

HiDiscの低価格microSDXCカードHDMCSDX64GCL10UIJP2です。
 HDMCSDX64GCL10UIJP2 64G 2300円ほど
製造元はPHISON社でSD64Gというモデルが元になっているようです
UHS-1なので読み込み速度は結構速度はでます。容量が大きいので書き込み速度は早いほうが便利かと思いますが今回のは余り速度は出ないようです。安物という感じですね。
ただ、読み書きに使ったリーダーによっても速度が変わるので注意が必要です。
今回はbuffaloのUSB3.0対応カードリーダBSCR09U3 楽天で3500円くらいを用いています。
ファイルのフォーマットは購入時のままexFATになります。winxpのパソコンはアップデータがないと読めないので注意が必要です。最近のではないスマホなどでも同様に認識されません。FAT32でフォーマットしなおせば認識する機種もあるようですが。
HDMCSDX64GCL10UIJP2-01.gif
(諸注意:製造時期により使用すパーツが異なり、速度に差が出る場合があります)

SDSDQAB-064G-BLK01
http://okoya.seesaa.net/article/415594380.html?1450520151
BSCR09U3WHの購入
http://okoya.seesaa.net/article/412215854.html
class10 16GByte SDカード(ST16MSC0A)の読み書き速度
http://okoya.seesaa.net/article/223499720.html

posted by okoya at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年11月15日

MQ01ABF032 2.5インチ320Gのベンチマーク

MQ01ABF032のテストです

HD tune2.55でテストをした結果を載せます
条件:
5400rpm 8Mキャッシュ,7mm厚み
・ファームウエア:---
・Windows7
・windows標準コントローラ
・NTFSフォーマット

昔のデスクトップ用ほどの速度が出てますね。
MQ01ABF032-02.png

参考
Western Digital WD30PURX-64P6ZY0[purple]のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/405428627.html
HTS725050A9A364(0S02599)のベンチマーク(速度)
http://okoya.seesaa.net/article/186614402.html




posted by okoya at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2015年11月08日

IW-CE685/300Pの購入とテスト

INWIN IW-CE685/300Pのレビューというか使用感になります。MicroATX / Mini-ITX対応のスリムケースになります。

・電源の音は静かでした、発熱が小さい(Platinum対応で高効率なので)こともあるかとおもいます。
(型番で300pと付いていないラインナップもありますがこちらは電源の性能が違うので注意です)
・作りはしっかりしていそうですし、よい感じかと思います
・最近のケースらしくUSB3.0がフロントについているのいいですね。
・マザーボード用電源ケーブルがぎりぎり?でした。最初は入らないかと思いましたが、無理やり伸ばしてあげたら何とか実装はできました。微妙に変な力がマザーにかかっている気がします。ファンの手前付近に電源コネクタがあるMBはなにかしらで延長したほうがよいかもしれません。
・ケースファンは思ったより静かでした。回転数が低いからでしょうか。風速もそこまで大きくはない感じ。
・CPUのクーラーは背の高いのは使えないので注意です。RR-V211-15FK-R2(楽天で3000円前後)は問題なく使えそうです。これよりも背が高くなると、ファンの吸い込み側の空間がなくなってしまって正常に冷却できなくなる可能性が高いです。(そのときはケースにメッシュ穴でも開けて、外気取り込みにでもするのがよいかと思います。(電動ドライバかドリル利用)
・3.5インチベイが付いてますが、特殊な奥行きのないものしか使えないです(95mm程度)。ケースファンをはずすのはリスクが高いのでお勧めしませんし、はずしてもフロッピードライブサイズ(120mm程度)のものは実装できない寸法になります。
・HDD、ファン固定などでねじなしで固定できるのですが、やり方がよくわからなくて(マニュアルもなくて)苦戦する箇所がありました。めったにいじらないので実害はないかもしれませんが、もうちょっと親切でもいい気はします。
・ねじも2個だけ寸法が違う(ミリねじインチネジ)のですが説明がない(MB用と思います、2箇所だけ固定部の形状が違う)。
・電源部のLEDは白でした。輝度は高いです。もう少し輝度を下げてもよかったのではと思います。
 IW-CE685/300P 楽天参考価格

P1000730a.jpg

Fractal Design Arc Midi R2(PCケース)を購入、テスト
http://okoya.seesaa.net/article/366584268.html



posted by okoya at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー