2017年03月12日

NVMeのsmartをwindows7で見る対策

NVMEをwindows7提供のドライバkb2990941ではcrystaldiskinfoで温度が見えないことの対策です(おそらく8.1もOK)
どうやらオープンなドライバあるらしくこれを適用すると見えました
サイト:
https://www.openfabrics.org/index.php/windows-nvm-express.html
ダウンロード:
https://svn.openfabrics.org/svnrepo/nvmewin/releases/

本ドライバ(フォルダにあるファイル三つ1セットをダウンロード)を
デバイスマネージャー→記憶域コントローラ→nvmeのドライバのところに適用します
検索させると、署名がないので、インストールがされないかと思いますので、一覧から選択する形でインストールしてあげれば適用されるかと思います

これでcrystaldiskinfo 7.0.5でも表示さされるようになりました
OS:win7 32bit
driver : Community OFA NVMe 1.2 Storport Miniport [SCSI] ver1.5 (152)

ただし、このドライバを適用した状態でスタンバイにすると
000000F4のブルースクリーンになってました。
既に適用しちゃったよという人は、タスクマネージャーからドライバの削除はせずにドライバを元に戻すで対応しましょう。
(既にwindowsが起動しなくなった後の人は、電源ボタンを押してF8連打起動メニューをだして、前回正常起動時の構成を押して起動しましょう)

openfabrics_win7_nvme1.5-02.png
追伸:当方所有のXPG SX8000では読み書きの上昇が異常な気はしました。ただ、OSの起動ディスクにもしていますので、その影響がおおきいのかもしれません。
ADATA SSD ToolBox(XPG SX8000は対象機種にない)では合計値自体は表示されませんが、smartの生値を表示させたときに表示される説明文の単位系はcrystaldiskinfoの計算結果の1/1024でした[1が512byteとありますが、これだと逆に少なすぎる]。

Crystal Dew World
http://crystalmark.info/
HWMONITOR | Softwares | CPUID
http://www.cpuid.com/softwares/hwmonitor.html
ADATA SSD(M.2) ASX8000NP-128GM-Cのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/447347177.html
NVMe接続用アダプタPCI express対応品ファンつき
http://okoya.seesaa.net/article/447617293.html
win7純正ドライバ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2990941/update-to-add-native-driver-support-in-nvm-express-in-windows-7-and-windows-server-2008-r2



posted by okoya at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447842927
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック