2016年05月31日

SDSSDA-120G-J25Cのベンチマーク

SanDisk SSDプラス シリーズ(SDSSDA-120G-J25C)のベンチマークになります。
付属品は特になしです。3.5インチとして利用するなら変換アタッチメントが必要ですね。固定しなくても利用はできますが。

仕様は
・7mm厚
・読書速度は520MB/s、書き込み180MBとあります
・重さは31gと極めて軽いです(他社のSSDでは80gなどもあります)

○ベンチマーク
windows7, アライメント調整済み,
ランダムデータ書き込み(CrystalDiskMark3.0.4)
本体ファームウエア:Z22000RL
SDSSDA-120G-J25C.png
・読み込み:490MB/s, 書き込み211MB
ほぼ仕様どおりの測定結果でした。書き込みはもっと早いドライブも売ってますが、おそらく通常の使い方では不要化と思いますので、読み込みが早ければ十分かと思います

SDSSDA-120G-J25Cの楽天参考価格


SD7SB6S-128G-1122 128GBのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/424657469.html
HDDからSSDへOSパーティションの移行 アライメント フリーソフト
http://okoya.seesaa.net/article/368452191.html
ASP900S3-64GM-C-7MMのファーム更新[5.2.5]
http://okoya.seesaa.net/article/401681927.html


タグ:ssd HDD SanDisk
posted by okoya at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年05月21日

V3SZK-016G-BKのベンチマーク(USB3.0対応メモリTOSHIBA)

USB3.0対応、ドライブ自体のパスワードロック機能のあるV3SZK-016Gのベンチマークをしてみました
ソフト上で確認したところphison社 PS2251-07(USB3.0対応のコントローラ)というICを使用しているようです。
書き込みのLEDは付いています(青)。キャップは後ろ側にさせるようなのですが、軽く固定できるだけで完全に刺さる構造ではないようですので、なくさないように注意ですね。
V3SZK-016G-BK-03.JPG
TransMemory-MXはパスワード保護(ロック)がかけられます。
http://www.toshiba-personalstorage.net/support/download/usb/security/tnub/software/security02_j/TransMemory_Secure3.zip
他社の安物ではGreenHouceでも同等機能を有しています(Imation、TDK、にも以前はありました)。それ以外の安物だとドラッグ&ドロップで個別に暗号化するソフトだったりしますが、PHISON社コントローラを使ったものはドライブごとパスワードで保護できるようです。
使い方は
USB刺す→中のアプリ起動→パス入力→未暗号化領域が無くなり、保護領域のドライブを別ドライブとして認識→保護ドライブに書き込んだものはもれなく次回刺すときに自動でパスが必要となる。→個別のロック操作不要で抜き差しOK
というかんじ
V3SZK-016G-BK-04.gif
本製品では隠し領域の大きさが指定できます。ただし、運用上は通常エリアがあると隠し領域を使わなくなるので全部隠しのほうが安全かとおもいます。
パスワードの再設定(パスワードを複数回間違と自動的にフォーマットされます)だけでは保護領域のファイルは復元できないので基本的には安全と見ていいと思います。
ただ、ICチップ自体はAES暗号非対応で暗号化しているかどうかはあやしいので物理的に改造されるとどうなるかは分かりません
(一般人がデータを取り出すのは無理そうです)

以下ベンチマークですが黒V3SZK-016G-BKと白V3SZK-016G-WHの両方を入手しましたので両方試しました
白の方が書き込み速度が高速となりました。

V3SZK-016G-WH-01.gif


V3SZK-016G-BK-01.png

入手したロットが
黒:2015.7のファームが載っている
白:2014.7のファームが載っている
ということで、中身の仕様が違ったようです
内部のコントローラーとしてはTC58NC2307G6FやTC58NC2307G5Fと記名のあるチップが使われているようです。phison社のロゴが付いていませんが、OEMかなにかで表面の記名だけ東芝のロゴなのかもしれません。

V3SZK-016G-WH 楽天で800円くらい




GH-UF3LA8G-WHのベンチマーク(USB3.0対応メモリ)
http://okoya.seesaa.net/article/436666858.html
暗号化USBメモリのアンチウイルス付き、HUD-PUVS02GM1,HUD-PUVS02GA1のテスト
http://okoya.seesaa.net/article/398478106.html
USBメモリ TDK TRANS-IT ベンチマーク(暗号化)
http://okoya.seesaa.net/article/144164549.html




posted by okoya at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年05月07日

カシオPRO TREX PRW-6100YT-1JFの購入、レビュー

カシオのPRO TREXシリーズcombination lineのPRW-6100YT-1JF (5470)のコメントと写真です。太陽電池と電波時計が付いていて、デジタル(液晶付き)とアナログが兼用されているタイプになります。デジタルがついているのでストップウォッチやタイマーが利用できます。液晶がついて兼用されてるのは、大概のひとはG-shock,wave ceptor,lineage,PRO TREX。他社ではシチズンのsolarmateシリーズから選択することになります。
PRW-6100YT-1JF-01.jpgPRW-6100YT-1JF-02.jpg
PRW-6100YT-1JF-03.jpg
 PRW-6100YT-1JFの楽天参考価格
参考の説明書(No.5470)

以前所有のlineageとの比較などコメント
・MOV'T(movement、機能)はPRX-8000Tと同一になります(PRW-6000YT-1JFとは違うようですが、カタログスペックは差は無いようです)
・用いられているバンド[S-1385N]はチタンをブラックIP(イオンプレーティング)という表面処理(めっき)がしてあるものになります。[シリーズもので樹脂バンド品もあります]
・ストップウオッチは24時間対応(PRW-5100-1JFは60分までだったり、制限がある機種はあります)
・ガラスは無反射コーティングサファイアガラスになります
・据え置き状態での温度の測定機能は温度計付きの時計と同一の値を示していました。ただ、手につけると体温の影響であからさまに上がります(体温と気温の中間くらいの値に落ち着くものと思われますが)。気休めですね。もう少し何とかならんのかと思いますが。
・腕への止め具はダブルロックとなっています(PRO TREXシリーズの標準のようです)。他の腕時計同様の方式で既に指が2本無いとはずせないので、あやまってはずしてしまうことはほぼ無いのに、さらにカバーをつける意味は理解できませんでした。取り外して無効化できるかと思ったのですが、どうやら簡単にはずせる構造で無いようで、この点は大いに残念。オプションとしてはずせるようにしてほしいものです(別売りにしたら何人が買うのかという、日常での使い勝手を悪化させる機能です)。
PRW-6100YT-1JF-04.jpg
・バックライトのLEDライトは白でした。
・バンドの調整は自分でもできますが(Cリングのタイプです)、必ずやり方を見ておいたほうがいいです、構造は単純に見えますが間違うと面倒な事になります。
(工具はゼムクリップとラジオペンチでも代用可能でしたが、キズ等をつけてしまうかもしれませんのでお勧めしません。結構かたいので力が必要です)
・lineageと比較して、大きく重いです。多機能なのでしょうがないですが。
 ・重さは112gとのことで、データシート上ではlineageよりも37g重いです
・PRX-8000T-7AJFとの比較では、DLC処理(ベゼル部)、チタンカーバイト処理が無いことが差異になり重さは6100のほうが28g軽量。
・PRW-6100FC-1JFは樹脂バンド採用
・PRW-6100Y-1AJFは樹脂バンドと無機ガラス採用
・PRW-6000YT-1JFとの比較では、ねじロック式リューズ、STN液晶が差になる?


CASIOの電波,太陽電池腕時計wave ceptorが寿命っぽい(アナログ、デジタル)
http://okoya.seesaa.net/article/250268931.html
カシオLINEAGE LCW-M100TD-1AJFの購入、レビュー
http://okoya.seesaa.net/article/256704444.html



タグ:時計 CASIO
posted by okoya at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年05月04日

ノートンセキュリティのアメリカ版、海外版を利用する

ノートンセキュリティの海外版を日本から買うことができます
・アメリカアマゾン(ダウンロード販売、ただし米国の住所登録が必要[ダミーで可、たとえば輸入代行業者の住所とか])
・ノートンの純正オンライダウンロード販売

ただし、そのままNSやNSDを適用しようとすると、「プロダクトキーはお住まいの地域では無効なので製品のアクティブ化に使うことはできません-2009」等エラーが出て認証できないかと思います。(エラーが出た場合はノートン マネージメントというwebベースのサイトにキー自体は登録されていますが、有効期限が開始されない状態になります)
以前NIS米国版を購入したことがありましたが、こちらは何の細工もなしに利用できましたので、ここ数年で対策をしてきたようです
(以前は中国版NISが転売されたのですが、こちらは早々認証エラーになる対策を講じてはいました)
逆に海外に在住しているときに日本で購入したキーを適用しようとしても同様にはじかれるかと思います

この時の地域チェックとしては認証サーバーに接続したときのIPがどの地域で利用されているものかで判定しているようです(期限の更新、延長のときもIPによって販売元webページを切り替えていました。米国体験版を延長しようとすると、日本のエラーページ?に飛ばされ購入しか選択肢が出なかったりします)。
ということで、認証したいPCについては毎回、プロキシと呼ばれるような中継サーバーを経由したり、VPNと呼ばれるサービスを経由したりすることでIPを購入した国のものにしてあげればノートンセキュリティ自体が日本語体験版だったり、日本語OSで使用していても認証が通せます。(プロキシでは認証を通すのは簡単でないようにみえましたが)。認証後はIPが日本のPCでもアップデートができているようです。なお、大型アップデートで再起動が必須なときなどには認証がリセットされるかもしれません(まだ未確認)。



補足:NSの種類
日本では下記(セキュリティとしての機能は大差なし)
 スタンダードNS:1台 2980円程度
 デラックスNSD:3台 3980円程度
 プレミアNSP:5台 4980円程度
アメリカ
 スタンダードNS:1台 20〜25$程度
 デラックスNSD:5台 35〜39$程度
 プレミアNSP:10台 39〜49$程度
アメリカ版は期間限定でたまに安いことがあります。まれに上記よりも安いときもあります。
(NSDが20$台でアメリカアマゾンで購入可能であったりとか)。
現在やっているキャンペーンサイト
NSP 39$
http://buy-static.norton.com/norton/ps/bb/3up_ns1_ns_nsbu_ca_en_60tw_nbcomp.html
NSD 35$
http://buy-static.norton.com/norton/ps/bb/3up_ns1_ns_nsbu_ae_en_largo_notw_brnf.html
NS 20$
http://us.norton.com/landing/nss/microsoft/current-offers.html
国内価格参考:
NS1台 20%楽天ポイント付税抜き
NSD3台 20%楽天ポイント付税抜き


Norton security 2015(22)の60日90日無料体験版ダウンロード
http://okoya.seesaa.net/article/430752605.html
ノートンインターネットセキュリティ2013日本語版を安く購入する[3台?1年1980円]
http://okoya.seesaa.net/article/355745977.html





posted by okoya at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー