2009年03月25日

iHAS120のテスト

DVR-212のDVD書き込みの調子が悪いのでiHAS120に変えました。
 iHAS120 2520円
デスクトップ用ドライブは今安いのでこのくらいで買えます。
Nero CD-DVD SpeedでDVDの書き込み品質が見れるドライブでもあります。

iHAS120でメディアに書き込んだときの品質の見え方をDVR-212Dと比較しました。
DVR-212よりも低めな結果になるようです。
安物メディアへの書き込みなのでこんなもんでしょうか?

CMC_MAG_AE1 8倍速
MCC 02RG20 8倍速

改造ファームもあります(上級者向けです)。
オリジナルファームウエア
http://www.liteonit.com/DOWNLOADS/ODD/eHAU120/firmware/7L0F.zip

LiteOnドライブ用のツール(フリーソフト)はこちら
[LtnRPCなどを使えばリージョン変更RPC1化もできるかと]


 iHAS120 楽天で2520円など



Nero CD-DVD Speed、Nero info toolsについて
http://okoya.seesaa.net/article/83243692.html?1237908950




posted by okoya at 00:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年03月22日

HP版UJ-120のファームウエア

UJ-120 HP OEM版1.01(BD-CMB UJ-120とPCに認識されて本体ラベルにHPのマークのあるもの)に SONY用の1.03や1.04を適用する方法をあみ出した人がいるようです(1.00でもHP用なら適用できると思います。
その紹介。
(参考: http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1230392345/281 )

バイナリエディタで「UJ-120_for_VAIO_V104.exe」を開いて
 001247BC: AC A7 CE -> B7 BC DF
 00124800: CC -> CD
 00124822: CD C6 -> CA CB
を変えればいいとのこと。
ちなみに、同じ場所をがんばって変えれば「MATSHITA純正」などの機種にも適用できるようです。

PCにつないだときに転送速度が出ない、いわゆるPIO病が改善するとのことです。
マルチワード DMA モード2 [MultiWord DMA-2,PIO4とも言う]

ちなみに書き込み品質に大差はないです。

Ver.1.04 firmwarehttp://vcl.vaio.sony.co.jp/download/EP0000174419.html
Ver.1.03 firmware
http://vcl.vaio.sony.co.jp/download/EP0000154603.html
注:リンク先の「同意する」を押してダウンロードしたものからファイルを抜き出す必要があります。Lhaplusなどの解凍ソフト(CABをdecompressできるもの)を使えば抜き出せるかと

UJ-120の書き込み品質
http://okoya.seesaa.net/article/113319417.html
UDF2.5のドライバ(Blu-ray とか)
http://okoya.seesaa.net/article/113458293.html
BD再生ソフトを手に入れる
http://okoya.seesaa.net/article/112297746.html



posted by okoya at 00:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年03月17日

NF94-270-LFを購入

NF94-270-LFを買って先週末からいじってます。
CPUにATOM N270 1.6G (おもにネットブック用で使われている)が乗ってるので消費電力はとても小さいので元からファンレスです(発熱している電源がそばにある状態でコア温度が55度でした、もしかしたら夏場は冷やしたほうがいいのかもしれませんね)。
NF94-270-LF
これを買うかNETBOOKを買って据え置きにするかで悩みましたが、拡張性を考えてこっちにしました。とりあえずUSB外付けドライブからOSのインストールができました。
 主な仕様は公式HPを見てください(マニュアルも手に入ります)。これを使って低消費電力かつ無音サーバー(ケースファンも無いものを選択すれば)が作れると思います。ワットチェッカーで消費電力はかると25Wでした。
またPCIがあるので好きなカードで拡張が出来ます。自分はLANカード(1000baseT-LANが1000円から買えます)を増設してルーター兼サーバーにする予定(ケースは小さいのを買ったので無理やりケースとLANカードを改造しました)。これはケースファンも付いてないのでほんとに無音で動いてます。耳を近づけるとHDD音がするのがわかる程度になりました。

とりあえずwindowsを入れてテスト中しました。
CPUの性能は今の普通のCPUには勝てませんがちょっとしたことならストレスなく使えるかと思います。
(super PIの結果は93秒)
それと、ahciの設定はbiosにないです。たぶん使えないかと。
ディスプレイですがアスペクト比固定の設定は基本的にできないです(デジタル、アナログ両方)。1280*720あたりはなんとか保持しますが、800*600などは間延びしてしまいます。こっちを参考に別ソフトで簡易的にやるしかないみたいです。

JNF94-270-LF ¥16500円送料込み
T3320-G80W ¥7980円から

T3320-G80W(小型のケース、ファンなし)についての所感
http://okoya.seesaa.net/article/115269150.html?1238676425


posted by okoya at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年03月12日

PCIギガビットLAN

ATOM用の省スペースPCに1000base-tのものを乗せられないかと思い購入してみました。

GN-1200TW2 1340円〜
採用チップ Realtek RTL8169SC
GbE-PCI2 914円〜
採用チップ VIA:VT6122
gigabit01
大きさは玄人志向のGbE-PCI2のほうが高さは5mm小さいです。厚みは大差ない感じですね。
GbE-PCI2
GbE-PCI2
GN-1200TW2
GN-1200TW2

速度も測ってみたかったのですが、当方の環境では正確に測れるかどうかわからないので割愛します。
(といっても普通なら2〜300Mbps(37.5MByte/s)くらい出せればいいと思うのであまり気にする必要はないとおもいます。値段も安いですし性能を期待するのもね。)

ちなみに上記のでも入れるスペースがない(PCIスロットがない)場合はUSBでLANをつなぐことも出来ます。ただしUSB2.0理論値の480MBpsが限界になりますが。
CG-LAUSB2GTR 2630円〜


参考
低価格有線HUB CG-SW05GTPLXBの速度
http://okoya.seesaa.net/article/125274575.html




タグ:LAN ATOM 1000BASE-T
posted by okoya at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年03月07日

T3320-G80Wについての所感

MOREXのケース(Mini-ITX用、atomなどが乗ってるタイプです)T3320メーカーページ
大きさは小さくて、ファンがないタイプです。電源は結構発熱している感じです。ファンが無いこともありやむおえないところですが(ただ消費電力の高く発熱するCPUには注意が必要かも)。T3310-B60Wもありますが電源容量以上の違いはデザインくらいでしょうか。
Mini-ITX用としては最小?[230(H) x 60(W) x 205(D)]
マザーボード(170*170)+α程度の大きさでコンパクトにまとめられます
自分としては場所をとらないこういうケースはありがたいです。買ってよかったかと

取扱説明書?が手抜きでした。電源の仕様くらいかいといてもいいんじゃないかとおもうのですが。
接続用のケーブルは下記になります。
○ケーブル
20pin+4pin
4pin(CPU用)
4pin(PATA HDD)
SATA電源
FDD電源
40pin?(ATA HDD) →44pin(2.5インチHDD)
フロントパネル用USBとサウンド系
T3320-G80W 01

HDDの位置ですが、ケースが結構柔軟に作られてて設置場所は選べるのでケーブルが変に引き回されなさそうです。
それと板(スチール)にがんばってφ3以上の穴を開ければ,HDD2台も可能ですね(トルクの出せるドリル[天で¥2980]で一発か、ダイソーの手回しドリル利用など)。片方のHDDはねじ2個で支えることになりますが。]

光学を入れるスペースはないですが、常時使うものではないのでUSB外付けケース(1000円から)でスリムドライブ利用で十分かと。最近のマザーならOSインストールも出来ますし。

PCIスロットはないです、厚み10mm,高さが40mmくらいまでなら収まりそうです。
(ちなみにLANカード改造+ケース加工で何とか収めることも可能です。半田こてや金ノコが必要です。ダイソーでも買えます)


T3320-G80W ¥7980円から

楽天で売ってる電動の穴あけ工具(選定時はトルクの高いものを)




posted by okoya at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年03月01日

HBH-631($14のブルートゥースヘッドセット)

HBH-631というブルートゥースのヘッドセットがDealExtremeというところで買えます
日本でこういうのを買うと結構値段がしますがここなら安く買えます。
仕様は
 待機:300時間
 通話:6.5時間
 充電:AC100-240Vin 5V0.7Aout
 距離:10m (部屋の端から端[直線距離で7m]は問題ありませんでした)
HBH-631
とのこと。まぁどの程度当てになるかはわかりませんがこの価格帯では一番長持ちするという主張のようです。
追記:
実際使ってみたところ待機状態で20時間くらいでしょうか?DealExtremeのヘッドセットのデータはあてにならないので参考にしないほうがいいかも。50〜100時間待機が大半みたいです。

デフォルトでは左耳につけるようになってますが耳掛けのをマイナスドライバーか何かではずせば逆も可能かと。

ボタンが一個しかないとはいえ説明書の英語がわからない人のために使ってわかったことをちょっと書きます。

ペアリング:電源オフの状態からボタン8秒くらい押す(起動音のあとに別の音がします)
接続機器側でパスワード入力が求められますが、これは"0000"を入力
電源オン:ボタン5秒くらい押す(音がします)
着信:ボタンを一回押すと通話になります。
(電話側の仕様にもよりますがヘッドセット側に着信音が行くみたいです。本体は振動のみ)
また、携帯本体の通話ボタンで一旦取った後、ボタンを押すとBluetooth側に切り替えることも出来ます。
切断:通話時にもう一回押す
リダイヤル:起動した状態で3秒くらい長押し

ドコモの携帯につないでハンズフリー環境が問題なく使えてます。


sku.10487 HBH-631 Bluetooth Handsfree Headset
$13.88 送料無料


参考:
dealextreme.comの利用法
http://okoya.seesaa.net/article/109753796.html


posted by okoya at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年02月21日

H320(H300シリーズ)に80GBのLIFドライブを乗せる。

アイリバーのH300シリーズを分解してみるとわかるのですが基盤のコネクタはどうやらZIF,LIFと相関がありそうです。

ということでZIFケーブルのみをゲットして試してみました
○用意するもの
・ZIF-LIF変換ケーブル(送料込みで550円から)
・半田こて(ダイソーなんかでも安く買えます。420円くらい)

1.H300ピンアサインを参考にZIFケーブル側(青)を改造します。ケーブルの青いのはできるだけばらばらにしないほうが差し込みやすくて取り付けが楽です。自分は2分割にしてます(24-25間でカットして1-23pin側は実装時に一つずらす、色つきのところだけ変更するイメージ)
H300 ZIF

2.半田こてでケーブルを固定しているアース線を取る。これはニッパで切り取っても問題ないです(というか私はハンダこてでとる前に熱で?ケーブル千切れましたが…)
ZIF LIF 05

3.作成したケーブルをさす
ZIF LIF 01
注1)H300シリーズ側、HDDともにストッパ(黒いやつ)があるので上げないと入りません。
注2)H300シリーズ側はZIFだとちょっときついです[LIFサイズだったようです]。ZIFで使う場合は先のほうだけでも削ったほうがよい(カッターでも削れると思います。)
注3)東芝のHDDはストッパのあるものはLIFっぽいのでケーブル厚さ注意。まぁ厚い分には削ればいいんですけど。
注4)HDD側は逆差しが可能です。故障の原因になるので注意。写真のようにコネクタが見える側を天井にしてケーブルを天井側が金属が見えるように挿せばいいようです(普通のLIFケーブルはHDDの向きさえ間違わなければ天地は関係無いように思われますが、今回はケーブルを回想した都合上写真の向きになります)

4.あとはHDDのフォーマットをFAT32にすれば認識するかと。
注:RockBox導入済みの場合はRockBoxプログラムのファイルがないと起動しません

これはH340でも同様にLIFドライブを乗せられると思います。

追記1:
FAT32でフォーマットしたMK8025GALを接続して使用してますが特に問題なさそうです。
純正ファームでもちゃんと残容量も認識されてますし、RockBoxも問題なさそうです。

追記2:
ヤフオクで売ってる”モバイルPC用 1.8”P-ATA HDD変換アダプター”のほうが楽かもしれませんね(お金がだせるなら)。2200円しますが…
これは東芝指定のピンアサイン通りにつないでるだけだと思うので作るのはそんなに難しくはないです

参考(1.8インチHDDのピンアサイン等):
IRIVER pimpen (PDF)
MK4007GALTechnicalNotes-RevA0.pdf
(ミラー、ピンアサインの記載有り)
Interface Connector Layout & Pin Assignment ZIF
ミラー

別記事:
TOSHIBAの1.8インチHDDの種類
H320のバッテリー交換(HLI-IPOD1XL)
DCT-CF18Tの大きさ
H320のバッテリーのもち


posted by okoya at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年02月18日

電気ケトルの選定 SL-26

電気ケトルです。電気ポットとの違いは保温ができなくてただ沸かすだけというところ。
魔法瓶みたいに長時間お湯を保存できるわけではないのでそれは注意でしょうか。

一人暮らしな私には保温機能なんていらないのでこういうのはありがたいですね。ヤカンと違って火をかけっぱなしということもないですし。
各人の用途に合わせてそのつど沸かすか、電気ポットの保温機能で暖めておくかを選択すればいいかと。

選定基準は内容量とワットと最低水量ですかね。
○内容量 : 一度にどのくらい沸かすのかというのは人によると思うので使用にあったものを選択すればいいかと。
○ワット : これが大きいほどすぐ沸きます。1000W近くは欲しいかと
○最低水量 : この関係でコップ一杯分だけを沸かすのはカタログスペック上不可能なものもあります。まぁ水位チェックはしてるかどうか怪しくて守らなくても沸かすことができたりしますが、どうなっても責任はもてません。

SL-26の写真(ケーブルはある程度巻き取れるようになってます)
SL-26 01 SL-26 02
SL-26 03

soleil(ソレイル) SL-26 1Lサイズ 2310円から
空焚き防止機能つき 400~1000mL




posted by okoya at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年02月12日

真空断熱 保温保冷ボトル

JMK-500というやつを買いました。魔法瓶というか水筒というか、飲み物を入れとくやつですね。コップが付いてるわけではなくペットのように直接口をつけて飲むタイプです。
真空で断熱するのでタンブラーなんかとちがって内部の保温効果が高いです。
満杯まで入れた状態で
 95度のお湯 → 6時間後に63度以上
 4度の水 → 6時間後10度以下
とのこと。温も冷もできます。
冷やすほうは夏場は氷を入れておけば温まらない感じでしょうか?
暖かい物を入れるなら最初に白湯で入れ物を暖めておいたほうが温度は持ちやすいのかな。

480mLサイズを買いましたが大きさは500 mLペットよりも一回り大きく[φ7.5*20cm]、手元にあるマグカップより小さいです。
[ふたはφ7.5あります(ふたを取るとφ5.8)、底はφ6.5です、]
ほかにも350mLサイズ(太さは一緒で高さが違うっぽい。),250mLサイズ(太さも一回り小さい)があります。
いままではペットで持ち歩いてたのでちょっと大きくなった印象です。
100均で売ってるペットボトル保温用入れ物がぎりぎりで入ります。
JMK-500 01 JMK-500 02
JMK-500 03

コスト的には500mLペット(スーパーで100円くらい)かかってたのが、1.5Lペット(安くて150円とか)を小分けすればよくなったので、数年で元がとれそうですね。
[まぁ飲み物の値段は自分で麦茶や烏龍茶、コーヒーを作ればたいしたコストではないですが。]
加えて保温能力もアップするので便利です。
会社なんかでも温かいものをこれに入れておけばゆっくり飲んでもさめなくて便利です。

JMK-500 1,750 円から
JMK-350 1,380 円から
JMK-250 1,480 円から


同じコンセプトのものとして
FEI-500,FEI-350
MMK-B045,MMK-B035
ワンタッチ開封のもの
フリーカフェ 350mLマジョーレ 400mL,500mL
JMY-500



posted by okoya at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2009年01月29日

UJ-120の書き込み品質

UJ-120というブルーレイ読み込み対応のスリムドライブです。
普通のスリムが5000円くらいで買えることを考えるとBlue-rayが読めるのがこの値段なら安いので買いました。
 楽天 5980〜
2008.3月製造(HP OEM)でファームは1.01(070821かも)
ノートパソコンにつなぐとデフォルトではスレーブとして認識します。
Nero info toolsによるとCPRMやAACSにチェックが入ります。blu-reyももちろんチェックがつきます。
初期状態ではリージョンコードは設定されていないようです

UJ-120 01

DVD書き込みですが、当方では外付けUSBのケースをデスクトップにつないで使ってますが(楽天で探す)、USBケーブルだけでは電力が足りない模様(今まで使ったドライブでは見られない現象)。2本使わなければ書き込みが途中でとまっちゃいました。ノートPCにつないだ場合も電力不足に注意が必要かもしれません(書き込みエラーや転送速度が十分でないなど)。また、ブルーレイの動画を再生させるならそれ相応のマシンスペックも必要になると思われます。その点も注意ですね。

書き込み品質のNEROによるチェックに関しては悪いです。2倍速での書き込みはメディアのせいでこうなるわけですが、6倍で書き込んでいる部分が特にひどい。4倍までにしておいたほうがよさそうです(それならまともなんじゃないかと)
UJ-120 02 CMC-MAG.AE1(Richo Mr.DATA)への書き込み
UJ-120 03 MCC 02RG20(三菱化学)への書き込み
UJ-120 04 書き込み速度

ちなみに、ソニーのサイトに1.03のファームがありますが適用できませんでした。ソニーOEM用ということらしいです。まぁがんばってソフトを改変すれば出来なくはないんでしょうけど…。

このドライブはソフトは特に付属していないのでこれだけでは市販のBDは再生できません。別途再生ソフトを手に入れる必要があります。
またUDF2.5でフォーマットされたBDもエクスプローラーで中身が見えないと思います(別途ソフトが必要)

UJ-120(HPOEM) 5880+送
スリムドライブ外付けボックス ¥1000+送料

参考:
HP版UJ-120のファームウエア
UDF2.5のドライバ(Blu-ray とか)


スリム書き込みドライブのその他の記事へ



posted by okoya at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー