2017年02月25日

ADATA SSD(M.2) ASX8000NP-128GM-Cのベンチマーク

XPG SX8000 PCIe Gen3x4 M.2 2280 ASX8000NP-128GM-Cのベンチマークになります。
接続がM.2になるので対応したMBか、変換用のアタッチメントが必要になります
(当方が使用した基板はSA-207というものになります[別記事])
最近のSSDらしく5年保障になります。
ASX8000NP-128GM-C-01.jpg
ASX8000NP-128GM-C-04.jpg
128Gの容量なので、OSを入れ、後は必須アプリと速度が必要なものだけ入れる形で利用し、メインの保存データはHDDに入れる形にしました(たまにしか起動しないアプリや音楽データなどは速度要らないですので、マイドキュメントもDドライブのフォルダに移動できます)。
OS更新などを考えるとCドライブにはあまりデータは入れないほうが、後々便利かと思います(Cドライブはいつでもリセットができるようにしておき、保存データが入っているストレージまで手をつけなくて済むように。)

○ベンチマーク
MB:H87-D3H-CF (H87チップセット)
コントローラ:SIM SM2260 (SM2260G)
メモリ:ADATA 121020376B 2枚:片面のみ
(3D MLC NAND, Micron製NW826かもしれませんが情報は無しです)
バッファ:nanya NT5CC64M16GP-D1 x 2
(1Gbit DDR3L-2133 が2枚)
基板rev:BP 4M-1E186014 1643 (ニュースサイトの512GB版から改版が入っています)
windows7用MSドライバ,
ランダムデータ書き込み(CrystalDiskMark5.2.1)
本体ファームウエア:C2.1.3
ASX8000NP-128GM-C-02.png
・読み込み:1047 MB/s, 書き込み707 MB
容量が少ない分載っているチップ数が少なく(ASX8000NP-256GM-C以降は4chip乗っています)、速度も控えめになります
それでもSATAタイプの倍の読み取り速度が出ていますので、PCの速度アップに期待は持てるかと
なおwindows7のmicrosoftドライバではnvmeはsmart情報を読み取る技術が確立していませんので、crystaldiskinfoその他のソフトで表示はされないようです(windows10かintel DriverかSamsungDriverか、その他のドライバが必要)。
非接触の温度計で測定した感じでは、50度近くまで上がっているのは確認できました。smart値としても50度程度までしか上がっていませんでした。2chip品で速度も出ていませんのでそれほど熱くならなかった。あるいはGPUのファンの風が当たっていますので温度は低めに出たものと思います。

ちなみにデータの移行はMiniTool Partition Wizard10のmigrate OS to SSDモードで行いました。移行先のHDDを選択、実行で次回起動時にコピーしてくれますので、シャットダウン後にbiosで起動ディスクを変更、旧SSDをいったん抜く操作をしてあげたところ、特に追加作業も無く起動できました。

windows7で利用する場合は別途ドライバが必要です。intelかsamsungかocz(toshiba)製なら純正のドライバがありますが、そうでない場合は別途アップデータを入れるとのこと
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2990941/update-to-add-native-driver-support-in-nvm-express-in-windows-7-and-windows-server-2008-r2
アップデータ入手のためにはメールが必要です。十分なテストをしていないとの理由によりこの配布方法のようです。(本ドライバはsmartが見えない仕様になります)
また、OS起動用に利用するにはマザーがNVMEに対応している必要もあるようです。古いチップセットマザーでは想定されていないのでUEFI(BIOS)に認識されないのでブートデバイスとして選択ができない可能性も有ります。biosを最新にしてuefiから見えないようであれば使用は難しい。
ただし特殊なnvmeドライブ(Option ROMがついてる)ならば、このbiosの制限を回避して表示できるものもあります。ASX8000NP-128GM-Cの2.1.3は後者でしたので、未対応MBでもbios上から表示されていました。

win7を新規でインストールしたい場合はドライバをusbメモリにでも入れておいてインストール時に選択すると見えるようになる。あるいはアップデートパッチをつけたイメージを作れるソフト(sp+makerのようなもや、gigabyte Windows USB Installation Toolにあるオプション機能で2990941適用させる)でドライバを組み込んでおけば使えるようになるようです。

ASX8000NP-128GM-C 楽天で9000円ほど


参考カタログスペック:
シーケンシャル読み:1000MByte
シーケンシャル書き込み:300MByte

CY SA-207,SSD接続用アダプタPCI express対応品ファンつき
http://okoya.seesaa.net/article/447617293.html
NVMeのsmartをwindows7で見る対策
http://okoya.seesaa.net/article/447842927.html
SDSSDA-120G-J25Cのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/438450864.html?1488031265
SD7SB6S-128G-1122 128GBのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/424657469.html?1488031079





posted by okoya at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年02月11日

samsung PM841シリーズ MZMTD128HAFV-000L1のベンチマーク

samsung PM841シリーズ MZMTD128HAFV-000L1のベンチマークになります。

○ベンチマーク
windows8.1,
ランダムデータ書き込み(CrystalDiskMark5.2.1)
本体ファームウエア:DXT43L0Q
MZMTD128HAFV-000L1-01.gif
・読み込み:538MB/s, 書き込み137MB
書き込みはもっと早いドライブも売ってますが、おそらく通常の使い方では不要かと思いますので、読み込みが早ければ十分ではないかと思います


仕様は
・SSD PM841は、SSD 840のOEM向け製品で性能は同等になるようです
・mSATA 接続のカードタイプ
(M.2の拡張カードとは互換性が無いので注意です)
・Magician( SSD management utility)には非対応と表示される




posted by okoya at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年02月04日

intel Core i5 3337Uのベンチマーク(VK18T/G-G)

モバイル向けののCPU、i5 3337UのsuperPIのベンチマークになります
 PC:NEC VK18T/G-G
 周波数:2.7GHz、2コア4スレッド,17W
 GPU は1100MHz
SuperPI 1M: 14.688秒(super_pi_mod-1.5利用)
ノートパソコンとしての消費電力は液晶オン、バッテリー充電しない状態で10W程度、SuperPIで19Wでした
(ワットチェッカーTAP-TST5による)

CPUの速度は以前評価したデスクトップ用のi3-4130で11.388なので近いスペックがあるといえます
CPUz_i5-3337U.gif

intel Core i5-560M(dynabook rx3)の消費電力測定
http://okoya.seesaa.net/article/428484038.html
intel Core i3-4130(LGA1150,Haswell)の消費電力測定
http://okoya.seesaa.net/article/393863218.html
NEC VK18T/G-G UltraLite タイプVGのwin7から8.0、8.1への更新の諸注意
http://okoya.seesaa.net/article/450915122.html





posted by okoya at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年01月28日

wowsゲームクライアント更新中、重大なエラー、の対策

wows(world of warships) の起動後に以下が表示され、再起動しても変わらないことがありましたがその対策です。
ゲームクライアント更新中 
重大なエラー
詳細はログファイルを参照してください

1.ファイル削除(大概ダウンロードしたファイルが壊れているだけ)
C:\Program Files\worldofworships\Updates
にダウンロードしたアップデータファイルがあります。これを削除した状態で再起動すると再度ファイルを取りに行きます。問題なければインストールが完了するはずです

2.再インストールまたは再起動
更新しようとしているファイルがなぜが使用中で更新できない、
またはそれ以外の不具合かなにかでアップデートできない
PC再起動か、削除して入れなおせば直るはず。

おそらくWorld of Tanksでゲームクライアント更新中に陥った場合でも効果はあると思います




posted by okoya at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年01月26日

seagate ST4000DM005-2DP166のベンチマーク

seagate ST4000DM005-2DP166です。購入したものはバルクではなく箱に入っていました。
7200rpmではないので読書速度は少し遅くなりますが、長時間稼働するなら寿命が異なるはずなので発熱や騒音でメリットはあるかと
 ST4000DM005-2DP166 楽天参考価格
保証は2年間のようです。昔の機種では3年だったのでちょっと残念です。コスト削減でしょうか。

CrystalDiskMarkとHD TUNEでテストをした結果を載せます
条件:
・ST4000DM005(11/2016製造 中国製) WU
・P/N:2DP166-300
・Windows7
・Intel(R) 8 Series/C220 Chipset Family SATA AHCI Controller
・NTFSフォーマット
・ファームウエア:0001
ST4000DM005-2DP166-01.gif
ST4000DM005-2DP166-02.png
注:HD tuneの結果は2.2TBまでしか容量を認識していないなど2TByteの壁に引っかかって正確でないです。HD tachも同様に2GBより先が振り出しに戻って測定されています。

速度は最新のHDDなだけあって5900rpmでも速いです。WDの3TBよりも全般的に早くなるようです。3TB程度しかいらなくても4TB品を3TBでフォーマットすれば速度が遅い領域を使わなくて済むメリットもあります(速度が必要ならSSDのほうが良いですが)
価格差分の価値があるとは言いにくいですがご参考。

Western Digital WD30PURX-64P6ZY0[purple]のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/405428627.html
ST3000DM001-9YN166のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/296403734.html

underpink1.png
補足:2Tバイトの壁
古いシステム(32bitOS全般)を利用している人は注意が必要です

3TByte HDDを完全に利用するための条件は
・64bitOS必須
・BIOS&MBRブートではなくUEFI&GPTブートに対応必須
となります。
上記2つを満たさないと起動ディスクには利用できなくなります。
一般用マザーボードがUEFIに対応しているのは2011年ころから本格的になってきたようなのでそれ以前のシステムを利用しているならばMBは買い替えと考えたほうが良いかと
(BIOSの更新で何とかなる問題ではありませんし、メーカーはそこまでサポートしてません)

ただし、データ用利用として使うだけならばvista以降のOSがあれば"BIOS&GPT"にすることで3TByte利用可能になります。

ということで3TBのHDDで想定される主な用途は下記になるかと
1."UEFI&GPT&Vista以降64bitOS"で起動ディスクまたはデータ用として利用
(マザーは2011以降でUEFI対応品)
2."BIOS&GPT&Vista以降32bitOS"でデータディスクとして利用
3."BIOS&MBR&OS不問"で2TB分のみ起動ディスク、データ用利用




posted by okoya at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年01月21日

AMD radeonのビデオカードでファン風速を変更する

AMd radeon HD7750のビデオカードでファン風速を抑える方法です。デフォルトでは負荷量に応じて回転数が変わるかと思いますが、最低回転数が高くうるさいとき用の方法です
純正のツール(overdrive)でファン回転速度を固定にできますが、これをするとゲームをしているときに発熱しすぎてしまいますのでその対策です

0.タスクトレイにいるradeonの設定から、ゲーム→グローバル設定→Overdriveを開き
fanspeedのところで回転数を手動にして、音が気にならないスピードを決める
(温度も確認できますのであがらない値にしましょう)
AMD_RADEON01.gif

1.atiflash_274 (ATIWinflash.exe)起動→保存
でオリジナルファームを抜き出す
注)公式以外のwebサイトにバージョン違いのファームが公開されている場合も有ります。ただ、基板のリビジョンとあっていないものを間違って使ってしまうと不具合の原因になりますので、メーカー公式提供以外は安易に利用すべきではないです。

2.VBE7.0.0.7b.exeというソフトでファイルを開く
ファンプロファイルを調整
最初に決めたファン速度と現状の温度のところに点をもってきて(設定値以下は同じ回転数になる設定でよいかと思います)それ以降は風速をあげるのがよいかと
ただし、温度は室温にも影響されますので、季節の変動分を考慮して温度は40度にするなどしたほうが良いかもしれません

3.atiflash_274 で書き戻してPCシャットダウンののち電源をオンです
最初と同様にファン回転数温度を確認すれば希望の動作になっているかと


ATIFlashの使い方、Radeon R9 280X のBIOS書き換え方法 - ぼくんちのTV 別館
http://freesoft.tvbok.com/freesoft/vga_gpu/atiflash.html
XFX FX-775A-ZNFC(ATI Radion HD7750)の購入
http://okoya.seesaa.net/article/274761267.html




タグ:RADEON
posted by okoya at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年12月30日

Amazonコンビニ受け取りで保管中(ご指定店)、受け取れない

Amazonコンビニ受け取りで配送した後に、発送のお知らせ、は来てもそのあとの受取用の認証キーのお知らせが来ないことがあるようです。
ヤマトのHPで荷物の追跡をすると「保管中(ご指定店)」
Amazonにログインして状態を確認すると数時間で受け取るようになるとの記載があるものの、更新されない状態が続きます。
このときはAmazonのサポートに問い合わせれば認証キーを教えてもらえますので、メモを取ってコンビに取りにいくことになります。
ほっておくと数日で返品されてしまうので注意です。

posted by okoya at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年11月25日

itunes.apple.comのリンク先が変わった件

最近apple musicという定額サービスが配信されたことにより
http://itunes.apple.com
で始まる曲目のwebページの挙動が変わっています
(ただしインストールしたitunesのバージョンに依存します。2016.7以降あたりのバージョンを適用してある人限定かと思います。)
たとえば、下記サイトで紹介されている新譜のリンクで
 http://blog.livedoor.jp/m_79sc/archives/52196169.html

7S 96猫
 https://itunes.apple.com/jp/album/id1172729611

 https://itunes.apple.com/jp/album/id1172729611?app=itunes
では「iTunes で見る」を押したときの挙動が違います。
?app=itunesがついていないほうは定額配信サービスのほうに、
?app=itunesがついているほうは単品購入サイトのほうに
飛ばされます
ただし、定額配信に存在していない曲はどちらのURLを指定しても単品購入のページに飛びます。
iTunesMusic01.jpg
定額配信の場合

いちいち面倒な仕様ですね。

DMMでCDレンタル
http://okoya.seesaa.net/article/377518069.html



posted by okoya at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年11月24日

SH-02HなどのandroidスマホにおけるSDカード内のファイルの同期について

スマホにおけるポータブルデバイス(mtp)として認識されているSDカードでフォルダ内のファイルをPCと自動で同期するソフトの紹介です。

SH-02HにmicroSDカードが入れられますが、このスマホではカードリーダーモードでの利用ができません
そのかわり、mtpとして認識され使用できるのですが、このモードだとフォルダ内のファイルについてPCと同期できるソフトがほとんどありません(フォルダのパスが特殊なのでソフト側が対応している必要がある)。
使いずらい仕様になりますので注意が必要です。音楽ファイル(mp3,mp4,m4a,wma,ogg)を同期させたいのですが、手動で差分を反映するのは手間かと思います。(更新日時で並び替えて手動コピーもできなくはないのですが)
以下試したソフト

BunBackup 500
ポータブルデバイスも設定できるようですが、セキュリティと称してPC→スマホが許可されないようです
SyncBack Free 7.6.18.0:
選択一覧に出てこないのでフォルダが選択できず
BackupF2F 0.5.6
選択一覧に出てこないのでフォルダが選択できず
Allway Sync 'n' Go16.0.1
選択できなくはないが無効なパスといわれる
FreeFileSync_8.6
mtpのパスも利用可能なので、対応できる

ということでFreeFileSyncをつかうことであっという間にコピーできました
ただしこのソフトインストール時にアンチウイルス(ノートン)が怒ってきます
広告アフィリエイト用のアプリ?に反応したようなのですが。
(インストール時にアドバンストを選択してチェックをはずす)

ちなみにSDカードのみ抜き取ってカードリーダーを利用して同期を取る手もあります
これならばどのソフトでもバックアップができるかと思います
(ただし、アプリでデータ保存先等の設定がしてあるとおかしな動作することがありえます、目覚ましの音がデフォルトに戻った、など)

補足メモ)SH-02Hの場合、他のスマホ、PCでフォーマットしたSDをそのまま使おうとするとファイルを見失うことがあるようです(上記ソフトで書き込んでも、本体の音楽再生ソフト等からは見えない)
対策)データのバックアップを取って、スマホ本体でフォーマット、
フォーマット後にできているフォルダ以外を書き戻す(本体ではなくカードリーダ利用でOK)
という手順が必要になるようです。
カードリーダーで書き戻した場合は、Androidアプリからファイルが認識されるようになるのに時間がかかってました。メンテナンス処理をバックでしているのかもしれません。

AQUOS Compact SH-02Hの待ち受け時間(待機時間、電池の持ち)が悪い
http://okoya.seesaa.net/article/440791494.html







posted by okoya at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年10月01日

WSR-1166DHPにDD-WRTを適用する

WSR-1166DHPにDD-WRT-nxtを入れたときのメモです。
純正のwebからの更新では当然できないように細工されていますのでそれ以外の方法になります。なお他機種にある機能で下記については本機種では使えません
・bufpyを利用するもの
・55debug.html は存在せず
underpink1.png
まずはAOSSボタンを押した後に電源を入れることでのファームの更新です
PC側のLANを192.168.11.2にします。
AOSSボタンを押したままWSR-1166DHP電源投入後6秒後あたりから192.168.11.2に設定してあるPCに対してtftp経由でファイルを取得しようとします
PC側でソフトはtftpd32.exeを起動し、Server interfaces 192.168.11.2に変えます
成功するとすぐにファイルを取りに来る(Tftpd32が反応する)
・正しくないファイルを転送すると、すべてが赤になり勝手に通常モードで再起動するのでやり直し
・正しファイルだけど何処かおかしいときはpowerが点灯したままで待機
・起動できるファイルならば、LEDが点滅してDHCPが有効になり、192.168.1.1か192.168.11.1にアクセスできる
以ためしたソフト
・wsr1166dd-r1.3.4.binの未編集は、再起動
・wsr1166dd-r1.3.4.binの270519〜編集は、ファイルは受け付けてくれるけどその先何も起こらず(PowerのLEDのみ緑が常時付いたまま)
・buffalo_whr_600d-2014-02-04のfirmware-jp.bin編集品も何も起こらず
・openwrt-15.05.1-ramips-mt7621-wsr-1166-squashfs-sysupgrade編集品も何も起こらず
・openwrt-ramips-mt7621-wsr-600-initramfs-kernel.bin。は踏み台用にインストールができる
(WSR-600DHPを未開封でOpenWrt化する http://www.srchack.org/article.php?story=20160503003415488
openwrtが起動しますので、LANの設定を変えた後、telnetで192.168.1.1に接続し、
 sysupgrade -n wsr1166dd-r1.3.4.bin
をやってもファイルは受け付けてくれますがエラーで起動はしてくれませんでした
このとき以下の設定はしています
DualImageモードを解除、カスタムファーム受付など。
 fw_setenv dual_image 0
 fw_setenv accept_open_rt_fmt 1
 fw_setenv region US

ということでAOSSを押してのファイルのインストールは無理なようです
後日シリアルをつないでエラー状況を確認したところAOSSを押した場合は
[ 2.850000] Problem parsing in-kernel X.509 certificate list
[ 2.860000] VFS: Cannot open root device "(null)" or unknown-block(0,0): error -6

[ 2.920000] VFS: Cannot open root device "(null)" or unknown-block(0,0): error -6
[ 2.930000] Please append a correct "root=" boot option; here are the available partitions:
というのが見えていました
underpink1.png
USB−シリアル変換による書き換え
蓋を無理やり開けることができます。はめ込みのロックはかたいのであけるのには苦労するかと思います。
ネジ側とLAN口側は比較的取りやすいです、のこりの2辺は奥のほうにロックがあるので写真を参考にはずすように広げる必要があります
WSR-1166DHP-01.jpg WSR-1166DHP-02.jpg
はずすと4pinのコネクタがでてきます△がついている側から電源、GND、TRANS、RECVとなるようです
接続があっているか確認するためにはまずGNDとTRANSをつないで見るとよいかと思います。
(用いるUSB-シリアル変換ケーブルはTTLという3.3V系に対応したものを必ず用意してください。根性では何とかなりませんので)
tera termというフリーソフトを起動してシリアル接続を有効、この状態で本体の電源をいれると文字化けが出てくるかと思います
文字が出てこないようであればケーブルの接続、TRANS側が間違っているかと思いますので入れ替える、電源pinを3.3Vにさしてみる感じでしょうか。コンセント刺さずにUSB端子側の電源を当てにしてルータを起動させようとすると電源容量不足で破損がありうるので、そうならないように注意です。
それでもだめならUSB-シリアル変換ケーブルに不具合アリです(3.3Vに対応して無いとか)
tterm→setup→serial port→で通信速度を57600にすることで文字化けなく中身が見えるようになります
(DD-WRTインストール済みの場合は115200にするという話が有るようですが今回は57600のままでよいようです)
RECV側をつなぐと本体が起動できないかもしれません、変換コネクタ等にも依存しますが。その場合は本体起動の順番とUSBの抜き差しタイミングを調整しながら起動できるタイミングを見つけるとよいかと思います。

次に最低限trans,recv,gndを接続した状態で、起動したら”2”を押して
2: Load system code then write to Flash via TFTP.
あとは”y"をおしてあげればAOSSのときと同様にファイルを取りに行きます。このとき渡すファイルはオリジナルのままでファイル名だけ変えたものでよいようです。
270519〜編集したファイルを渡すと
 Change bootpartition from 1 to 0.
 ## Booting image at bfc50000 ...
 Bad Magic Number,05050203
となっていました。

これでDD-WRT NXTが起動できるようになります。標準では
ログインID:root,パスワード:なし、または、passwordでログインできるようになります
ただし、当方の環境ではDNSの中継がうまくいかないようでPC側の設定を個別にDNSサーバーを8.8.8.8などにしないとインターネットにつなげられませんでした。


dd-wrtでDDNS,ieserver.netを使う
http://okoya.seesaa.net/article/430609164.html
DD-WRTでサービス情報サイトにつなぎたい
http://okoya.seesaa.net/article/439430867.html

同様形状の型番として下記があるようですが、挙動が同じかどうかはわかりません。
蓋の開けやすさ、分解のしやすさは同じはずですが。
WSR-1166DHP2,WSR-600DHP,WSR-300DHP,WSR-300HP/N,WSR-300HP

タグ:DD-WRT BUFFALO
posted by okoya at 10:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 商品レビュー