2017年10月17日

リクライニングチェアRC3000のメモ

背もたれがフラット近くまで倒せる(リクライニングできる)椅子です。RC3000というものになります。
普通の椅子では重心がずれて倒れてしまうので、あまり背もたれは傾けられないので、特殊な細工がしてある椅子になります。
・最大160度まで倒れます
・ロック用のレバーが脇にあってこれを操作すると自由に動かしたり、止めたりできます。レバーは両側にあり、個別動作になります。右側をとめたら右側で解除という感じ
・頭部の部分は自動車内の背もたれ同様の上げ下げができます。これ以外に傾きも調整できるので倒した状態で頭だけ傾けることもできます。
・椅子は床じか置きのタイプではないので、360度回転できます、ただしキャスター付きの椅子と違って硬いです。
・座面の高さが450mmなのでこの手の椅子としては高めになります。これ以上を望む場合はキャスターつきのオフィスチェアのようなものが必要になってきます(がリクライニングができない)。750mmの机に対して利用したかんじは、低いですが使えなくはないという感じ。
・隣に500mm高さのサイドテーブル、デスクをおいて、お菓子飲み物を置くと便利です。
・組み立ては不要のタイプでした、その分、箱のサイズが大きいので(775x815x850)玄関に入るかどうかは確認が必要です(マンションアパートでは写真のように通常は厳しいです)。
・通販(amazon楽天ほか)で買う場合は、箱が大きいので普通のヤマトや佐川ではなく特殊な運送会社が持ってくることがあります。時間指定はできない場合や、日曜配送ができない場合があるので注意が必要です。たとえば当方の場合トナミ運輸という企業向け?のところを利用してました(が土曜日にもう一度持ってきてくれといったら別の業者に中継されたようです)。箱出しの手伝いも当然してくれませんし、玄関から入らなくても置いて帰ってしまいますので注意です。(こういうサービスを利用する場合は近所の実店舗購入がいいかと)
RC3000-02.jpg RC3000-01.jpg

RC3000取り扱い説明.pdf

RC3000 Amazon参考価格

以下所注意:
・床にじか置きでなくカーペット、タイルマット、タイルカーペットを引くとよいかと思います(500mmで300円くらいでホームセンターで買えます)。引きずっても床に傷がつきませんので。
・椅子の高さが必要であれば、床に板でも引いてかさ上げをするとよいかと思います。厚めの座布団的なものを引けばある程度高さが上げられますが、限度はあるかと。
・こういうイスは普通のホームセンターには扱いがありませんし、小さなニトリのようなところでもあまり種類を見ないかと思いますので、選ぶなら大型の家具屋か通販になるでしょうか。
・キャスタつきのオフィスチェアのようなものは、重心の問題で傾きが小さいかできないことが多い。
オッドマン(足置き)のところが飛び出て、重心が調整されてリクライニングできるものも一部あるが、足を乗っけるところが小さいのが微妙か(くつろげる?)。
・その他仕様として気をつけたいのが、背もたれが途中で止められない種類の(倒すか起こすかの2択)1人掛けソファがある、倒せる角度はものによる、イスの高さ、頭の置くところの調整の有無。

オフィスチェアLU-16について
http://okoya.seesaa.net/article/105974029.html
折りたたみソファーベッド(リクライニングベッドのソファー付き)
http://okoya.seesaa.net/article/343712952.html




posted by okoya at 00:12 | Comment(0) | 商品レビュー

2017年10月09日

visio2013でdxfを保存するときのバグ

visio2013でdxf,dwgを保存するときのバグのメモです。2010や2007も同じかと。
・ゼロ点があわないのでvisio上のxy位置とcadソフト上の位置が違う(寸法自体はmmであってます)
・寸法線を入力するステンシルがありますが(pro版付属)、dxf化したときに引き出し長さや寸法値がデフォルトになる。
 (寸法線フォーマットとしては認識されてるようで、cadソフトで長さを微調整すると数字が直ります)
・MSPゴシック、uiゴシックで保存したテキストのフォントサイズが、VisioとCADソフトで違う
→仕様っぽいのでMSゴシックで保存
・文字の位置が5mm左よりになるものがある?
→なるのとならなのの差は分かりませんが、なるものは5mm右に置くしかない模様
・塗りつぶし、ハッチングが反映されない
・背景の機能を利用している場合(図枠や日時、ページ数を背景シートに置くなど)、背景の内容はdxfに反映されない
→dxfとして保存したいシートに内容移すしかない
・visioで上書き保存してもまれに反映されないときがある?。ファイル名を変えてもだめでした
→visio終了して再起動で保存しなおし。PC再起動で直るかも。
・dxfに画像ファイルは埋め込めません。消えます。

その他
・visioで作ったLayerは反映されてるようで、cadソフト上からオンオフできる
・ファイルの不具合確認に使えるソフト:DWG TrueView(autodesk純正の2D用ビュアー)、DraftSight (フリーCADソフト、簡単な編集も無料でできる)、VariCAD Viewer(3Dファイルのstepも見れるビュアー)
・jwwというフリーのCADは操作方法が直感的でないのでよく分からず、非推奨。




タグ:office Visio
posted by okoya at 01:05 | Comment(0) | 商品レビュー

2017年10月02日

アメリカamazon.comからの配達状況

アメリカamazon.comからの配達状況のメモです。
到着まで12日かかったときのログです

Package has left seller facility and is in transit to carrier
パッケージは販売者から出ました、運送会社への運搬中です。
Package details received electronically from Seller
パッケージの詳細を売り手から電子的に受け取りました
↓2日後
Package arrived at a carrier facility
運送会社へ到着しました
Received at i-Parcel
i-Parcelで受け取った
↓6日後
Package has left the carrier facility
パッケージは運送会社設備を出ました。
Exported i-Parcel and in transit to country of destination
i-Parcelを出ました、出向国への輸送中。
↓2日後
Initiated customs clearance process
通関手続きプロセスが始まった
Arrived at destination and will be entered into the delivery stream after successful clearance
目的国に到着、通関が成功した後に配達先に入る見込み
↓1日後
Completed customs clearance process
通関手続き完了
↓0.5日後
Out for delivery
配達中(飛行場から出ました)。
↓1日後
Your package was delivered.
配達完了(佐川急便)

米アマゾン アニメの新作順へのリンク

米(アメリカ)amazon.comでBlu-ray Discの購入
http://okoya.seesaa.net/article/224228248.html



タグ:Amazon 追跡
posted by okoya at 00:08 | Comment(0) | web

2017年09月17日

エレコムの覗き見防止フィルム

覗き見防止フィルムです。
視野角が明確に下がるので、新幹線の隣の席からも見にくくなります。
PCの液晶のサイズごとに複数売られてますが、ぴったりのが在庫として持っているかは分からないので通販で買うのが楽かと。
エレコム EF-PFS133W2(amazonで3000円くらい
を買いましたが、斜めから見ると結構薄暗くなっていましたので、凝視でもしないと内容の判読は難しいところまで見えなく出来ました。
固定はテープで四隅を止めるか(閉じるボタンのXとかがテープと重なるのがきになる)、タブシールというので押さえつける形になります(フィルタの着脱ができるようになる)。

見られたくない資料は屋外で扱うのはどうかという話はあるので、PCの配布やデータ通信端末があってもこういうシートの配布がない会社は多いです。ただ、新幹線など移動時の時間、打ち合わせまでの待ち時間を無駄にするのもという場合には必須かと思います。つけてない人のは覗き見ようとすれば結構見えてたりします。(無駄時間分の成果が出ないのが許されればいいのですが、仕事が詰まっててそう言ってられない場合はありますからね。)
filter01.jpg
filter00.jpg
正面から見た図は半分だけ隠した状態です。写真では分かりにくいですが少し見ずらい感じはします。非光沢ノングレア液晶にノングレアシート(Anti-Glare加工)が重なっているので。窓から光が差し込む可能性のあるのでノングレアシートを選択したほうがよいかと思います。

寸法は複数あるのでPCカタログスペックとシートのカタログスペックを見比べてインチではなく縦横寸法で選びましょう、完全にぴったりである必要はないかと思います。小さめの場合は見てくれの問題かと(画面端なんて見られて困るものが表示されることないですし)。大きめだと都合は悪いのでカットする必要が出るかもしれません。

11.6 インチ EF-PFS116W MacbookAir
12.1 インチ EF-PFS121W 268mm×151mm
12.5 インチ EF-PFS125W 277.5mm×155.5mm
13.3 インチ 16:9 EF-PFS133W2 幅294mm×高さ165.5mm
13.3 インチ EF-PFS133W MacbookAir13インチ対応

intel Core i5 3337Uのベンチマーク(VK18T/G-G)
http://okoya.seesaa.net/article/446658935.html
NEC VK18T/G-G UltraLite タイプVGのwin7から8.0、8.1への更新の諸注意
http://okoya.seesaa.net/article/450915122.html




posted by okoya at 10:57 | Comment(0) | 商品レビュー

2017年09月03日

スマホをカーオーディオとして使う(再生停止のエンジン連動)

スマホをカーオーディオとして使うためのAndroidソフトです
シガーソケットからUSBの電源がきたときに(エンジンをかけたときに)音楽が再生されて、電源が切れたときに再生がとまるようにできれば(エンジンが切れたときに止まる)便利かと思います。
これはmacrodroid+poweramp+シガーソケットUSB給電で実現できました。

・macrodroidで電源に接続したときにPowerampを起動するマクロを設定。電源切断時には、メディアの制御(メディア再生/一時停止を押したのをシミュレート)。これでアクセサリ電源と連動で再生停止させられます。
・powerampの設定としては起動時に再生を自動再開、を設定しておく

諸注意としては
・通常のスマホでは待機電力が大きいので、機内モードなどで携帯電話網を無効化、wifiオフbluetoothオフを推奨です。この設定なら、待機電力だけで、2週間は持つようになるかと思いますので燃費にやさしいです(機種にもよりますが)。買い物にしか使わないレベルで乗車時間が少ないと充電が間に合わなくなることもありえますので省エネがよいかと。
・画面の大きい機種は車内の置く場所に困るので5インチ以下(4.6インチなど)の機種がいいかと思います。最近の機種で新規購入ならCOVIA FLEAZ Queとかが安く買えるようです。スペックはいらないので機種変更であまったのを使うのもよいかと。国内メーカの中古でも1万位してしまうので、安価に入手はしにくいようです。
・置き場所はエアバックが開くのと干渉しない場所にすべきです。接続のケーブル含めて。よく考えましょう。(この点からも大きさは小さいほうがいい)
・手動で再生を一時停止してある場合にエンジンを切ると再生が始まってしまいます。(macrodroid設定をポーズやストップにしても挙動は同じです)。回避するにはアプリを終了を選択できればいいのですが、普通のスマホではできないようです。
・夏場の車内は60度もありえますので、電話がもたないかもしれないけど自己責任で。
・車上あらしにあったときように、個人情報削除、アカウントの連携廃止を推奨です。
・powerampの代わりにJetAudioでもためしたのですが、sdカード内の音楽が正常に読めない(一部ファイルが消える)症状でした。ポータブルデバイス(mtp)として読み書きしているのが原因っぽいですが、SDカードだけ取り出して書き換えても見失う症状がありますので、当方の携帯側が悪いのかもしれません(powerampだと全部見つかる)。
macrodroid01.jpg


ipodをカーオーディオとして使う(エンジン、アクセサリ電源連動)
http://okoya.seesaa.net/article/453019842.html
シーガーソケット対応USB充電器、mpa-ccu03bkのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/450529621.html


posted by okoya at 11:57 | Comment(0) | ソフト

2017年08月27日

ipodをカーオーディオとして使う(エンジン、アクセサリ電源連動)

rockboxというカスタムファームを入れた手法の紹介です。特徴としては
・itunesと連携ができない代わりにドラッグ&ドロップでフォルダに入れたものを再生できるようになる
・標準ファームではできないことができるようになるかも
・デザイン(スキン)が変えられる

このファームでは設定で、5V電源がきたときに再生開始、5V電源が切れたときに再生停止ができます(停止後5分でシャットダウンもできる)。
ということでシガーソケットからipodに電源を供給するケーブルをつないでおくことで、エンジンをかけたときに自動で再生が始まるようになります。
ipodをダッシュボードにそのまま置くのははばかられたので、
seriaのホルダ(横幅が微調整できて下側にケーブルつないでも干渉しないやつ)+3Mの両面テープ(高温対応の1mm厚)で確実に固定+100円のケーブル+mpa-ccu03bk(シガーからUSB5V取る)
を組み合わせて置いています。

rockbox自体のインストールの仕方は他のサイトを参考にすればよいかと。「Rockbox Utility」というのを使えばインストールできますので。

諸注意
・起動後すぐにロックボタンを有効にすると、標準ファームがあがってしまいますので基本ロックしないでおきます。
・フリーズしたときは「上+真ん中」をしばらく長押ししてるとリセットがかかります。[ipod第五世代(video)の場合]
(起動時純正ファームしか立ち上がらなくなった場合にもとに戻せます)
・シガーソケットとの接続が充電専用でないとファイル転送モードに行ってしまうかも?
(mpa-ccu03bkと100円のケーブルではOKでした)
・PC上で作成したプレイリストm3u形式が利用できますが(拡張子がm3uなだけのテキストファイル)、日本語フォントがうまく処理できません。unicode形式で保存したテキスト(.m3u8の拡張子)か、このファイルの拡張子をm3uにリネームしたものでないと利用できないかもしれません。
・本体上でもプレイリストは作れますので(ファイルかフォルダを選択して決定長押しのメニューから)それを利用するのも手です
・mp3ファイルの曲情報IDタグはver2.3のutf16推奨です。日本語が文字化けしますのでusというオプションがついてないもの。Mp3tagというフリーソフトでオプション設定を変えておいてから、取り込んで再保存、が楽なようです。m4a(AAC)なら問題は出ないかと思いますが、汎用性が気になる感じではあります(最近の機器なら再生できないものはないですが、昔の機器はmp3フォーマットが無難)。
・rockboxの設定でクロスフェード(曲間の無音をなくすような操作)で再生させることもできるようになります。
・メニュー画面にある設定について説明を書いた資料はこちら。めんどうなので途中までで止まってたり。

シーガーソケット対応USB充電器、mpa-ccu03bkのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/450529621.html
Android用rockbox(720*1280スキン、携帯電話)
http://okoya.seesaa.net/article/309312192.html





タグ:Rockbox ipod
posted by okoya at 12:57 | Comment(0) | 商品レビュー

2017年08月12日

OPEN-WRTをOpenVPNのサーバーにして外部からアクセスするときの設定

openwrt で openvpnを使う場合です。今回のネットワーク構成としてはプロバイダから無線LANルーターがもらえていて、純粋にVPNサーバーとして使ってみた場合になります

用意したもの( https://www.openvpn.jp/download/ )
・vpnux PKI Manager(windows)
証明局、証明書をwindowsPCで簡単に作るためのソフト
別途用意してある場合は下記手順のvpnuxPKI.exe関係は省略可能
・vpnux Client
vpnuxClient-1.3.0.0-install.exe
openvinで接続するために必要となるソフトでクライアントのみ
[openvpn-install-2.3.11-I601-i686.exeではありません]

vpnux PKI Manager(windows)
・vpnuxPKI.exe 実行
CAの新規作成、フォルダは任意(新しく作っておくこと)
・CA証明書に記録される情報を入力しますが。自分で識別できる程度でよいかと思います。まじめに運用しないのであればニックネーム的なものでOK
これによりサーバー側とクライアント側で共通で使用されるファイルができる
・サーバー用秘密鍵/証明書のボタンを押して、サーバー用証明書ファイルを作る。名前は「server_xxxxxx」形式推奨。サーバー用であることの明記と、どのサーバーかわかるような名前にする。
・クライアント用秘密鍵/証明書のボタンを押して、クライアント用証明書ファイルを作る。基本は1PC1個にするのでどのクライアント用であることの明記とPCがわかるような名づけをする、乱数にしといて紐付けで、別途管理でもよい。
underpink1.png
事前準備1(WSR-1166DHPのハブとしての利用準備、通常は不要)
・Buffalo WSR-1166DHPにシリアルケーブル経由でopenwrtインストール済み
・上位側はLAN側ではなくwanポートに有線で接続
Interfaces設定で
・wamは固定IP(dhcp clientで自動割り当てもできますが、何かの拍子にアドレスが変わるのを避ける)
・Disable DHCP
上位にルーターがいるので無効化、ブリッジが組んであればlan側接続機器や無線側も上位のルーターから
IPが振り当てられるはずです。
・Bridge interfacesでeth0.1 / eth0.2 / wireless / tap0 にチェック
(tap0はopenwrtの設定を終わったときに出てきます)
・firewallはwanのままでいい模様
・lanのタブでも同じ設定
・firewallはlan側にチェックでいい模様
(wanとlanは共通になるけど設定が違ってもいい模様?)
Firewall - Zone Settings
・今回はローカル内においたサーバーなので、inputとoutputとfowardは許可
以上でlan端子側につないだ機器にはプロバイダ提供のルーターからローカルIPが割り当てられると思います。

事前準備2:
opkg install openvpn-openssl
opkg install luci-app-openvpn

さらにDDNS対応することでアクセスしやすくするために以前の記事のDDNS設定はしました。
http://okoya.seesaa.net/article/452439610.html

事前準備3:
ルータとopenwrtが別なので、ルーター側でポート開放をしておく
ポート1194(次項のvpn設定時に変えていなければ)のtcp,udpが転送できていればOK
underpink1.png
設定:
luciにopenvpnの項目が出てきます。
設定例見たいのがありますが、選択肢で選べるところからServer用のEthernet Bridge VPNをadd
出てきたやつを設定で新しい項目を出現させる
注)下記以降設定で表示されてないものが出てくるかと思いますが、下のほうのadditionalFieldから追加すると設定できるようになります。
・port 1194
・server_bridge
192.168.1.101 255.255.255.0 192.168.1.228 192.168.1.254
ルーターLAN側と同じセグメントでいける模様
サーバーのIPを101にしていますが意味がない(使いどころがない)ようです
・comp_lzo
データ圧縮は有効、CPU食うのでちょっと遅くなるかも
クライアントのソフトと同一設定にする
・proto udp
クライアントのソフトと同一設定にする
・ca
Certificate authority -> ca.crt
作っておいたCA証明書をファイルから選択
・dh
Diffie Hellman parameters -> dh1024.pem
・cert
Local certificate -> server_xxxxxx.crt
サーバー用のcrtファイルを選ぶ
・key
Local private key -> server_xxxxxx.key
サーバー用のkeyファイルを選ぶ

上のほうにSwitch to advanced configuration
というリンクがあり、押すと詳しく設定できる
・Networking -> dev tap0
数字はなくてもいいはずだが一応
tapならブリッジができるのでtapとする
・key-method 2
これを変えないと下記エラーがでた
error: --mode server requires --key-method 2

これでopenVPNの設定は終了

最後に
netwark -> Interfacesのところで
Bridge interfaceでtap0を含める


クライアント側設定
・vpnuxClient-1.3.0.0-install.exe インストール
・プロファイルを押して新規設定作成
・プロファイル名:後で見てわかりやすい名前
・VPNサーバー:ルータのIPアドレス、ドメイン名、の何れかを入力
個人回線は設定変更時の再起動などでIPが変わることはよくあるのでDDNS使用を推奨です。
(DDNSを使っていてもIP変更直後は反映されていなくて接続できないことがあります。2-3時間待つか、使用しているDDNSのHPに行ってログインすれば最新のIPは確認できるかと思いますが)
・ポート:サーバー側の設定に合わせないと接続はできない
・デバイス:Bridge (TAP) サーバーの設定に合わせる
・プロトコル:サーバーに合わせる
・拡張設定:いじらなくて良いはず、圧縮有効で残りは未チェック
・CA証明書:ca.crtファイルを読み込む
・ID/パスワード認証は使用しない
・証明書認証(PKI)を使用
・証明書:client_XXXX.crt を読ませる
・秘密鍵:client_XXXX.key を読ませる

追加のアダプタの設定としてtelnetでアクセスし
vi /etc/config/openvpn
list push "redirect-gateway def1"
#クライアント側で自動的にデフォールトゲートウェイをVPNサーバに設定してくれるようになるらしいが効果がないような
list push "dhcp-option DNS 192.168.1.1"
list push "route 192.168.1.0 255.255.255.0"
をたしています。
また、コントロールパネル->ネットワーク設定
TAP-Windows Adapter V9のもののIPv4プロパティ
・192.168.1.1 メトリック10
を追加するとデフォルトの通信先としてアクセスするようになります。

underpink1.png
結果:
VPN側にbridge構成の構築ができました。openwrt配下にない機器(ルーターのLAN端子の機器)を含め
出先などで自宅のPCや資産にアクセスが問題なくできています。

備考
・通信速度としては共有フォルダ間のファイル移動で18MBpsが出てました。CPUが良い物を積んでいるのではやいです。(MediaTek MT7621A, 880MHz dual-core CPU )
シングルコア400MHz品のopenvpn実績では4MBps程度
・powerdvd12でDNLAアクセスしてみましたが、レコーダーの表示はできるが、再生画面でエラーでした。
(タイムアウト制限にひっかかったか?というかんじ。上記設定では何か足りないのかもしれません)
・ログに下記エラーが
Cannot load CA certificate file /lib/uci/upload/cbid.openvpn.vridgevpn.ca
CAの設定が悪い、間違っているとき
・ほんとうはopenvpnではなくL2TPやIPseqをやってみたかったが難易度高めで、挫折。pptpは調べたので設定できた模様(ただlanの機器に接続できてない?)

openwrtでwww.ieserver.netのddnsを使う
http://okoya.seesaa.net/article/452439610.html
WSR-1166DHPにDD-WRTを適用する
http://okoya.seesaa.net/article/442415205.html
DD-WRTをOpenVPNのサーバーにして外部からアクセスするときの設定
http://okoya.seesaa.net/article/440982961.html




posted by okoya at 23:32 | Comment(0) | ソフト

2017年08月10日

BDR-209について

pioneer BDR-209についてです。
ツクモで購入したもので、製造は2017.4でした。最近のロットになるようです。(製造日はお店での回転率にもよると思います)
ファームウエア:ver 1.34 16/04/25
地デジ録画が再生できるソフト付属とあるもので、powerdvd12がデフォルトではついてます。
(ついてるのとついていないものがあります。1000円程度の差になります)
ただ、最近のロットではpowerdvd14が付属するようです。(14.0.1.7230,TR170105-005 )
pioneerドライブがないとインストールできないタイプなのでCDにもそのように記載されてます。CD自体は2017.5作製。CD盤面にpowerdvd14と明記されているので見分けられるかと思います.
(マニュアルは2012製造のままです)

新しいからか、ドライブが優秀なのかは定かではないですが、
品質の悪い市販ブルーレイの読み込み時においても動画再生でこま落ちなどのも問題ありませんでした。
(以前使用の機種は経年劣化なのか、安物ブルーレイだったからか、2層使用してあるblu-rayで品質が悪いものではこま落ちが生じることがあった)

BDR-209参考価格

iHES208 (Blu rayドライブPowerDVD付き)購入、書き込み品質テスト
http://okoya.seesaa.net/article/170399836.html





posted by okoya at 00:30 | Comment(0) | 商品レビュー

2017年08月05日

openwrtでwww.ieserver.netのddnsを使う

openwrt で http://www.ieserver.net のddnsを使う場合です
事前準備:
sslでDDNSへ接続する場合は下記をインストール
opkg install wget     //ssl対応版が必要
opkg install ca-certificates
opkg install luci-app-ddns
ddns-scriptsもいるのかもしれないのでこれもインストールしてあります

設定:
DDNS Service provider [IPv4] : custum
Custom update-URL:
https://ieserver.net/cgi-bin/dip.cgi?username=[USERNAME]&domain=myhome.cx&password=[PASSWORD]&updatehost=1
(ドメインがmyhome.cxの場合でssl接続用)
Hostname/Domain:tourokusitamono.myhome.cx
(URLに出てくる"&domain=~~"と、ここのドメインは同一にしないでください、tourokusitamonoを足す)
Username:tourokusitamono
Password:tourokusitamono
Use HTTP Secure:チェック
Path to CA-Certificate:/etc/ssl/certs
(デフォルトのCAインストール先)

ルーターが認識したwanIPと実際のIPが違う場合は下記設定もする(ルーターの下にありlocalIPが振られている、など)
Advanced Settings:
IP address source [IPv4]:URL
URL to detect [IPv4]:http://ieserver.net/ipcheck.shtml

・Time Settingのところは任意、サーバーに負荷をかけないようにあまり頻度にしないこと。
DDNSで更新をしても、nslookup情報はすぐに反映されません[数時間とか]、刻みが細かすぎるとエラーがたくさん出ます。
・Force Intervalはたまにログインしないとアカウントを消されてしまうサービス会社対策です。ieserver.netは大丈夫のようですが、一応たまに強制更新するとよいかと。

・設定が完了したらスタートボタンを押して始めます。エディット画面からログを確認してエラーが出てなければ再停止せずに動作し続けるはずです
(初めての更新では
222211 info : Update successful - IP 'xxx' send
113221 info : Forced update successful - IP: 'xxxx' send
222712 WARN : Updating IP at DDNS provider failed - starting retry
が出つづけることがあります。nslookup情報はすぐに反映されません[数時間とか]ので前回の更新が失敗扱いになりますが正常な挙動です。
・ 214833 ERROR : Busybox Wget Error: '1'
  214833 : wget: can't execute 'openssl': No such file or directory
がでているのであればssl非対応のwgetでsslアクセスをしようとしてるのでssl対応品を事前準備でいれてください

正常動作時の画面
DynamicDNS_ieserver.gif


dd-wrtでDDNS,ieserver.netを使う
http://okoya.seesaa.net/article/430609164.html
WSR-1166DHPにDD-WRTを適用する
http://okoya.seesaa.net/article/442415205.html
DD-WRTをOpenVPNのサーバーにして外部からアクセスするときの設定
http://okoya.seesaa.net/article/440982961.html
OPEN-WRTをOpenVPNのサーバーにして外部からアクセスするときの設定
http://okoya.seesaa.net/article/452648019.html





タグ:DDNS OpenWRT
posted by okoya at 12:16 | Comment(0) | 商品レビュー

2017年07月29日

オーム電機HB-T03-Wのテスト

オーム電機HB-T03-Wのテストです。小型の温度湿度計になります。ボタンがついてますが、
湿度状態が絵でわかる/熱中症警告が絵でわかる
を切り替えられます。基準は数値できまっているので、絵でわかる意味はないです。小学生でもわかる換算ですので。
固定はフック/磁石/立てかけ、の3種類ができるので便利かと

温度表示ですが当方が入手したものは他の温度計より1.0度前後低い値を示してました
温度誤差2度という仕様なので仕様の範囲内なのですが、個体差大きくないかなぁといいう気はします。
まぁ、安物ですね。
HB-T03-W-01.jpg
ガワが厚いので、温度の急変にも追従は遅い感じがします。
手で持ってると温度も変化する気がしますが、小型だからしょうがない感じでしょうか

楽天参考価格へ






posted by okoya at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品レビュー