2017年03月26日

NVMe M.2 SSD用アダプタSA-207のファンレス化

SA-207を使って低価格で済ます方法の検討になります。使用したものは
・SA-207(M.2 SSD用アダプタのファンつき) 11ドル
http://www.dx.com/451007 
SA-207-fan01.jpg
・45*45*10mmヒートシンク 2.2ドル
http://www.dx.com/237308
SA-207-heat04.jpg
・電動ドライバとドリルピット
http://okoya.seesaa.net/article/362200974.html
(対象がアルミなのでごついドライバや金属用のドリルピットでなくても穴あきます)
・サーマルグリス

大元のアダプタは40mm角にネジ穴が開いていますのでその間隔で穴のあけられるヒートシンクを利用します。
ネジ止めをしておかない両面テープでは経時劣化で落ちないか心配なのでこの方式(重力に対する向きの都合)。
コントローラーの温度が高いのは非接触の温度計で確認できましたので、この部分だけ冷やせればいいかという設計思想になります
(メモリチップ部は熱がこもらないようにヒートシンクで覆わない)
穴の寸法ですがネジサイズの3mmではヒートシンクとコントローラー間に隙間が開きます、銅板を買って隙間を調整するか(銅板 http://www.dx.com/132479)、4mm空けてスタットまで入るサイズにしてネジ締めを調整するか、が必要です。
SA-207-heat01.jpg
SA-207-heat03.jpg
(写真は閉めすぎて逆側にゆがんでますが後で元に戻してます)

温度測定結果:
温度ですが、42度くらいから、室温近25度位まで下がってはいます。事前評価でファンをつけたときは35度だったので、下がりすぎというのが当方の感想です。基板のゆがむ方向がヒートシンクを押さえつけることでゆがみが解消する方向に向かったのでこの点で何かあったのかもしれません。SSD側の温度測定回路を壊してしまったのか、ヒートシンクをつける前は基板のゆがみによって何処かが悪い状態だったか、と思いますが根拠がないです(負荷をかけると変化はあるので何かは見えてはいます)。

・CY SA-207,M2 SSD接続用アダプタPCI express対応品ファンつき
http://okoya.seesaa.net/article/447617293.html
・Cooling Heatsink Copper Pad(1.5 x 1.5 x 0.1cm)
http://www.dx.com/132479
・非接触赤外線温度計 TN006(オーム電機) 購入
http://okoya.seesaa.net/article/150714652.html
・Digital Non-Contact Infrared Thermometer
http://www.dx.com/81155
・NVMeのsmartをwindows7で見る対策
http://okoya.seesaa.net/article/447842927.html




posted by okoya at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448396630
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック