2016年07月18日

intel Core i3-4170 3.7GHz のsuperPI

intel Core i3-4170 3.7GHz (LGA1150,Haswell)です。
 周波数:3.7GHz、2コア4スレッド
 GPU Type: HD 4400
 SuperPI 1M: 10秒761(super_pi_mod-1.5利用)
i3-4170-01.gif


intel Core i3-4130(LGA1150,Haswell)の消費電力測定
http://okoya.seesaa.net/article/393863218.html



タグ:superPI CPU Intel
posted by okoya at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年07月09日

xpedia z3 compact液晶の自力修理のコツ

修理はしましたが、結局ディスプレイが浮いてきてしまいました。自分で交換するにはコツが必須のようです。素人には厳しいようですね。修理したときの所感やコツと思われるもののメモです。丸暗記して取り組むのを推奨します。

・素手でテープに触れない、
・既存のテープの残りを完全に除去、
 ・布テープガムテープでぺたぺたやると残留粘着物は結構取れます
・垢と手油、テープの残物はエタノールで除去[さびない箇所であればエタノールを水で薄めたものである消毒液で代用は可能な気はしますが、あまり実例はみつかりませんでした、最小500mlからしか買えないのは悩ましい]、
・かるくヤスリがけをして凸凹させる[100円ショップで買った紙やすりのセットを使いました]、ディスプレイ側は深く傷つけると黒い塗料がはげて透明板になりましたので注意です。
・ディスプレイ側のフラットケーブルは最短で折り曲げないと蓋と本体の間に挟まってディスプレイが浮きます
・浮き上がりの原因になるのは上端のスピーカーのところの金属ばね、下端のフレキシブルケーブル
(やる気があるならスピーカー部は汎用ボンドを少量つけるのもありかと思います)
・フレキシブルケーブルは折り目をつけて戻る力を減らしてあげる必要があります(ディスプレイ端付近の隙間があるところは圧力に非常によわいので力をこめてはいけません、折り目はつけないほうが無難ではありますが、ディスプレイが浮き上がる原因になるのが悩ましいところ)。スピーカーをつけずに、購入時の状態で机に置いた段階で浮き上がるかと思いますがこの力が馬鹿になりません。特に安物のテープでは粘着力がないので本体があつくなったときに、浮き上がってきます。両面テープなしの状態で実装してみて浮き上がりを最小限にしてあげても当方の技術(と安物テープ)では浮き上がってきていました。
・加工済みのテープは寸法が合っていない場合があるようです。あっているのもありますが。(長手方向は合うようなのですが、左右側、短手方向が0.5~1mmずれています)。この場合たてにぶった切って長さ不足分を上端下端中央に持ってきたほうがましです。脇の1mm幅のテープがつけられないのは致命的に問題ありです。
(加工したところは隙間になりますので防水性能は期待できません)
・中央の銀色のところ(ピンクのシートが貼ってあったりしますが)は両面テープをつけてはいけません(ディスプレイ側が液晶とバックライトで分離してしまいます
・微調整は100円のプラスチックのピンセットを使って(素手で触ると粘着力が落ちるので使えなくなります)
・フラットケーブルが刺さっている付近を無理やり分離すると、ディスプレイが壊れます。タッチパネルだけ、液晶だけ、の交換はできないんじゃないでしょうか?
・下端をしっかりと端に押し付けながらつけ始める(すこしでも内側上方にずれていると後から入れた上端が本体と接触して収まりません、無理やり入れられはしますが液晶がゆがんで経時変化で持ち上がりますので両面テープつけなおしで入れなおしてください)。水平にして全箇所いっせいに付けるイメージのほうがいいのかもしれませんが、ケーブルのところがうきあがるので簡単では無いか?
・2-3セット買っておいて何回か試す覚悟が必須でしょうね。
・貼り付けた後は重しを乗せた状態でで12時間固定でテープ両面となじんでから使用する(文庫本10冊と2Lペットなど)、ただしこれでも浮き上がってしまいましたが…。
・使用する両面テープは熱による粘着力の低下の無い特殊なものが望ましいです(購入時に明示されていないので選別ができませんが)
 ・スマホが熱くなったときにはがれる可能性があります
 ・たとえば3M 300LSEというのは下記特性
  ・高温保持力に優れた粘着剤を使用
  ・ほとんどの被着体に対し高い接着力を発揮
  ・5sローラーで 1 往復圧着。室温で72時間養生後粘着力評価

・ディスプレイとセットで付いてきたテープ(CL03076B):大きさはぴったりなので少しでもずれるとはみ出します。粘着力が弱く、充電したときの発熱などではがれました。
・別途購入のテープ:横幅が少し小さくてサイドが固定できなかった。粘着力微妙?

xpedia z3 compactの液晶の修理の選択肢
http://okoya.seesaa.net/article/439644345.html

AQUOS Compact SH-02Hの待ち受け時間(待機時間、電池の持ち)が悪い
http://okoya.seesaa.net/article/440791494.html


posted by okoya at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年07月03日

xpedia z3 compactの液晶の修理の選択肢

xpedia z3 compactの液晶を割ってしまった場合の修理のメモです。保障に入っている場合はぜひ利用すべきですが、入っていない場合選択肢は下記になります。国内に部品だけを販売している業者が見当たらないため、自力修理は結構時間がかかりますので注意です。
□ docomo : 2万円くらい?、1週間、データリセット(本体丸ごと交換)の可能性アリにつきバックアップを取る。代替器貸し出しOK
□ webの業者:2.5万円くらい、修理時間は3時間程度ですむとのことなので急ぎならばこれ1択
□ Amazon部品購入自分で修理:9千円程度、今現在は中国の業者が販売中、輸送だけで10日は覚悟が必要。たまに10日以上かかりますが運に依存するので業者に文句言ってもしょうがないです。おそらくebayなどに出してる業者から代理購入しているだけ。非純正なので輝度や画質が変わります。
(両面テープが付いていないことがありますので注意する。似たようなものが複数ありますが、マケプレ発送業者は結局同じで、付属品に何が付くか、や液晶の品質などはこの業者に依存します。)
□ ヤフオク部品購入自分で修理:同Amazon,国内在庫もちで無い業者(中国発送)が大半かとおもいます。
□ ebay部品購入自分で修理:32ドル程度(送料込み)、両面テープが付いていない、工具が無いことがありますので注意する(別途買えばよいです)。中国香港の業者が販売中、輸送だけで10日は覚悟が必要。たまに10日以上かかりますが運に依存するので業者に文句言ってもしょうがないです。基本安い発送方法(追跡番号なし)が多いです。同等の機能を有した代替品がほとんどです[非純正なので輝度や画質が変わります]。
(ebayは買って住所入力フォームにローマ字入力してpaypalアカウントでお金払えば勝手に着ますので英語力は必須ではないです、不良品つかまされたときにまずコンタクトを取る必要があり、対応が悪い場合は悪評価を別途つけたりも)
(LCD Z3 compactで検索すると30ドル以上で出てきます)

代替器にできるものについて:
docomo契約ならば、ドコモ販売機種か、simフリーと呼ばれる機種[要設定かと思います]を適当に用意すればいいです。ガラケーでも通話だけはできますが、インターネット系(メール)は通信自体ができないかもしれません。
AU契約でAU販売機種を代替として使う場合はSIMロックとは別に、最初にさしたsimカードしか使え無かったりする可能性がありますので注意です(他人のをかりれない)。
なお、AU購入品をAUショップに修理を出した場合、代替器はガラケーのみのことがあるようです(スマホ自体が無い、電話としての用は足りてるので料金は払わされます)。

代替器用SIMカードについて:
基本的には大きさが複数あるので、利用機種にあったサイズのものを用意しないとはずせなくなるなど大変なことになります。根性で何とかなる話ではありません。変換アダプタというのが楽天などで100円以下で買えますのでこれを用意しましょう。秋葉原などでも購入できるかと思います。ただ、普通の電器屋で売っているようなものではないので注意です(ヨドバシのweb通販でも扱いがあるようですが、店舗でもあるのでしょうか?)


タッチパネルの壊れたZ3Cの操作方法:
タッチパネルだけが壊れた状態であれば、マウスを接続することでカーソルが出てくるようになり、指同様の操作ができるようになります
「USBマイクロ→USB-A変換ケーブル」とUSBマウスの組み合わせで接続します。このときUSBホスト対応(OTGとも呼ばれる)と明記された変換ケーブルでないと使えないのは注意です(信号のつなぎ方が違うので,パッケージに書いてないのは絶対使えません)。ノーブランドの安物であれば100円程度ですが、普通の電器屋では600円程度はします。

xpedia z3 compact液晶の自力修理のコツ
http://okoya.seesaa.net/article/439867487.html
AQUOS Compact SH-02Hの待ち受け時間(消費電力、待機時間、電池の持ち)が悪い
http://okoya.seesaa.net/article/440791494.html




posted by okoya at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年06月26日

DD-WRTでサービス情報サイトにつなぎたい

DD-WRTでfletsのサービス情報サイト(フレッツ・スクウェア)と思ったわけですが、どうやら単純には不可能というのが結論のようです
PPPoEを2セッション設定する必要がありますが2016年現在で、その設定が標準のGUIではできません
 自分で特殊なコマンドを打ったり、ルーティングテーブルを個別に設定する技術があれば別ですが
2つもセッションを持ってがんばるのは海外では一般的ではないようです
"PPPoE Dual"という設定も出てきますが、いまのところ使い方がよくわからない機能でした

ということで簡単に済ます別の方法は
1.DD-WRTでServices -> Services タブ -> PPPoE Relay
を有効にし、保存とルーター再起動
2.PC上 コントロールパネル -> ネットワークと共有 -> 新しい接続または〜
-> インターネット接続 (-> 新しい) -> PPPOE〜
 ユーザー名 : guest@v4flets-east.jp
 パスワード guest
 接続名  :お好みで、 サービス情報サイト とか
接続テストはスキップで完了、または"接続をセットアップ"。
3.タスクバーのことろボリュームのアイコンの隣当たりにあるパソコンのマーク左クリック
4.サービス情報サイトに接続
5.用が済んだら3.のところから切断をする(インターネットにつながらなくなるので)

4が済んだ段階で下記 フレッツ サービス情報サイトにつながります。
http://www.v4flets-east.jp/
プロバイダに依存しない回線自体の速度測定や各種申し込みができるようになります

dd-wrtでDDNS,ieserver.netを使う
http://okoya.seesaa.net/article/430609164.html
tftpを使ったファームウェアの更新(DD-WRT)
http://okoya.seesaa.net/article/407070101.html
WSR-1166DHPにDD-WRTを適用する
http://okoya.seesaa.net/article/442415205.html




posted by okoya at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年06月17日

HDMIディスプレイ切り替え器、opitcal付き

中国製のディスプレイ切り替え器のテストと中身チェックです。
約3000円で、音声の出力端子(光デジタル,コアキシャル,アナログ)も付いている珍しいタイプになります
メーカー名が明記されていないノーブランド品のようです。
(CHEERLINKというのがメーカー名になるようです)
SWITCH_HDMI_01.jpg
箱はほとんど無地のものに入ってました。4k2kにも対応しているようです。
HDMI 1.4bに対応しており、3Dや4k動画もOKとのこと。レコーダーの地デジ放送も問題なく通過できています
電源が必須なタイプで、マイクロUSB端子と70cmくらいのケーブルが付いてました。コンセントから充電するには別途充電器を購入する必要があります。大創産業で200円で買えます。最近のPCは常時給電されているUSBポートがあることがありますのでこれでも代用できます。
ケーブルの接続は裏側にまとめられています。たまに出力だけ反対側に付いているのを見かけますが、使いずらいかと思いますのでそちらはお勧めしません。
リモコンは付いていますが、操作がちょっと直感的ではない気はします
正面のボタンを押すことで、電源の生きている機器だけを切り替えられます。
入力は3、出力は1になります。
正面の赤のLEDはちょっとまぶしいです(マジックで塗るとよいようです)。
音声が光で出力できるので外付けのアンプ、スピーカ等に高音質で渡すことができるはずです。
(音声の出力端子にこだわらなければ2000円以下で買えるものもあります)
SWITCH_HDMI_03.jpg
使用されている部品は
sillicon image sil9533cnuc
マイコン(赤外線ボタン用?):ST STM8S00 SK6T6C
HDSDX0301_MHL

参考Amazonにおける切り替え器参考価格 


購入元
CHEERLINK 3 x 1 HD 3D 4K x 2K 2016P HDMI 1.4b Switch w/ MHL,
5.1/2.1 Audio Channel - Black
http://www.dx.com/p/352002
(HDMIケーブル自体は大概付いていないので、ケーブルの数が不足する場合別途買うのを忘れない)

HDMIディスプレイ切替器SW-HD31のテスト
http://okoya.seesaa.net/article/401143740.html



posted by okoya at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年05月31日

SDSSDA-120G-J25Cのベンチマーク

SanDisk SSDプラス シリーズ(SDSSDA-120G-J25C)のベンチマークになります。
付属品は特になしです。3.5インチとして利用するなら変換アタッチメントが必要ですね。固定しなくても利用はできますが。

仕様は
・7mm厚
・読書速度は520MB/s、書き込み180MBとあります
・重さは31gと極めて軽いです(他社のSSDでは80gなどもあります)

○ベンチマーク
windows7, アライメント調整済み,
ランダムデータ書き込み(CrystalDiskMark3.0.4)
本体ファームウエア:Z22000RL
SDSSDA-120G-J25C.png
・読み込み:490MB/s, 書き込み211MB
ほぼ仕様どおりの測定結果でした。書き込みはもっと早いドライブも売ってますが、おそらく通常の使い方では不要化と思いますので、読み込みが早ければ十分かと思います

SDSSDA-120G-J25Cの楽天参考価格


SD7SB6S-128G-1122 128GBのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/424657469.html
HDDからSSDへOSパーティションの移行 アライメント フリーソフト
http://okoya.seesaa.net/article/368452191.html
ASP900S3-64GM-C-7MMのファーム更新[5.2.5]
http://okoya.seesaa.net/article/401681927.html


タグ:ssd HDD SanDisk
posted by okoya at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年05月21日

V3SZK-016G-BKのベンチマーク(USB3.0対応メモリTOSHIBA)

USB3.0対応、ドライブ自体のパスワードロック機能のあるV3SZK-016Gのベンチマークをしてみました
ソフト上で確認したところphison社 PS2251-07(USB3.0対応のコントローラ)というICを使用しているようです。
書き込みのLEDは付いています(青)。キャップは後ろ側にさせるようなのですが、軽く固定できるだけで完全に刺さる構造ではないようですので、なくさないように注意ですね。
V3SZK-016G-BK-03.JPG
TransMemory-MXはパスワード保護(ロック)がかけられます。
http://www.toshiba-personalstorage.net/support/download/usb/security/tnub/software/security02_j/TransMemory_Secure3.zip
他社の安物ではGreenHouceでも同等機能を有しています(Imation、TDK、にも以前はありました)。それ以外の安物だとドラッグ&ドロップで個別に暗号化するソフトだったりしますが、PHISON社コントローラを使ったものはドライブごとパスワードで保護できるようです。
使い方は
USB刺す→中のアプリ起動→パス入力→未暗号化領域が無くなり、保護領域のドライブを別ドライブとして認識→保護ドライブに書き込んだものはもれなく次回刺すときに自動でパスが必要となる。→個別のロック操作不要で抜き差しOK
というかんじ
V3SZK-016G-BK-04.gif
本製品では隠し領域の大きさが指定できます。ただし、運用上は通常エリアがあると隠し領域を使わなくなるので全部隠しのほうが安全かとおもいます。
パスワードの再設定(パスワードを複数回間違と自動的にフォーマットされます)だけでは保護領域のファイルは復元できないので基本的には安全と見ていいと思います。
ただ、ICチップ自体はAES暗号非対応で暗号化しているかどうかはあやしいので物理的に改造されるとどうなるかは分かりません
(一般人がデータを取り出すのは無理そうです)

以下ベンチマークですが黒V3SZK-016G-BKと白V3SZK-016G-WHの両方を入手しましたので両方試しました
白の方が書き込み速度が高速となりました。

V3SZK-016G-WH-01.gif


V3SZK-016G-BK-01.png

入手したロットが
黒:2015.7のファームが載っている
白:2014.7のファームが載っている
ということで、中身の仕様が違ったようです
内部のコントローラーとしてはTC58NC2307G6FやTC58NC2307G5Fと記名のあるチップが使われているようです。phison社のロゴが付いていませんが、OEMかなにかで表面の記名だけ東芝のロゴなのかもしれません。

V3SZK-016G-WH 楽天で800円くらい




GH-UF3LA8G-WHのベンチマーク(USB3.0対応メモリ)
http://okoya.seesaa.net/article/436666858.html
暗号化USBメモリのアンチウイルス付き、HUD-PUVS02GM1,HUD-PUVS02GA1のテスト
http://okoya.seesaa.net/article/398478106.html
USBメモリ TDK TRANS-IT ベンチマーク(暗号化)
http://okoya.seesaa.net/article/144164549.html




posted by okoya at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年05月07日

カシオPRO TREX PRW-6100YT-1JFの購入、レビュー

カシオのPRO TREXシリーズcombination lineのPRW-6100YT-1JF (5470)のコメントと写真です。太陽電池と電波時計が付いていて、デジタル(液晶付き)とアナログが兼用されているタイプになります。デジタルがついているのでストップウォッチやタイマーが利用できます。液晶がついて兼用されてるのは、大概のひとはG-shock,wave ceptor,lineage,PRO TREX。他社ではシチズンのsolarmateシリーズから選択することになります。
PRW-6100YT-1JF-01.jpgPRW-6100YT-1JF-02.jpg
PRW-6100YT-1JF-03.jpg
 PRW-6100YT-1JFの楽天参考価格
参考の説明書(No.5470)

以前所有のlineageとの比較などコメント
・MOV'T(movement、機能)はPRX-8000Tと同一になります(PRW-6000YT-1JFとは違うようですが、カタログスペックは差は無いようです)
・用いられているバンド[S-1385N]はチタンをブラックIP(イオンプレーティング)という表面処理(めっき)がしてあるものになります。[シリーズもので樹脂バンド品もあります]
・ストップウオッチは24時間対応(PRW-5100-1JFは60分までだったり、制限がある機種はあります)
・ガラスは無反射コーティングサファイアガラスになります
・据え置き状態での温度の測定機能は温度計付きの時計と同一の値を示していました。ただ、手につけると体温の影響であからさまに上がります(体温と気温の中間くらいの値に落ち着くものと思われますが)。気休めですね。もう少し何とかならんのかと思いますが。
・腕への止め具はダブルロックとなっています(PRO TREXシリーズの標準のようです)。他の腕時計同様の方式で既に指が2本無いとはずせないので、あやまってはずしてしまうことはほぼ無いのに、さらにカバーをつける意味は理解できませんでした。取り外して無効化できるかと思ったのですが、どうやら簡単にはずせる構造で無いようで、この点は大いに残念。オプションとしてはずせるようにしてほしいものです(別売りにしたら何人が買うのかという、日常での使い勝手を悪化させる機能です)。
PRW-6100YT-1JF-04.jpg
・バックライトのLEDライトは白でした。
・バンドの調整は自分でもできますが(Cリングのタイプです)、必ずやり方を見ておいたほうがいいです、構造は単純に見えますが間違うと面倒な事になります。
(工具はゼムクリップとラジオペンチでも代用可能でしたが、キズ等をつけてしまうかもしれませんのでお勧めしません。結構かたいので力が必要です)
・lineageと比較して、大きく重いです。多機能なのでしょうがないですが。
 ・重さは112gとのことで、データシート上ではlineageよりも37g重いです
・PRX-8000T-7AJFとの比較では、DLC処理(ベゼル部)、チタンカーバイト処理が無いことが差異になり重さは6100のほうが28g軽量。
・PRW-6100FC-1JFは樹脂バンド採用
・PRW-6100Y-1AJFは樹脂バンドと無機ガラス採用
・PRW-6000YT-1JFとの比較では、ねじロック式リューズ、STN液晶が差になる?


CASIOの電波,太陽電池腕時計wave ceptorが寿命っぽい(アナログ、デジタル)
http://okoya.seesaa.net/article/250268931.html
カシオLINEAGE LCW-M100TD-1AJFの購入、レビュー
http://okoya.seesaa.net/article/256704444.html



タグ:時計 CASIO
posted by okoya at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年05月04日

ノートンセキュリティのアメリカ版、海外版を利用する

ノートンセキュリティの海外版を日本から買うことができます
・アメリカアマゾン(ダウンロード販売、ただし米国の住所登録が必要[ダミーで可、たとえば輸入代行業者の住所とか])
・ノートンの純正オンライダウンロード販売

ただし、そのままNSやNSDを適用しようとすると、「プロダクトキーはお住まいの地域では無効なので製品のアクティブ化に使うことはできません-2009」等エラーが出て認証できないかと思います。(エラーが出た場合はノートン マネージメントというwebベースのサイトにキー自体は登録されていますが、有効期限が開始されない状態になります)
以前NIS米国版を購入したことがありましたが、こちらは何の細工もなしに利用できましたので、ここ数年で対策をしてきたようです
(以前は中国版NISが転売されたのですが、こちらは早々認証エラーになる対策を講じてはいました)
逆に海外に在住しているときに日本で購入したキーを適用しようとしても同様にはじかれるかと思います

この時の地域チェックとしては認証サーバーに接続したときのIPがどの地域で利用されているものかで判定しているようです(期限の更新、延長のときもIPによって販売元webページを切り替えていました。米国体験版を延長しようとすると、日本のエラーページ?に飛ばされ購入しか選択肢が出なかったりします)。
ということで、認証したいPCについては毎回、プロキシと呼ばれるような中継サーバーを経由したり、VPNと呼ばれるサービスを経由したりすることでIPを購入した国のものにしてあげればノートンセキュリティ自体が日本語体験版だったり、日本語OSで使用していても認証が通せます。(プロキシでは認証を通すのは簡単でないようにみえましたが)。認証後はIPが日本のPCでもアップデートができているようです。なお、大型アップデートで再起動が必須なときなどには認証がリセットされるかもしれません(まだ未確認)。



補足:NSの種類
日本では下記(セキュリティとしての機能は大差なし)
 スタンダードNS:1台 2980円程度
 デラックスNSD:3台 3980円程度
 プレミアNSP:5台 4980円程度
アメリカ
 スタンダードNS:1台 20〜25$程度
 デラックスNSD:5台 35〜39$程度
 プレミアNSP:10台 39〜49$程度
アメリカ版は期間限定でたまに安いことがあります。まれに上記よりも安いときもあります。
(NSDが20$台でアメリカアマゾンで購入可能であったりとか)。
現在やっているキャンペーンサイト
NSP 39$
http://buy-static.norton.com/norton/ps/bb/3up_ns1_ns_nsbu_ca_en_60tw_nbcomp.html
NSD 35$
http://buy-static.norton.com/norton/ps/bb/3up_ns1_ns_nsbu_ae_en_largo_notw_brnf.html
NS 20$
http://us.norton.com/landing/nss/microsoft/current-offers.html
国内価格参考:
NS1台 20%楽天ポイント付税抜き
NSD3台 20%楽天ポイント付税抜き


Norton security 2015(22)の60日90日無料体験版ダウンロード
http://okoya.seesaa.net/article/430752605.html
ノートンインターネットセキュリティ2013日本語版を安く購入する[3台?1年1980円]
http://okoya.seesaa.net/article/355745977.html





posted by okoya at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年04月28日

32bitのパソコンで4GB以上のメモリを利用する

サーバー用32bitのOSをつんだパソコンでは4GB以上のメモリをつんでいても使用でき、これを転用する方法を編み出した人がいるようですのでその紹介
普通の32bit Windowsでは3.2GB程度までしか認識されないのを使えるようにできます
PatchPAE,PatchPAE2,PatchPAE3
というツールのいずれかを使います。

PatchPAE2まではコマンドを自分で打って改造する必要があります
PatchPAE3はなかにあるスクリプトを実行することで設定を一括でしてくれるようにもなります。ただしロシア語なので説明書が読めないという不都合と、スクリプトがキリル語フォーマットなのでフォーマットの変換が必要です。

以下手順;
0.ファイルをダウンロードします。このときexeだけでなくUSB用のドライバも付いてきます
http://rutracker.org/forum/viewtopic.php?t=4694409
ファイルはtorrentで配布となっています:fix128v42.torrent
1.exeファイルを解凍します。7zという変わったフォーマットなので、専用のフリーソフト等が必要です(expliz,lhmeltなど)
pachPae3_03.gif
2.ntk128gb.vbsを文字コードを指定して開きます。
 emeditor(フリーソフト)を起動→ファイルを開く→エンコードを指定(キリル語)ntk128gb4.vbsを開く→ファイルを保存shiftjis文字コード
 greenpadやmaryなどのフリーのテキストエディタでもできるかと思います
2.2.本ファイルのロシア語部を翻訳すれば日本語解説が見れるようにはなりますが(次項の画像のように)、たいへんなのでお勧めはしません。余計なところをいじってしまって正常に動かなくても困りますし
3.ntk128gb4.vbsを実行します。基本は上部の設定をいじらずに、右下のボタンを押せば一括設定してくれます。(画像は実施済みなので、削除ボタンに換わっています。)
pachPae3_01.png
4.再起動すれば設定が反映されます。起動時に選択肢が出るようになりますが、4Gbとなっているほうを実行することで4gB以上が使えるようになります
pachPae3_02.png
5.お好みでUSBドライバを書き換えます。不具合が出るようなのでその対策と思います。XPなら2003, windows7なwindows2008用をコピーすることになります。ただし、セキュリティの関係でwindowsのそのままの設定では書き換えはできないかと思いますので注意です。
「Trustedinstallerからアクセス許可をもらう必要があります」と出るのでそのままでは書き換えられない
一番簡単なのはUSBメモリにインストールできるlinuxを用意。
→PC起動時(電源押した直後から)F12を連打→起動用ドライブとしてUSBドライブを指定→linuxが起動→ドライブのアイコンからファイルを操作。HDD内のファイルをコピーペースト(兼バックアップ)。再起動がよいかと思います
なおこのファイルはUSB2.0用のようです。3.0が付いているPCでは個別にアップデートをしておいたほうがよいかと思います(intelのドライバの場合)。

補足:
USB系のドライバ更新しない状態では当方環境の不具合として下記が見られました
・USBデバイスの抜き差しで、USB機器全部(マウス、キーボード)が使用不可になる症状がみられるときがあります
・スタンバイからの復帰でUSBを見失うため使用できない(スリープ後1分程度ならば復帰は正常なのですが)




posted by okoya at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー