2019年01月14日

80+ goldの電源antec NE550Gについて

80+ goldの電源antec NE550Gです。前購入したEA-450(80+ Platinum)と比較しました。が結果はあまり差は無いといえそうです。
この機種はantec公式サイトにも情報がないのですがEA550G-PROの日本語名称のようです
7年保障が付き、日本製コンデンサを利用しているものになります。初期不良にあたらなければ長期運用が期待できそうです

80+の規格として効率は下記を超える必要があります
負荷Goldplatinum
20%87%90%
50%90%92%
100%87%89%

ということでゴールドとプラチナの比較では2-3%程度の差があります
100Wの負荷なら2W減、200Wの負荷なら4Wの差になる感覚です

当方が使っていたPlatinumの電源と今回のgoldの電源antec NE550Gの効率を効率を比較すると下記図のようになります
NE550G-01.gif

実測結果としては下記のような結果でした、効率カーブ上からも1W 2W程度の差の領域での評価ですので、当方環境の測定誤差の多い状態でほとんど差が出ないのもやむなしでしょうか。電源の定格容量に対して、負荷量が少なすぎるせいではあります。本当は定格負荷のもっと低い電源を利用すべきなのですが、定格負荷の低い電源は種類がすくないこともありしょうがないところです。
低スペックのビデオカードしか載ってないような環境ではプラチナでもゴールド NE550Gでもあまり消費電力に差はでないようです。
EA-450NE550G
アイドル42W42W
スタンバイ2W2W
シャットダウン1W1W
youtube視聴47W47W
ベンチ1117W118W
ベンチ2105W106W

環境:Ryzen 3 1300X、Windows7、メモリ4GBx2、Radeon RX 560 、HDD、SSD、
 TAP-TST5による電力測定(測定器未公正)

NE550Gのファン等の音に関しては特に気にならないレベルかと思います。20%負荷レベルでの利用になりますのでファンも高回転にはなりませんでした、。
antec NE550Gのamazonn参考価格

諸注意:NE550Gの電力測定方法ですが、明らかに安物で精度のでない測定器が平気で売られているようです。ちゃんと値段の張るもので測定しましょう。
サンワのワットチェッカー TAP-TST5について
http://okoya.seesaa.net/article/127430808.html


EA-450(Platinum)とBronzeの電源の比較テスト
http://okoya.seesaa.net/article/288451564.html
AMD Ryzen 3 1300x 3.5GHz のsuperPI
http://okoya.seesaa.net/article/458813921.html



ラベル:電源
posted by okoya at 21:27| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

xperia XZ2compactのストラップ

最近のxperiaはストラップ穴が付いていないようです。xperia XZ2compactも同様にストラップ穴が付いていないのでその対策です。
企業などでは紛失対策としてネックストラップが必須なとこが大半かと思いますが、そういう需要も切り捨てていく感じになるようですね。

USB端子やイヤホン端子につけるストラップもあるようですが、落としたときの力にスマホ側が耐えられるのかは不明ですので安易に使わないほうがいいと思います。

ということでXZ2cにケース、カバーをつけるしか手がないかと思います。
アクリルケースのものから、手帳タイプのものまでいくつかは選択肢がありますが(店頭では大きい店でも選択肢はあまりないですけど)、出来るだけ熱のこもらないものが望ましいと思います。
裏蓋や液晶はネジ止めやはめ込みでなく両面テープでを固定するのが最近の機種の流行なのですが、高温になる(ヒートサイクルをかける)と内部の基板がゆがんだり、テープがだめになって、ふたが浮くという故障がスマホ界隈では多いですので、用心が必要です。
(開いた場合水濡れの恐れありで修理代金が高額になる可能性まであります)

諸注意
・ケースが金属製の場合XZ2compact本体に傷が付くことがあります。当方が入手したものはテープのようなもので傷が付かないようにしていました
・USBの端子部はケーブルが奥まで刺さらない可能性はあります(普通のケーブルではありえないですが、L字型のコネクタになってるものなど)
・ボタンが、がばがばのときはテープなどで遊びをなくしてあげると使いやすいです
・以下の写真はXZ2compact用の金属のバンパータイプの例になります。厚み方向は増えませんが外周が5mm大きくなります。2つのパーツに分かれていてネジ止めで一体化させるようになっていました。ネジが緩むのが気になる場合は緩み止め(強度弱)をつけるとよいかと
xz2c_bumper-01.jpg
xz2c_bumper-02.jpg
amazonでバンパーを探す(中国発送のものもあります3週間程度かかりますので注意です
海外通販AliExpress.com バンパーを検索
ebay バンパーを検索


Quick Charge 3.0と通常の急速充電の比較、スマホ充電速度(xperia XZ2C ACU-03QC30)
http://okoya.seesaa.net/article/463126869.html



ラベル:android
posted by okoya at 23:41| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

QC3.0に対応した安物中国製充電器XHF30W

XHF30WというQC3.0に対応した充電器です。
価格は5.6ドル+送料2.4ドル(追跡付き)と安いです。
日本の電気屋ではQC3.0対応の充電機は口がひとつしかないものでも1000円位するかと思いますし(ACU-03QC30Wとか)、選べるほど種類が置いてないかと思います。
XHF30W-02.jpg
中国の通販でKLC30Wと言う名称のものを買ったつもりだったのですが
受け取ったのはXHF30Wでした。仕様はあってるので問題はないのですが、中国の通販だからいいかげんなようです。
よくある安全規格(CEとかULとかFCとか)のマークはないものになります。
当然日本の安全規格PSEも取ってはないようですので普通の電気屋では買えなく、ebayか海外通販かAmazonの中国発送品かで無ければ入手できないかと思います。(埃が付いたとき用のトラッキング対策もしてません、付けっぱなしで放置しなければ実害は無いと思いますが。)
QC3.0としての動作も専用のICをポン付けしているだけかと思いますので、未対応機種では5V出力、対応機種では9V出力など、異常動作はするとは思えませんのでその辺は心配は要らないかと。QC3.0で9V充電中に他のUSB端子の電圧が5Vでなくなることもありませんでした。
ただ内部には電解コンデンサという有寿命部品が使われていますので、高温状態が続くと早めにだめになるかとは思います。その点は注意でしょうか。
(どの機種でも一緒かとは思いますが、特に中国製は安物部品で寿命が短い可能性はあります)

選定として気をつけることは下記あたりで必要なところを気をつければよいかと
・持ち運びしやすいように薄いもの(今回のは26mm)
・コンセントがたためる
・刺したときに他のコンセントとぶつからない大きさ、向き
・USプラグになっているもの(日本と同じ形状)
というのに気をつけて手配するとよいかと思います
QC3.0ポートはカラフルな色になるのが通例のようです(青とかオレンジとか緑とか)。ただし、2A急速充電にしか対応してない機種も色つきにしている中国品はあるので注意です。

海外通販 XHF30W
https://www.dx.com/p/2027888
(トラッキングIDの場所)

XHF30W-04.jpg
XHF30W-03.jpg
XHF30W-05.jpg


Quick Charge 3.0と通常の急速充電の比較、スマホ充電速度(xperia XZ2C ACU-03QC30)
http://okoya.seesaa.net/article/463126869.html


ラベル:android 電源
posted by okoya at 22:32| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

usb type-c充電とイヤホンを兼用する(XZ2 compact)

最近スマートフォンではイヤホン端子が廃止になる傾向のようで、3.5mmイヤホンジャックが無いことの対策です。ということで充電と同時に利用できるケーブルを入手してXZ2 compactで試してみました。

現状のおさらいとしてはusb type-cからイヤホンに変換する汎用ケーブル(国内メーカのものだと1000円くらいです。中国製で2週間くらい待てるなら1ドルくらいから、amazon参考 )を使うか、bluetooth無線イヤホンってくださいというのがメーカーの要望のようです、が
汎用ケーブルでは充電できないので長時間移動で困る、
bluetooth無線イヤホンは電池の減りが早くなる
という問題に直面します。
usbc-earphone-01.jpg
今回入試したものは中国製の1個2ドルのものになります
海外通販、ebay,amazonの中国発送品
で買えるかと思います
今回のは安いだけあってケーブルだけのタイプになります(ICが入ってると主張する製品も有るようですが本当なのか、、、)
やっていることは
 audio用にデータ通信部分(D+D-線)にLRをつないでイヤホンジャックにした線と、
 電源GNDだけ抜いてUSB-type-cハウジングにつないだもの
になるようです。
ということでこの安物ケーブルに対応している機種は、イヤホンジャックが無く、データ通信部分(D+D-線)にLRをつないでイヤホンジャックとして使える設定になってる機種(スマホとか)になるようです
また充電側は電源とGNDしかつながないので(データ通信部分D+D-で制御が出来ない)、type-cの仕様上0.5A充電になるようです(ケーブル内の設定抵抗値に依存しますが)。
さらにいうと充電機側がデータ通信部分D+D-などの線をつないでいなくても電圧電流を出力できる仕様になっている必要があるようで、au純正やドコモ純正のアダプタで充電できないという話もあるようですので注意が必要とのこと。

Amazonで中国製の変換ケーブルへのリンク

マイクロUSBのケーブルをandoroidの type-Cコネクタ二変換するケーブル
http://okoya.seesaa.net/article/463285841.html


posted by okoya at 23:31| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

マイクロUSBのケーブルをandoroidの type-Cコネクタ二変換するケーブル

マイクロUSBのケーブルをandoroidの type-Cコネクタに接続するケーブルですが、従来ケーブルを変換するものが100円ショップで買えます
ケーブルとして10cm程度伸びているものとコネクタだけが付いている最小サイズのものと2種類が売られているようです。
充電時に無駄なロスになるので最短でつなぐのを利用するのがよいように思います
Xperia XZ2での挙動ですが下記になります
 QC3.0という急速充電対応品 7.5V1.3A
(QC3.0はPD規格とは違いますが2014年モデルからスマホでは採用例が多いようです)
 従来型のandroid対応急速充電 1.4A充電
 apple対応をうたった充電機、0.9Aで充電
 PCのUSBポートに接続、またはそれ相当の挙動をする充電機 0.4A
usbc-usdb-cable-02.jpg

・ケーブルとしては信号(D+,D-)と電源とGNDのピンだけをマイクロusbに接続するだけのものになります。
(全部で12pin分あるのですが残りは使わなくてよいようです)
・type-C側はCCというピンを56kΩでプルアップして有りました(パッケージに明記が有るものも売られていますが)。ケーブルが何AまでOKかを示す信号のようで、今回は低電流0.5Aを示すようなのですが、XZ2では変換ケーブルを経由しても1.5A急速充電が出来ていました。D+D-の信号で充電電流をコントロールできますので、今回用いたスマホがそちらを優先したようです。PCのUSBポートにつながったときにのみ参考にして取る電流が変わるのかもしれませんね。(パソコンのUSB端子は建前上0.5Aが標準仕様なのでこれ以上電流を取ると壊れる、火を噴くことがありえますのでandroid対応充電専用ケーブルは使わないほうがいいです、2018年で最近売ってないですが[本音としては電圧が落ちるようには出来てるはずなので、壊れるほど電流は取れないとは思います])
補足:56kΩ -> 0.5A
   22kΩ -> 1.5A
   10kΩ -> 3.0A
参考:http://ww1.microchip.com/downloads/en/AppNotes/00001953A.pdf

・100円ショップダイソーで買った10cm程度伸びている変換ケーブルは目視で見ると必要なところ意外はピンを抜いてコスト削減してありました。PLUG側なので右から5番目のCCピンが残っていてここに抵抗がつながっているようです
usbc-usdb-cable-01.jpg


その他:
複数の規格が入り交じるUSB Type-C。その挙動を探る【スマホ編】
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1083150.html
Quick Charge 3.0と通常の急速充電の比較、スマホ充電速度(xperia XZ2C ACU-03QC30)
http://okoya.seesaa.net/article/463126869.html


ラベル:android 電源
posted by okoya at 20:42| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

Quick Charge 3.0と通常の急速充電の比較、スマホ充電速度(xperia XZ2C ACU-03QC30)

Quick Charge 3.0という急速充電に対応したUSB充電器です。5V3A以外にも9V2A、12V1.5Aで充電できるとのこと。対応スマホ自体は2014年モデル付近から出ています。
電流値と電圧値の組み合わせはスマホ側が決めるのでなんでも15Wもの電力で充電できるわけではないのは注意です。
QC3.0と通常の急速充電の充電速度の比較です
ougiACU-03QC30充電QC3.0まで対応
CP-L45s(QC未対応microUSB): 5V1.04A
SH-02J(QC2.0対応microUSB): 9.27V1.08Aで急速充電
SO-05K(QC3.0対応USB-C): 7.5V1.31Aで急速充電
ougiQC未対応の充電器IACU2-02W(5V2A品)の充電
CP-L45s(QC未対応): 5V1.04A
SH-02J(QC2.0対応microUSB): 5V1.04Aで急速充電
SO-05K(QC3.0対応USB-C): 5V1.4Aで急速充電
QC3.0_quick_XZ2C-01.png
QC3.0_quick_XZ2C-02.png
ACU-03QC30で急速充電ができるのは電池残量が少ない領域のみになります(今回は5V充電でも電力変化があった65%以下)。特に満充電付近の充電が遅いため、充電完了時間としては余り差が出ませんでした(カタログスペック通り)。電池が火を噴かないようにXperia側でいたわって充電しているようです。電池が切れそうというときには短時間で回復できるという効果がありますが、大して電力を増やしていませんし、スマホでは過度な期待は出来ないようです。
QCに対応したポートが少ない充電器も売られてますが、電池残量が少ないとき意外は普通の急速充電のポートで充電するなど譲り合いをしてあげると効率がよいようです

注意)
XZ2Cの場合でQC3.0のときは電池残量確認のために液晶をつけると充電電力が増加してました。ばらつきがあります。
充電ケーブルが安物だと電流が十分取れないことがあります(100円ショップのとか)。
QC3.0に対応したケーブルである必要はなく、急速充電1~2Aの電流に対応出来ればよいかと思います
(電圧が違うのですがこのレベルであれば問題になりえない)
ただし、通信機能が付いていないと(充電専用の場合)急速充電が出来ないようです。電圧と電流をこまめに変えて充電していますが、通信用の線を利用してこれを行うようです。

電圧検出器はQC3.0対応品でないとオーバーレンジになり故障の原因になりますので注意です。
32V対応をうたったもの、などで評価が必須です
(大半のは5V系を想定しています、高くても9.0VMAXのようです)
・Mobile Power Bank USB Volt-Ammeter  DC ~9V,3A
・ATORCH 12 In 1 USB Tester  4~32V、0~5.1Aまで

急速充電器2A品(PG-2ACMU01BK)を用いた場合の充電速度調査
http://okoya.seesaa.net/article/415228459.html
コンセント USB変換 充電器アダプタの種類(スマホが充電できない)
http://okoya.seesaa.net/article/371088947.html


ラベル:android 電源
posted by okoya at 00:40| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

SSDPEKNW512G8XT のベンチマーク

intel SSDPEKNW512G8XT についてです。最近のSSDらしく5年保障になります。intel製なので専用のドライバも配布されていて、windows7でもcrystaldiskinfoで状態が確認できます。
なお、他社NVNeでwindows7はオープンソースのドライバでないと温度等SMARTは見れません
(別記事:NVMeのsmartをwindows7で見る対策 http://okoya.seesaa.net/article/447842927.html )

一般的には256GBあれば困らないと思いますが、いろいろ大容量のオンラインゲームを入れてる場合は不足するので512GBくらいあると安心できるかと思います。本メモリは新技術的用により容量単価が下がったものになります。512GBですが、他社の256GBレベルの値段で買えるようになっています。
○ベンチマーク SSDPEKNW512G8XT
 本体ファームウエア:002C
SSDPEKNW512G8XT-02.gif
Sequential Read: 1659.035 MB/s
Sequential Write: 889.390 MB/s
 ベンチマーク時温度:最大56℃、アイドル時:39℃
 (周囲温度27度)
SSDPEKNW512G8XT-01.gif
一般用途なら十分な速度かと思います。温度は夏場に関しては60度を超えそうな雰囲気はありますが、ベンチマーク時のような負荷をかけることはまれなので、問題は無いのかと思います。

SSDPEKNW512G8XT
コントローラ:Silicon Motion
SM2263(T1KA71.00 S LMBZ)
キャッシュ:NANYA
NT5CC128M16IP-DI 2Gb,DDR3L,1600Mbps
(NT5CC128M161P-D1)
メモリ:intel 3D QLC(Quad level Cell)
256GBを2枚実装
SSDPEKNW512G8XT-03.jpg

Amazon参考価格 1.3万ほど
楽天参考価格

参考:
WDS256G1X0Cのベンチマーク(256GB nvme)
http://okoya.seesaa.net/article/460306294.html
ADATA SSD(M.2) ASX8000NP-128GM-Cのベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/447347177.html


ラベル:ベンチマーク HDD
posted by okoya at 23:52| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

DMM GAME PLAYERのウイスル検出について

DMM GAME PLAYER(DGP)でゲームを遊ぼうとするとウイルスが検出されます
特定のアンチウイルスの誤検出かと思ったのですがどうやら違うようで、複数のアンチウイルスに悪質ファイルとして検出されています
○virus total結果
GPT_vol1.exe 1.2.0.3 2017/5/15
3件
GPT_vol2.exe 1.2.0.3 2017/5/15
2件
GPT_vol3.exe 1.2.0.3 2017/8/9
4件
shinsounoise.exe 1.0.0.0 2018/7/26
14件
H_MUSOU.exe  xx 2018/6/20
26件

ML.Attribute.HighConfidence、TROJ_GEN.R011H09FR18、BehavesLike.Win32.Generic.vc、Trojan.GenericKD.31011856、ML.Attribute.HighConfidence

上記以外のアンチウイルスでも
○mcafeeではvirus totalで未検出でも、プレイ中数分でソフトが強制終了します。勝手にファイルを生成して実行した挙動がウイルスファイルそっくりだから途中でストップをかけるようです。たとえばGPT_vol3.exeは
"Real Protect-EC.gen!B96491A39CCF"
または"Suspect"
として出検出します。
以下ファイルも隔離されます
C:\Users\user_name\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\counters.dat
"Real Protect-EC.gen!B96491A39CCF"
○Nortonではvirus totalで未検出でも、振る舞い検知SONARで検出されます(virustotalはノートンのSONARまで表示されない)

○DGPからゲームを起動するときに、ダウンロード中と表示された後、起動しない症状がありました
当方環境では以下で改善しています
機能→キャッシュクリア
アカウント→ログアウト
をした状態でアンインストール
PC再起動
DGP再インストールで

○公式見解:誤爆なのでアンチウイルスを何とかしてとのこと。下手な実装をしてるのが悪いわけで普通はソフト側を何とかすると思うのですが、対応する気はないようです
(サイトが改ざんされてウイルス混入しても謝れば済まされるということでしょうか)

http://help.dmm.com/-/detail/=/qid=45510/
DMM GAME PLAYERはウィルス感染されていないことを確認している、安全なソフトウェアです。
セキュリティソフトの設定をご確認いただき、DMM GAME PLAYERの例外設定などを行ってください。

http://help.dmm.com/-/detail/=/qid=38111/
PCゲーム・ソフトウェアが正常に動作しない場合、セキュリティソフトにより制限されている可能性がございます
ご利用のセキュリティソフトで除外設定を行うか、一時的に停止させた状態で動作をお試しください。
(ファイルのCRCを見ないで除外してくれるアンチウイルスの場合、悪意のあるファイルに書き換えられると危険なので注意が必要です)


その他
エラーが発生しました (211211:51),DMM電子書籍ビューア
http://okoya.seesaa.net/article/426401656.html
DMMでCDレンタル
http://okoya.seesaa.net/article/377518069.html

アダルト電子コミック





posted by okoya at 22:20| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

木調風合いガラス戸付コミックラック(ビバホーム)

木調風合いガラス戸付コミックラックですが作りが甘いです
・ガラス戸は片側の設置位置が悪く開閉時に側板に当たるところがあって重いです(写真参照)。擦れてます。
・ガラス戸は一旦押すと手前に飛び出ることで取っ手不要で開けられるタイプなのですが片側は最上面で押しても飛び出ませんでした。手持ちにドリルが有ったので上部のプッシュスイッチを手前側にずらすように無理やり加工する必要がありました。
58711713-02.jpg
上記に遭遇するかもしれないのでさっさとくみ上げて、レシートはちゃんと保存して、返品交換できるようにしておいたほうがいいようです
(組みあがったものを店舗まで持ってくのは楽ではないですが)

その他気になる点
・右端、左端に置いたものは扉と重なって取り出しにくいです。開閉扉の構造は他社品でも何とかなっているものはあるので、どうにかしてほしいですね。
・A4サイズの本、B5ノートは奥行きが無さ過ぎて置けません(板は148mm x 272mmサイズ)。A4の本と小説で2段セット構成みたいなことはできません。ただ、A4サイズの本が入るような奥行きに小説等を入れると奥行きが深すぎる感があるので、大きさの違う本棚で住み分けでしょうね。
・ガラス戸が重いので組み立て家具自体が重いので注意です
(これがやなら扉なしを選択すべきなのですが一応)
・棚の仕切りが移動できますが中心にあるものだけは固定になります、これにより残りの棚の高さ調整があまり意味を無さない印象です(展示品ではブルーレイディスクケース、DVDケースサイズが4段置けますが、文庫本を5段で置きたくてもできない。)(この手の家具で大きいものは強度の都合でよくある症状にはなります)
・上段に追加の棚も置けるようなネジ止め用の穴がついてました。連結できるコミックラック(600mm幅ガラス戸なし)を追加で買えば高さ方向に増やせます。

58711713-01.jpg
・棚を増やすなら、棚ダボ(φ5mm)、という追加のピン4つと板が必要です。ホームセンターには大概あると思います。同じ大きさの板は売ってないので、150x300程度の板を148x272に加工する必要があります(149以下にしないと扉が閉まらないので注意する)。ちょうどいい色合いが無い場合は自分で茶色にでも塗る必要があると思います。

商品コード:58711713
サイズ:幅60×奥29×高90cm
税抜 6,980円
https://vivaonline.vivahome.co.jp/shop/g/g58711713/


ラベル:本棚
posted by okoya at 11:48| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

TOSHIBA ExceriaProのベンチマーク(ドコモ版)

TOSHIBAの高級機microSDXCカードExceriaPro 64GBです。
 ExceriaPro 64GB 普通のお店では1万円ほど、ドコモでは2万します
白いパッケージで、当方のは10年保障が付いているようです。UC0E5。2015年製造。
高いので売れ残りですよねという感じ
(ドコモエディションです。MUH-D064Gの保障の延長版という認識でよいのかもしれません)

UHS-3なので読み込み速度は結構速度はでます。容量が大きいので書き込み速度は早いほうが便利かと思います。これだけ出れば十分な速度ではないでしょうか。
ただ、読み書きに使ったリーダーによっても速度が変わるので注意が必要です。
ファイルのフォーマットは購入時のままexFATになります。winxpのパソコンはアップデータKB955704がないと読めないので注意が必要です。
(XP用32biteXFAT ドライバhttps://support.microsoft.com/ja-jp/kb/955704
はサポート終了によりダウンロードできなくなっています、ミラーWindowsXP-KB955704-x86-JPN.exe)
http://okoya.up.seesaa.net/image/WindowsXP-KB955704-x86-JPN.exe

速度はカタログどおりです。
ただ低価格のSDとの差はどこなのかという疑問が無きにしもあらずなわけですが
toshiba_ExceriaPro_64GB_01.gif


SUPER TALENT ST64MSU1P(UHS-1)のベンチマーク
http://okoya.seesaa.net/article/441984152.html
ラベル:USB
posted by okoya at 14:18| Comment(0) | 商品レビュー | 更新情報をチェックする