2016年04月28日

32bitのパソコンで4GB以上のメモリを利用する

サーバー用32bitのOSをつんだパソコンでは4GB以上のメモリをつんでいても使用でき、これを転用する方法を編み出した人がいるようですのでその紹介
普通の32bit Windowsでは3.2GB程度までしか認識されないのを使えるようにできます
PatchPAE,PatchPAE2,PatchPAE3
というツールのいずれかを使います。

PatchPAE2まではコマンドを自分で打って改造する必要があります
PatchPAE3はなかにあるスクリプトを実行することで設定を一括でしてくれるようにもなります。ただしロシア語なので説明書が読めないという不都合と、スクリプトがキリル語フォーマットなのでフォーマットの変換が必要です。

以下手順;
0.ファイルをダウンロードします。このときexeだけでなくUSB用のドライバも付いてきます
http://rutracker.org/forum/viewtopic.php?t=4694409
ファイルはtorrentで配布となっています:fix128v42.torrent
1.exeファイルを解凍します。7zという変わったフォーマットなので、専用のフリーソフト等が必要です(expliz,lhmeltなど)
pachPae3_03.gif
2.ntk128gb.vbsを文字コードを指定して開きます。
 emeditor(フリーソフト)を起動→ファイルを開く→エンコードを指定(キリル語)ntk128gb4.vbsを開く→ファイルを保存shiftjis文字コード
 greenpadやmaryなどのフリーのテキストエディタでもできるかと思います
2.2.本ファイルのロシア語部を翻訳すれば日本語解説が見れるようにはなりますが(次項の画像のように)、たいへんなのでお勧めはしません。余計なところをいじってしまって正常に動かなくても困りますし
3.ntk128gb4.vbsを実行します。基本は上部の設定をいじらずに、右下のボタンを押せば一括設定してくれます。(画像は実施済みなので、削除ボタンに換わっています。)
pachPae3_01.png
4.再起動すれば設定が反映されます。起動時に選択肢が出るようになりますが、4Gbとなっているほうを実行することで4gB以上が使えるようになります
pachPae3_02.png
5.お好みでUSBドライバを書き換えます。不具合が出るようなのでその対策と思います。XPなら2003, windows7なwindows2008用をコピーすることになります。ただし、セキュリティの関係でwindowsのそのままの設定では書き換えはできないかと思いますので注意です。
「Trustedinstallerからアクセス許可をもらう必要があります」と出るのでそのままでは書き換えられない
一番簡単なのはUSBメモリにインストールできるlinuxを用意。
→PC起動時(電源押した直後から)F12を連打→起動用ドライブとしてUSBドライブを指定→linuxが起動→ドライブのアイコンからファイルを操作。HDD内のファイルをコピーペースト(兼バックアップ)。再起動がよいかと思います
なおこのファイルはUSB2.0用のようです。3.0が付いているPCでは個別にアップデートをしておいたほうがよいかと思います(intelのドライバの場合)。

補足:
USB系のドライバ更新しない状態では当方環境の不具合として下記が見られました
・USBデバイスの抜き差しで、USB機器全部(マウス、キーボード)が使用不可になる症状がみられるときがあります
・スタンバイからの復帰でUSBを見失うため使用できない(スリープ後1分程度ならば復帰は正常なのですが)




posted by okoya at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年04月21日

HMT425U6CFR6A-PB(PC3L-128000U-11-13-C1)のメモ

HMT425U6CFR6A-PB(PC3L-128000U-11-13-C1)のメモです。シールにはSK hynixとかいてありましたがPC上ではhyundai製とでます
HMT425U6CFR6A-PB-01.gif
PC3Lとあるように電圧は1.35Vになります。メーカー資料によると1.283V to 1.45Vとのこと。
搭載されているチップはhynix h5TC4G63CFR x4個
2GByte/4chip*8bit = 4Gbitメモリ/1チップ
仕様となりますので、古いパソコンで利用するとブルースクリーンになるかと思いますので注意です
HMT425U6CFR6A-PB-02.jpg

DDR3-1066に応した4Gメモリの相性(ブルースクリーン)intel core i5,i7,i3
http://okoya.seesaa.net/article/425236267.html
kingstone KVR16N11S8/4 4GByte PC3-12800(DDR3-1600) 購入
http://okoya.seesaa.net/article/392319351.html




タグ:メモリ
posted by okoya at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー

2016年04月14日

GH-UF3LA8G-WHのベンチマーク(USB3.0対応メモリ)

USB3.0対応、ドライブ自体のパスワードロック機能のあるGH-UF3LA8G-WHのベンチマークをしてみました
使用されている部品はphison社 PS2251-07(USB3.0対応のコントローラ)と東芝のメモリでした
書き込みのLEDは付いていないようです。これは残念ですね。安物なので仕方なしでしょうか。注意して引き抜かないと、ファイルが破損することになるかと思います
GH-UF3LA8G-WH-01.gif
一部のレビューで遅いとあったのですが、当方が入手したものは高速でした。
作られたのは2016-3月ごろのもののようで、各種部品も2016年製造品が使われいるように見えました。
速度が改善しているのは新しい部品で組み立てられたおかげでしょうか。

パッケージあるようにパスワード保護(ロック)がかけられます。他社の安物では東芝でも同等機能を有しています(Imation、TDK、にも以前はありました)。それ以外の安物だとドラッグ&ドロップで個別に暗号化するソフトだったりしますが、PHISON社コントローラを使ったものはドライブごとパスワードで保護できます。
使い方は
USB刺す→中のアプリ起動→パス入力→保護領域を別ドライブとして認識→保護ドライブに書き込んだものはもれなく次回刺すときに自動でパスが必要となる。→個別のロック操作不要で抜き差しOK
というかんじ
本製品では隠し領域の大きさは指定できないです。運用上は通常エリアがあると隠し領域を使わなくなるので全部隠しのほうが安全かとおもいます。
パスワードの再設定(パスワードを複数回間違と自動的にフォーマットされます)だけでは保護領域のファイルは復元できないので基本的には安全と見ていいと思います。
ただ、ICチップ自体はAES暗号非対応で暗号化しているかどうかはあやしいので物理的に改造されるとどうなるかは分かりません
(一般人がデータを取り出すのは無理そうです)
GH-UF3LA8G-WH-03.gif
この機能を有効化したときの読み書き速度も測定しました。
ほとんど速度差は無く書き込めています。
GH-UF3LA8G-WH-02.gif


GH-UF3LA8G-WH 楽天で900円くらい


USBメモリSDCZ48-016G-U46のベンチマーク(USB3.0)
http://okoya.seesaa.net/article/424262822.html
暗号化USBメモリのアンチウイルス付き、HUD-PUVS02GM1,HUD-PUVS02GA1のテスト
http://okoya.seesaa.net/article/398478106.html
USBメモリ TDK TRANS-IT ベンチマーク(暗号化)
http://okoya.seesaa.net/article/144164549.html




posted by okoya at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー