2017年06月25日

RD9700というチップセットを使ったUSB LAN変換のベンチマーク

PR-LANADAという名前で売っていたものになります。脇にNO.9700と書いてあるシールが張ってあります
USB接続の有線LANアダプタ(RJ45)で、RD9700というチップセットを使ったものになります。速度は公称100MBps(12.5MByte/s)のものです。先がmicroUSBのものと、普通のUSBAのものがありますので、購入時は間違わないように注意です。
ドライバCDにはwindows8-64bit,32bit用だけでなく、mac10.10,linux,ce,android_2.6.35というファイルもありますandroid用のはソースコードどmakefileだけのようです

ベンチマーク結果
・接続環境:実測で200Mbpsでる回線に本USB-LANを接続
・測定サイト:Ookla
・ Download : 5.0Mbps程度
まぁ、安物ですね。もうちょっと何とかならないのかなぁと思います。当方PC(USB)との相性かもしれませんが(USB2.0の遅いモードを使っているとか)。
ビジネスホテルの無料の無線LANがあり、遅いことがあって残念なときがありますが、それよりは速度が出せるとは思います。

 USB-LANの価格

RTL8152Bというチップセットを使ったUSB LAN変換のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/451886517.html


9700-01.jpg






タグ:RD9700 USB-LAN
posted by okoya at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年06月18日

KENWOODのDRV-320(DRV-325)のテスト

KENWOODのDRV-320のテストです。DRV-325もありますが、こちらはついているメモリが32GB品なだけとのこと。
基本的には常時録画していて、古いファイルをどんどん上書き、何かあったときか、ボタンを押したときはそのときのデータだけ退避して保存となります。1ファイル3分刻みの設定で252MByteのファイルがたくさん保存されていきます。
実働に関しては、DRV-320で撮影した映像をyoutubeにあげましたので参考にどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=z1BeJBUXpBg
(昼間明暗、夕方、夜間街中、田舎道ハイビーム)
昼も夜も特に問題なく撮影できている感じです。HDRという機能で明るいところと暗いところの混在箇所もちゃんと録画できました。反応は遅い気はしますが、テスト環境の問題でしょうか?
表示内容としてはGPSの位置、車速(GPSの移動速度を基にしたもの、低めに出るような?)、Gセンサの数値、日付、本機の型式。が表示できました。音量が小さく保存される野は注意です、事故発生時の爆音が入るのを考慮してなのかもしれません(youtube動画も未加工なので小さいままです)。

録画フォーマットがH.264(mp4)なので、そのままyoutubeにもあげられました。特殊なフォーマットを採用している機種ですと専用ソフトで変換等、手順を踏む必要があるかもしれないことには注意です。よくPCの画面をカメラで録画しなおした事故映像もyoutubeにあげられてるのを見ます。
スマートフォンでも動画再生ができましたが、音声が出てませんでした。スマホで簡易的に見るなら音はなくてもよいかと思います。PCでは音声も再生できてます(場合によってはコーデックのインストールが必要かもしれません)。
付属の画面では、動画の内容確認はしにくいかと思いますので、現地でスマホで内容を確認できるのは便利かと思います。
OTGというPC用通常とは違う規格に対応したカードリーダをもっていればmicroUSBにさして、カードの中身を再生したりもできるので車の中につんでおくのがよいかと思います
OTG カードリーダの価格
drv-320-10.jpg
電源系の工事ですが、イエローハットや、オートバックスで購入時に頼むと5000(+税400)で裏側から配線をとる引き回し(裏取り)をしてくれます。webの安値が13000円などで、店頭価格はこれと同等にはならないことを考えると、実質1万円程度差額がある形になります。
(他店購入品の持ち込みは、断られるか、工賃割り増し対応になる可能性がありますので注意です、故障発生時に誰が対応するのかという点で面倒ごとになるのでいやがられます。ドラレコなら本体だけ平易に付け替えができるので、明確な問題にはなりませんが一般的にはという話)
ヒューズボックスから配線を取って、シガー変換アダプタをつないで、というのは自分でもできなくは無いです。
内装(内張り)もはがし方などは探せば出てくるかと思います。がたつかないように固定をすることや(運転時にがたがた音がしだす)、エアーバックと干渉しないような配線に注意が必要、電気配線用の工具が必要、など上級者むきではあります。
なお本機種はminiBから取るタイプなので、同じ電源系のドラレコなら本体だけ付け替えができそうです(電源容量が足りるなら)。その点はメリットではないでしょうか。
DRV-320の価格
駐車録画もできますが、25分しか持たないなど(内臓バッテリの都合で長時間が無理)あまり意味はないようです。電源消費も多く小さなバッテリでは現実的ではないという感じでしょうか。大事故発生時に電源が停止しても録画保存が正常に終わればいいかな程度で考えるとよいかと。
画像サイズはフルHDになります。これ以上のサイズでの録画になると、ファイルサイズが大きくなりすぎて録画時間が短くなるかと思いますので、この画質で十分かと思います。


・付属していたメモリSP008GBSTH010VA0FAの話は別記事で触れましたので参考に読んでおくとよいかと
http://okoya.seesaa.net/article/450262306.html
本体の仕様としては32GBが最大の認識のようですが、それ以上のものを入れても使えるようです。(PCでフォーマットせずに本体でFAT32にフォーマットしましょう、データの形式がFAT32exと違うことがあるので)




posted by okoya at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年06月16日

NEC VK18T/G-G UltraLite タイプVGのwin7から8.0、8.1への更新の諸注意

NEC VK18T/G-G UltraLite タイプVGのwin7から8.0、8.1への更新したときに気づいたことのメモです

始めに
・USBの光学ドライブをつないで再起動
ただし初期状態では、「non-systemdisk or disk error」となります
本機をお使いのかたへ、という資料を参照して必ず下記のように対応する必要があります(
mirror)
・biosの設定をuefiに変更するなど対応をした後に再起動
上記の参考:
http://uwajima-pc.com/index.php?QBlog-20141223-1

・OSの切り替えをするのであれば、途中の選択で標準再セットアップしましょう
・途中で起動後に進まないかに見えますが(タスクバーもない状態)
進んでいますので今期よく待ちます20-30分かかる場合もあり(2-3回再起動)
・終了後はまずネットに接続する
(5Ghz帯(aタイプ)は初期設定で無効化されてました。タスクバーのフォルダマーク→コンピュータ→右クリックのプロパティ→デバイスマネージャー
→Advanced-N6235→詳細設定→ワイヤレスモード→abg、にする)
・コンセントにつないだ状態だと速度がぜんぜん出ない症状がありました
電源オプションープラン編集ー詳細ーワイヤレス設定、で最大パフォーマンス以外を選択する
・winupdateをまずする(いきなり8.1に更新ができない仕様なので)
・windowsに8から新しく付属アプリになっているストアアプリを起動→8.1のアップデートを行う

下記ドライバ検索で更新ファイルがあるようですが、CDから更新した場合は基本的に適用は不要なようです
(店頭販売汎用win8.1のCDからインストールした時用のようです)
ドライバ検索:http://www.bizpc.nec.co.jp/osdriver/

intel Core i5 3337Uのベンチマーク(VK18T/G-G)
http://okoya.seesaa.net/article/446658935.html
samsung PM841シリーズ MZMTD128HAFV-000L1のベンチマーク(VK18T/G-G)
http://okoya.seesaa.net/article/446913720.html




posted by okoya at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年06月04日

シーガーソケット対応USB充電器、mpa-ccu03bkのベンチマーク

mpa-ccu03bkです。シーガーソケット対応の2portタイプでエンジンがかかった時には青いLEDが付きます
基本は1portでいいと思いますが、カーオーディオとして デジタルオーディオプレーヤーを使いたい場合には片側はオーディオ用でもう一つは携帯用にするとよいかと思います。
この機種はシガーとの固定力が弱いです。USB側のほうが固いのでケーブルを抜き差しすると本体が先に引き抜けてしまいます。もう少しなんとかできなかったのかなぁと思います。
mpa-ccu03bk-01.jpg
スマートフォンの充電ですが過去の実績では
急速充電対応タイプなら10分で8%回復
非対応タイプなら10分で4%回復できました。
過去の測定結果:急速充電器2A品(PG-2ACMU01BK)を用いた場合の充電速度調査

一部のandroidスマホは充電用ケーブル[または充電器側内部にもとから細工されているもの]を使わないと、携帯側が電流をたくさん取らずに、残量が回復しないことがあります。[android用とapple用で口が分かれたものを売っている原因にもなっている]。apple対応を強調した製品をandroidで使う場合は特に注意が必要です。
参考:コンセント USB変換 充電器アダプタの種類(スマホが充電できない)
本機器はapple系かどうかやケーブルに依存しないとパッケージに書いてありますので、大丈夫のようです。

mpa-ccu03楽天参考価格

追加:
安物ケーブルで内部の銅線が細い場合はそこでのロスが出て、急速充電されないことがあります。
3本試して実測したところは下記でした。安物ケーブルには注意です
なお、スマホとしてはもう少し電流が取れるのですが、100円ケーブルとmpa-ccu03bkの限界で1.3Aになっている模様です。
種類Xpedia Z3C SH-02H
通信可巻き取りケーブルA100円0.76A0.65A
通信可巻き取りケーブルB100円1.06A1.08A
充電専用(急速対応)100円1.17A1.27A

mpa-ccu03bk-04HighC.jpg

参考:
ipad/iphone/android用のUSB充電器JK2089BK
http://okoya.seesaa.net/article/371020819.html



posted by okoya at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年05月29日

NSDN-W59,NSDN-W60の更新地図の型式例

トヨタ純正ナビ、の地図データです。型式は、
00Vなどで年式、最後の二文字が型式
になるようです。地図更新には2万円は覚悟が必要です。
収録地図は販売開始時の半年前が収録されます。2016.秋なら2016.3ごろのデータ。

○カジュアルSDナビのNSDN-W59,NSDN-W60の型式例
2009.秋 08675-00V02
2010.春 08675-00W02
2010.秋 08675-00X02
2011.春 08675-00Y02
2011.秋 08675-00Z02
2012.春 08675-0AA02
2012.秋 08675-0AB02
2013.春 08675-0AC02
2013.秋 08675-0AD02
2014.春 08675-0AE02
2014.秋 08675-0AG02
2015.春 08675-0AJ02
2015.秋 08675-0AK02
2016.春 08675-0AL02
2016.秋 08675-0AM02
2017.春 08675-0AN02
2017.秋 08675-0AO02

○エントリーナビNSCN-W60、NSCN-W59Cの場合は
08675-00W03、08675-00X03など最後の数字が03
○リンクナビ NSDT-W59の場合は
08675-00V01、など最後の数字が01
○スマートSDナビNSZT-W60の場合は
08675-00W06、08675-00X06など最後の数字が06
(のちに08675-0AL51などの51番がでてきているようです)
○プレミアムSDナビNSZD-W60
08675-00W07、08675-00X07など最後の数字が07

・一番物量が出ている(お手頃価格帯の)02番シリーズは中古でも地図データが豊富なので、ヤフオクなので、最新とはいかなくても更新データを入手はできるが、あまり安くない。3年前のでも0.5〜1万くらい
・新東名の豊田付近ができたのが、2016.02.13なので、必要な場合は地図としては、2016.秋が必要。新しい地図はほしいところ。
・地図更新するくらいならスマートフォンを使って、地図アプリで頑張れば安く済むという話もある(navitimeの月額会員になっても年間3600円+データ通信料、会費無料のアプリ、yahoo!カーナビ、maplusなどもある)。電池の消費が激しいので、電源必須なのと、スマホがあつくなるようです。



posted by okoya at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年05月27日

DRV-320に付属のSP008GBSTH010VA0FAのテスト

SP008GBSTH010VA0FAという8GBのmicroSDメモリです
DRV-320に付属していたものになります。
Phison社 SD08Gが大本かもしれなもので、販売元はSilicon Powerです。
仕様は「SDHC Class10」で、一般的なグレードであるSP008GBSTH010V10-SPに型番がほぼ一緒なので、
普通の安物といったところでしょうか。
SP008GBSTH010VA0FA-02.jpg
ドラレコに利用していいのかは気になるところです。ドラレコの場合常時動画を書き込みを行うというまっとうな使い方にはならないので、(画素数も増えてファイルサイズ、書き込み量も大きい)耐久性がないとエラーが問題になります。
例:書込み頻度の高い環境で使用されたトランセンドのメモリカードに対して無期限保証を適用致しません。

なのでどのドラレコメーカーも定期的にSDカードをフォーマットするようにマニュアルに書いてあったり、エラー対策をうたっているメーカーがあります。

現状ではドライブレコーダー対応のために、高耐久のMLCタイプのメモリを使っている
 ADATA AUSDH32GUI3CL10-RA1
 Transent TS32GUSDHC10V

あたりを使うと安心はできるのかと思います。
DRV-325の場合はSPのロゴの入った物のようですので、同一メーカー品の同じシリーズなのかと思います

SP008GBSTH010VA0FAベンチマーク
読み込みは90MB/sあり速度は速いです。取り扱いとしては問題ない性能ではないかと思います。
SP008GBSTH010VA0FA-01.gif


参考
KENWOODのDRV-320(DRV-325)のテスト
http://okoya.seesaa.net/article/450982699.html
HIDISC HDMCSDX64GCL10UIJP2(UHS-1)のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/431405762.html



posted by okoya at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年05月13日

BS用のアンテナでBS-TA352のテスト(隙間用フラットケーブル)

BS用のアンテナでBS-TA352のテストです。
35cmサイズで少し小型タイプになります。BSデジタルでDlife含めて特に問題なく見れたようです。

天気:雨の日
配線長:5m
BS-23(12.1494GHz):Degaでの受信レベル52
スカパーCS2(12.7310GHz):Degaでの受信レベル44
BS-TA352-01.jpg
補足:
・向きの調整ですが、ベランダが水平である保障がないので仰角のメモリは当てにせずに少しずつずらしながら、方角もずらして、見える位置を探すのが良いです。
・ベランダから内部に引き込む配線としてはシート状のものがありますのでこれを使うと壁に穴をあけなくて済みます。ただし強度の問題で、頻度に開け閉めする場所では断線するかもしれないようですが。防水になるアルミテープで固定の補強をしておくとよいかもしれません。
・すきまケーブルS 20cm 両端 F型接栓
アマゾンへ
Bs_Antenna_Cable01.jpg
・F型 アンテナケーブル ( フラット ) 0.24m 地上/BS/CSデジタル放送対応
アマゾンへ




タグ:TV BSアンテナ
posted by okoya at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年03月26日

NVMe M.2 SSD用アダプタSA-207のファンレス化

SA-207を使って低価格で済ます方法の検討になります。使用したものは
・SA-207(M.2 SSD用アダプタのファンつき) 11ドル
http://www.dx.com/451007 
SA-207-fan01.jpg
・45*45*10mmヒートシンク 2.2ドル
http://www.dx.com/237308
SA-207-heat04.jpg
・電動ドライバとドリルピット
http://okoya.seesaa.net/article/362200974.html
(対象がアルミなのでごついドライバや金属用のドリルピットでなくても穴あきます)
・サーマルグリス

大元のアダプタは40mm角にネジ穴が開いていますのでその間隔で穴のあけられるヒートシンクを利用します。
ネジ止めをしておかない両面テープでは経時劣化で落ちないか心配なのでこの方式(重力に対する向きの都合)。
コントローラーの温度が高いのは非接触の温度計で確認できましたので、この部分だけ冷やせればいいかという設計思想になります
(メモリチップ部は熱がこもらないようにヒートシンクで覆わない)
穴の寸法ですがネジサイズの3mmではヒートシンクとコントローラー間に隙間が開きます、銅板を買って隙間を調整するか(銅板 http://www.dx.com/132479)、4mm空けてスタットまで入るサイズにしてネジ締めを調整するか、が必要です。
SA-207-heat01.jpg
SA-207-heat03.jpg
(写真は閉めすぎて逆側にゆがんでますが後で元に戻してます)

温度測定結果:
温度ですが、42度くらいから、室温近25度位まで下がってはいます。事前評価でファンをつけたときは35度だったので、下がりすぎというのが当方の感想です。基板のゆがむ方向がヒートシンクを押さえつけることでゆがみが解消する方向に向かったのでこの点で何かあったのかもしれません。SSD側の温度測定回路を壊してしまったのか、ヒートシンクをつける前は基板のゆがみによって何処かが悪い状態だったか、と思いますが根拠がないです(負荷をかけると変化はあるので何かは見えてはいます)。

・CY SA-207,M2 SSD接続用アダプタPCI express対応品ファンつき
http://okoya.seesaa.net/article/447617293.html
・Cooling Heatsink Copper Pad(1.5 x 1.5 x 0.1cm)
http://www.dx.com/132479
・非接触赤外線温度計 TN006(オーム電機) 購入
http://okoya.seesaa.net/article/150714652.html
・Digital Non-Contact Infrared Thermometer
http://www.dx.com/81155
・NVMeのsmartをwindows7で見る対策
http://okoya.seesaa.net/article/447842927.html




posted by okoya at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年03月19日

このバージョンのシステム回復オプションは、修復しようとするWindowsのバージョンと互換性がありません。

自作のPCでシステムの変更をしているうちにwindowsが起動しなくなって、「このバージョンのシステム回復オプションは、修復しようとするWindowsのバージョンと互換性がありません。このバージョンのWindowsと互換性のある回復ディスクを使用してください」
となってしまった場合です。

原因:GPTパーティションのHDDと、旧規格のMBRのSSDを混在した状態で32bit用のwindows7インストールディスクか復旧ディスクで修復しようとした場合こうなります
対策:OSインストールしてあるMBR規格のHDDのみ接続して修復だけする
GPTでインストールしてあるHDDなのであれば、64bit系OSの修復ディスクを用意する

ADATA SSD(M.2) ASX8000NP-128GM-Cのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/447347177.html
seagate ST4000DM005-2DP166のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/446309995.html
Western Digital WD30PURX-64P6ZY0[purple]のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/405428627.html


タグ:Windows ssd HDD
posted by okoya at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2017年03月12日

NVMeのsmartをwindows7で見る対策

NVMEをwindows7提供のドライバkb2990941ではcrystaldiskinfoで温度が見えないことの対策です(おそらく8.1もOK)
どうやらオープンなドライバあるらしくこれを適用すると見えました
サイト:
https://www.openfabrics.org/index.php/windows-nvm-express.html
ダウンロード:
https://svn.openfabrics.org/svnrepo/nvmewin/releases/

本ドライバ(フォルダにあるファイル三つ1セットをダウンロード)を
デバイスマネージャー→記憶域コントローラ→nvmeのドライバのところに適用します
検索させると、署名がないので、インストールがされないかと思いますので、一覧から選択する形でインストールしてあげれば適用されるかと思います

これでcrystaldiskinfo 7.0.5でも表示さされるようになりました
OS:win7 32bit
driver : Community OFA NVMe 1.2 Storport Miniport [SCSI] ver1.5 (152)

ただし、このドライバを適用した状態でスタンバイにすると
000000F4のブルースクリーンになってました。
既に適用しちゃったよという人は、タスクマネージャーからドライバの削除はせずにドライバを元に戻すで対応しましょう。
(既にwindowsが起動しなくなった後の人は、電源ボタンを押してF8連打起動メニューをだして、前回正常起動時の構成を押して起動しましょう)

openfabrics_win7_nvme1.5-02.png
追伸:当方所有のXPG SX8000では読み書きの上昇が異常な気はしました。ただ、OSの起動ディスクにもしていますので、その影響がおおきいのかもしれません。
ADATA SSD ToolBox(XPG SX8000は対象機種にない)では合計値自体は表示されませんが、smartの生値を表示させたときに表示される説明文の単位系はcrystaldiskinfoの計算結果の1/1024でした[1が512byteとありますが、これだと逆に少なすぎる]。

Crystal Dew World
http://crystalmark.info/
HWMONITOR | Softwares | CPUID
http://www.cpuid.com/softwares/hwmonitor.html
ADATA SSD(M.2) ASX8000NP-128GM-Cのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/447347177.html
NVMe接続用アダプタPCI express対応品ファンつき
http://okoya.seesaa.net/article/447617293.html
win7純正ドライバ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2990941/update-to-add-native-driver-support-in-nvm-express-in-windows-7-and-windows-server-2008-r2



posted by okoya at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー