2008年12月08日

WINTENの2Gメモリ(PC2-6400)

WTDR2-4GBDUAL HMXBLBK8B2PQK6-89Z5(注意:購入時期により物が変わる)と言うやつを買いました。
 PC6400(DDR2-800) 2GByte2枚セット (NBDDR28002Gx2)
シリアルナンバーやCPU-Zの結果からするとつい最近製造品みたいです。
箱に入っていて、箱にもELPIDA(NEC、日立の合弁会社。ただし、格変動が激しいPC用については、大半の生産を、台湾PSC社・中国SMIC社台湾製とのこと、wikiより。)とかかれてます。永久保障とのことです。性能とか特に気にしない人には、値段もやすかったし良い買い物かと。
WINTEN 02 WINTEN 01
PC2-6400 5-5-5-18-23
PC2-4200 4-4-4-12-16
PC2-3200 3-3-3-9-12
WINTEN 03
WINTEN
D2128M8GGZ
0849 K6
TFE041A36-A


メモリが多いと動作が快適になります。パソコンが対応してるなら値段は安いので、増やしておくのがよいかと。
ちなみに4Gのうち1GはXPから見えないので、RAMディスクにして、tempフォルダにしてます。多少快適になったような?というかんじ。


PC-6400 2G×2枚 6層基板JEDEC準拠3140+送料200円

PC-6400 2G ノーブランド1,780+送料200円

12/23
注)最近気になってる人が多い(アクセス数が増えた)ようなので加筆しました


posted by okoya at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年11月16日

SG-605P(メガネの上からサングラス)について

サングラスで度入りと言えば
 ・レンズに色を付ける
 ・クリップオン(跳ね上げができたりするやつです)
 ・サングラス(インナー対応)+インナーフレーム+レンズ
  こういうのとか
 ・オーバーグラス(メガネの上からかけられる)

で、このなかでオーバーグラスを買いました。AXE(アックス) SG-605Pです。
 SG-605P-SM ¥4980 
このシリーズはフレームが黒(シャイニーブラック -BK)半透明(クリアスモーク -SM)なのと2種類あります。
内寸:140mm×高さ46mmなのでこれ以下のメガネの上からかけられます。
偏光レンズ+UVカットなので安物サングラス度入りよりはいいのかな?
 (楽天なんかでは1600円くらいからレンズの着色はできるようです)
偏光レンズの効果は液晶の前でくるくる回すと分かるかと。
スキーなんかでも使えそうですね。
ちなみにオーバーグラスは種類が少なくて国内では山本光学やAXEくらいでしょうか。スポーツ用品店でもほとんどみなくて、あっても1〜2個ですね。

SG-605P 01 SG-605P 02

SG-605P 03


参考:楽天でオーバーグラスを検索



posted by okoya at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年11月10日

手帳用2色ボールペン B2A1購入

手帳は前から持ってたのですが、これ用のペンを新しくしました、
買ったのは
 ゼブラ B2A1 ¥730+メール便160円
というやつ。全長は122mmくらいと、小型の手帳でもすんなり持ち歩ける大きさです。
この大きさで2色が使えるのはいいですね。
替芯(リフィル)は4Cといういろんなものに使われているタイプです。色や太さ(もとは黒と赤の0.7)が気に入らない場合はリフィルを買ってくれば交換ができます。

残念なところは留めるための金具(クリップ)が硬いというところですね。
こういう高めのペンを使ったことが無いので良くわからないのですがこういうものなのでしょうか?ちょっと挿しにくいです。
落ちる心配は皆無なので良いといえばよいのですが…。
B2A1

追記:
やはり固いと不便なので無理やり広げました。まぁあまり広げすぎると取れやすくなるので加減が難しいですが。やるなら少しずつ角度を挙げていって毎回具合を見るのが良いかと。


posted by okoya at 23:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年10月03日

H300シリーズのCF化(RockBox適用)

H320(H340)をCF化しました。その備考録です。
ipodなどでも東芝HDD使用なので同様のことができると思いますが今回と同様に純正ファームで32Gは認識されない可能性があります(ipod用RockBoxで何とかなればいいですが。)。この辺は自己責任で。

ougi1. 用意するもの
・CF
・CFを1.8東芝コネクタに変換する基盤
オリジナルファーム
RockBox
です。

「・CFを1.8東芝コネクタに変換する基盤」は今回DCT-CF18T(多分初期ロット)を使いました。
ただ、これは構造に欠陥ありですね。他の基盤(もしくは改善版が発売されたならばそれ)をお勧めします[この基盤で出来なくはないです]。この辺は用いる機種によると思うのでよく確認したほうが良いかと。

手順は
 1 RockBox化
 2 HDDのデータをPCからバックアップ
 3 CFに付け替え
 4 PCからコピーデータ復元


underpink1.png
ougi2. 基盤の改造
高さはぎりぎり5mmちょっとオーバーな感じです。Master,Slave切り替えビン(青く直立しているやつ)はあらかじめニッパで切って高さ調整します(切らないと8mm位になる)。ちなみに当方の環境ではこのピンがショートしてないとPCから認識されなくなるので除去はしませんでした。また、基盤裏にピンおよび半田が飛び出しているのも注意です。設置後に本体側の回路に触れてショートさせないようにテープなどで絶縁しておくのが望ましいです。
DCT-CF18T
ここで、H320に入れるにはDCT-CF18Tは厚いのでカッターで削る必要がありました。(結構やわらかいのでそこまで苦労はしませんでしたが)。

ougi備考 DCT-CF18Tについて
基盤単体では5mm厚のHDDでも置き換えができそうに見えますが並べてみると欠陥なのがわかります。ピン配置および穴の高さを同一にしたときの写真が次のやつですが、明らかに高さがおかしいと思います。
 ○TOSHIBA:本体上部にピン穴が寄ってる。
 ○変換基盤:本体下部にピン穴が寄ってる。
DCT-CF18T  02
ということでDCT-CF18Tをコネクタに差し込むと東芝HDDより上に飛び出します(逆向きに接続しようとすると高さは何とかなりそうですが、ピンアサインが合わなくなるので電源は入れないこと)。
置き換え機器によってはでっぱりが致命傷になるのでこの基盤はお勧めしません。ただ、物によっては利用できると思うのでよく確認した方が良いと思います。


underpink1.png

H320 CF
ougi3. RockBoxのファームに変更
iriverの純正ファームではTrueIDE(HDDと同じ挙動を再現する)に対応していないCFを認識できない(起動はしましたが容量0となる、フォーマットもできない。USB接続ではPCから見えると思いますが)のでRockBoxのファームにします。TrueIDE対応可どうかは試してみないとわからないかと言うのが現状ですが、安物は対応していないことが多いかも。この作業はあらかじめHDDのときにしておかないとだめです。RockBox化はファームアップデートが伴いますが、CFのままだとアップデートファイルが読めない。


注意1: RockBox化したときのファイルもCFに移しておかないとエラーが出て起動できません。今後削除もしないように。(消してしまったらカードリーダーなどでPCから認識させ、rbutilqt.exeで「RockBoxをオーディオプレーヤーにインストール」をCFに実行)
注意2: HDDをはずすときはコネクタ付近のネジと鉄板をはずしておくと取り安くなります。

使用したCF:
A-DATA Speedy CF 32GB

それとこのファームでm3uを使うにはUTF-8でかかれて無いと日本語音楽ファイルが飛ばされますね。m3uの中身はテキストなのでテキストエディタなんかでUTF-8で保存して拡張子だけ変えるとかするといいかも。

備考
H320(H300シリーズ)にZifドライブを乗せる。
H320のバッテリー交換(HLI-IPOD1XL)
TOSHIBAの1.8インチHDDの種類
DCT-CF18Tの大きさ
H320のバッテリーのもち
Rockbox用bootloaderの作成(iriver H300シリーズ)


タグ:iriver H300 Rockbox CF
posted by okoya at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

A-DATA Speedy CF 32GBのベンチマーク

A-DATA Speedy Conpact Flash 32GBのベンチマークです。
一番安いコンパクトフラッシュです。だいぶ値段が下がってきて7千円代で買えます。今後も値段は下がるので待てば待つほどお徳ではありますが、いつまでも待っててもしょうがないと思うので、買いたいときに買うのが良いかと。

A-DATA Speedy

この結果の注意としては、当方の環境の都合で最大値は出ていない模様。
読み込みは今回の結果の12MByte/sよりは出ると思います。
それ以外は妥当な結果ではないかと。
一番安いだけあって書き込みが遅いです、書き込み速度を要求されるPC用HDDの代わりには使えないです。カメラ用や読み込みが大部分をしめるMP3プレーヤー用でしょうね

CrystalDiskMark 2.2
ougiカードリーダー 3年くらい前のもの
A-DATA Speedy ベンチ1
Sequential Read : 8.834 MB/s
Sequential Write : 5.742 MB/s
Random Read 512KB : 8.838 MB/s
Random Write 512KB : 1.270 MB/s
Random Read 4KB : 2.953 MB/s
Random Write 4KB : 0.011 MB/s

ougiiRiver H300シリーズ(H320+変換基盤)
A-DATA Speedy ベンチ2
Sequential Read : 12.462 MB/s
Sequential Write : 6.967 MB/s
Random Read 512KB : 12.444 MB/s
Random Write 512KB : 1.321 MB/s
Random Read 4KB : 5.397 MB/s
Random Write 4KB : 0.012 MB/s

A-DATA Speedy 32GB ¥7800円送料込み
CF - 東芝1.8inch IDE HDD変換 DCT-CF18T ¥1280+200円

参考
DCT-CF18Tの大きさ
http://okoya.seesaa.net/article/94888465.html
H300シリーズのCF化
http://okoya.seesaa.net/article/107534899.html?1247499954



posted by okoya at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年08月10日

AD-5540Aの改造

AD-5540の改造というかAD-7540A化(AW-G540A化)です。
前回失敗してましたがネットを彷徨ってたら見つけました。
以下に書くことはもちろん自己責任です。失敗しても泣かない。
スペックを比較すると
±R+RW-RW±RDLRAMLabelflash
AD-5540Ax8x8x6x4______
AD-5543Ax8x8x6x4___
AD-7540Ax8x8x6x4x5___
AD-7543Ax8x8x6x4x5

必要なもの
・bootcode書き換えソフト
NECWinFlash.exe
AD-7540用のファームウエア(original1.42bあたり)
です。

まずbfl7540A.batを実行して書き換えます。(7543はLabelFlashというのができるようになります。普通はいらないかと)
いろいろ警告がでるので、よく理解したうえで「y」とか「YES」と入力します。
で、いろいろ書き換えてるログが出た後終了します。

再起動するとPCからの認識が変わります(が動きません。ファームが変だから)。
NECWinFlash.exeを使ってAD-7540用ファームを入れます。
以上です。

RAMテストしましたが確かに書き込めてます。
nero info tool
ここまでくるとNECの最新ファームも使えて1.42bから1.a8(2008/03/03)に書き換えもできます。
ちなみにmaster slaveに関してはどのファームもスレーブとして認識します。(1.42b,1.a8,1.30[AW-G540A])まぁ、変更ソフト(リンク先の一番下から)があるのでPCから認識させれば買えられますが


AD5540Aは実売4300円くらいなので結構お徳?。


参考:
AD-5540Aの書き込みテスト
http://okoya.seesaa.net/article/104072706.html


posted by okoya at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年08月03日

AD-5540Aのテスト

ソニーNEC Optiarc(オプティアーク) のAD-5540Aです。
2008.2月製造のファームが2.01(ですが吸い出してみたところオリジナル2.01や2.01bとも違うみたい。2.01c相当でしょうか?)
価格はとても安かったです。しかしいろいろできそう。

仕様上は8倍速までかけるはずなのにメディアが安物だとMAX6だったりしますが(書き込み品質を保つためと思われる)、スリムドライブの場合は初速が遅いためそんなに早くならないと思うのでたいした違いはないかと。
デフォルトではスレーブ(slave)として認識[2.xx系のファームのとき、1.xx系のときは違うようです]。
CPRMにチェックが入ります。またRPC1用ファーム(リージョンフリー)も存在します(リンク先のサイトにBitsettingというのがありますが、あれはいわゆるROM化と呼ばれるもの。分からなかった人には関係ないのでどちらでも良いかと。)。ちなみにAD-5540A以外にもAD-7590Aなどもあります。

またNero CD-DVD Speedでディスク品質が見れる珍しいドライブでもあります。
pioneer DVR-212との読み取り性能の比較を載せます。
AD5540AでMCC 02RG20(三菱化学)への書き込み(低速部が悪いのはメディアのせい)
AD-5540A MCC
AD-5540AでCMC-MAG.AE1(Richo Mr.DATA)への書き込み
AD-5540A CMC
書き込み性能も今まで試したなかでは良いほうです。ちゃんとした値段のするメディアならきれいに焼けそうですね。

値段も安いですしいい買い物かと

AD-5540 4300+送料

ちなみにRPC1用ファームのところにはこのほかにもたくさんのドライブのファームがあります(DVSM-P58U2/B(AD-7560A)みたいに一部のドライブは無いですが)
追記
AD5540の改造

posted by okoya at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年07月15日

MF-300BR(ボックス型扇風機)レビュー

MF-300BR(森田電工)です。30cmのボックス型扇風機。

30cmファン(普通の扇風機と同じ)だけあって大きめです(縦横高さ:22*45*49cm)。

MF-300BR-W MF-300BR-W
MF-300BR-W
25cm(MF-250B)のほうと違ってリモコンが付いてます。機能も少ないですしリモコンで全操作ができます。タイマーつきなので寝るときも使えるかと(タイマーなしのものは寝るときに使うと体に悪いです)
首振りではなくルーバーが付いてますけどやはりあまり左右上下は広がらないです。まぁ、通常一人しか風にあたらない環境なのでそんなに問題ないですが、もうすこし広がってほしいところ。

とりあえず窓(網戸)にくっつけて外気を取り込んでますが首振りなしで風は広がるのがありがたいです。また普通のよりも網戸に近い(後部におまけがない)ので外気が取り込みやすいです。

消費電力は22/27/37W@50kHz(円に換算すると7時間で6円くらい)と普通の扇風機とかわらない感じ。

不満なのはリズム風(ボックスタイプで付いてるのはみないですが)の機能があったらよかったといったところですね。
普通のと比べると値段が高いのも難点。
温度センサーは自分としては役に立たないので使ってないです。温度の設定があるわけでもないので使うシーンがまったく思いつかない…。無くしてその分安いほうがありがたい。

ちなみにMF-250Bのほうにはマイナスイオンが付いてますが所詮エセ科学[ニセ科学]なので気休めとおもったほうがいいかと(いらないのでその分値段を下げて欲しいものです)

追記
後継機?としてMF-BR30KA,MF-XR30Bがありますが、差は不明(説明を見る限りさはなさそう)

MF-250B-W,MF-250B-A 3300+送600円
MF-BR30KA 5200〜
MF-XR30B 4500〜


posted by okoya at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年07月07日

RDL1225LBKとRDL1225NMB12

RDL1225NMB12(RDL1225B)
RDL1225LBK(RDL1225S)

Xinruilian(シンルイリアン)の12cmファンの二種類(1200 rpm)ですが。ほとんど差は無かったです。

NMBば少し高音側でLBKのほうがちょっと低音側の音、っといったかんじ。どちらも静かです。完璧な静音ではないですが、特に問題ない静かさですね。どうしても気になると言う人は、ファンコンなどで少し回転数を落とすと良いかも。

風量もちゃんと計測しないと双方の違いがわからないですね。カタログ上では1.508と1.416m3/minの違いはありますが。

両者はミネベアベアリングとスリーブの違いはあるので寿命はNMB(ミネベア)5万H,LBK(スリーブ)3万Hとなってます。


RDL1225NMB12 1580円 
RDL1225LBK  1280円 

posted by okoya at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2008年06月28日

OWL-FY1225L購入[12cm ファン]

OWL-FY1225L(WH)(Owltech オウルテック 1350rpm)を買いました。
LEDの付いているのと無いのがあるわけですが、私が買ったのはLED付きのほう。
音についてですが多少音がするという程度で静音ファンと呼べる程度の音ですね。神経質な人は回転数を落としたほうがいいかも。
回転数を1000rpmくらいにおとせばほとんど気にならないです。

定格だとgentle tyhoonに風量、音ともに負ける感じでしょうか。

OWL-FY1225L(WH) ¥1000円+送料



検索用:OWL-FY1225M

posted by okoya at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー